虫刺されにおすすめの薬20選!ダニや蚊にさされてかゆいときはコレ!

虫刺され薬のおすすめ20選!かゆみに効く市販薬をタイプ別に紹介

夏になるとキャンプやバーベキュー、花火大会などアウトドアなイベントが目白押し!

屋外にでることが多くなるこの季節は、虫刺されが増える時期でもあります。

そこで、今回は蚊やブヨなどに刺されてしまったときの対処法として、虫刺されに効く薬を紹介していきます。

虫刺されの種類や薬の選び方も合わせて説明しますので、虫刺されの薬を買いたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

虫刺されの種類と症状は?

虫刺されの薬を見ていく前に、まずは虫刺されの種類について見ていきましょう。

虫刺されといっても、蚊やダニ、毛虫など様々な種類があり、それぞれ症状も異なります。

自分でどの虫に刺されたかわかる場合はいいのですが、知らぬ間に虫に刺されて何に刺されたのかわからない!ということもあると思います。

そこで、虫刺されの種類とそれぞれの症状をいくつか紹介していきます。

蚊

夏になると刺される人が続出する蚊は、山や川、公園、家の周りなどあらゆるところに生息します。

蚊に刺されるとすぐにかゆみやはれが出てくる場合と、1~2日後にかゆみがでてくる場合の2パターンがあります。

刺されたところは水ぶくれのように丸く腫れあがり、顔や手足など肌が露出しているところを刺されます。

ブヨ

ブヨ

ブヨは山間渓流域に多く生息する虫で、地域によってブヨやブト、ブユなどと呼ばれます。

刺された後はわずかかゆみや痛みが徐々に広がっていき、赤く腫れたりしこりになってしまう人もいます。

足の露出部分に刺されやすく、刺された部分に出血点や内出血のようなものが見られるのも特徴です。

ダニ

ダニ

ダニはじゅうたんや布団、ぬいぐるみなどに潜んでいるイエダニで、衣類などにも潜んで皮膚の柔らかい、二の腕や太もも、お腹などを刺されることが多いです。

刺されるとかゆみの強いポツポツとした赤いできものができ、かゆみは数日続きます。

ノミ

ノミ

ノミは犬や猫に寄生する小さな虫で、刺されると1~2日後に赤い発疹と強いかゆみが現れます。

1か所だけでなくいくつも刺されるのが特徴で、すねや足などの下半身を集中的に刺されやすいです。

毛虫

毛虫

毛虫はチョウやガの幼虫のことで、毛に毒をもっているので、毛虫から抜け落ちた毛に触るだけで症状がでてきます。

毛に触れると、赤い小さな発疹がポツポツと大量にでき、激しいかゆみを伴います。

ハチ

ハチ

屋外作業などをしている際に刺されやすいハチは、アシナガバチやスズメバチなどの種類があります。

刺された瞬間に痛みを感じやすく、数分後に赤く腫れ、広範囲に広がります。

強い痛みがあるのが特徴ですが、大抵は1日程度でおさまります。

しかしハチに2回目以降刺された場合は、蕁麻疹や呼吸困難など「アナフィラキシーショック」になる場合もあるので、注意が必要です。

かゆみ止めに効く薬の選び方

薬局やドラッグストアで虫刺されの薬は種類が多くありますので、どれにすればいいかわからないという人も多いですよね。

そこで、まずは虫に刺されたときのかゆみ止め薬の選び方について見ていきましょう。

成分で選ぶ

成分で選ぶ

虫刺されの薬に含まれる成分としては、大きく3つの種類に分かれます。

一つ目は、かゆみを抑える「抗ヒスタミン成分」、二つ目は、炎症を抑える「ステロイド成分」、三つ目は、化膿を抑える「抗生物質」があります。

 

これらの成分の違いを理解するために、虫に刺されたときのかゆみのメカニズムについて少し説明をしましょう。

2種類のアレルギー反応に応じた成分を選ぶ

まず虫に刺されたあとのかゆみは、2種類のアレルギー型反応で引き起こされます。

刺されてすぐのかゆみは「即時型反応」、刺されたから数時間から翌日に起こるかゆみは「遅延型反応」といいます。

 

一つ目の抗ヒスタミン成分は、かゆみを引き起こす原因物質のヒスタミンの働きを抑えてくれますので、「即時型反応」に効果があります。

二つ目のステロイド成分は、かゆみや炎症を引き起こす白血球の活動を抑えてくれるので、「遅延型反応」に効果があります。

そして三つ目の抗生物質は、虫刺されの後に掻きむしってしまい、化膿をしてしまった場合の患部の細菌の増殖を防いでくれます。

 

このようにかゆみの種類や状態によって、効果のある成分が異なってきますので、今の症状に合った成分を選ぶようにしましょう。

実際に、どんな成分があるのかをまとめました。

虫刺されの薬に含まれる成分
抗ヒスタミン成分 ジフェンヒドラミン

ジフェンヒドラミン塩酸塩

塩酸イソベンジル

クロルフェニラミンマレイン酸塩

ステロイド成分 デキサメタゾン酢酸エステル

プレドニソロン吉草酸エステル酢酸エステル

抗生物質 フラジオマイシン

この他にも、非ステロイド成分として、「グリチルリチン酸」といった成分も使われます。

これは子供用や顔周りに使うような薬に含まれます。

虫の種類で選ぶ

刺された虫の種類によっても、選ぶ成分が異なってきます。

まず、蚊・ブヨ・アリ・ダニに刺されて、かゆみだけがある場合は、「抗ヒスタミン成分」を選ぶようにしましょう。

毛虫・ムカデ・クラゲなどに刺されて、強いかゆみと赤みや腫れがある場合は、「ステロイド成分」が配合されたものがおすすめです。

このように刺された虫とかゆみの強さによって、症状にあった成分を選ぶようにしましょう。

形状で選ぶ

虫刺されの薬は形状も様々で、「液体」、「軟膏・クリーム」、「パッチ」の3種類に分けられます。

また少ないですが、スプレータイプもあるようです。

シリーズで出ている薬には、液体タイプと軟膏・クリームタイプのどちらも展開されていることが多いのですが、使い心地だけでなく含まれている成分も違うことがあります。

そのため、薬の形状の好みもあると思いますが、効き目を考えると配合されている成分のチェックも必要です。

赤ちゃん・子供用で選ぶ

赤ちゃん・子供用で選ぶ

虫刺されの薬には、赤ちゃんや子供用のタイプもあります。

通常のタイプに比べて、肌にやさしい処方となっていて、ステロイドの含まれない、抗ヒスタミン成分が配合されたものが多いです。

また子供は掻きむしってしまいがちなので、パッチタイプも人気となっていて、子供が喜ぶ可愛らしいキャラクターの絵柄となっています。

タイプ別おすすめの市販薬20選!

それでは、薬のタイプ別におすすめの虫刺されの薬を紹介します。

それぞれ含まれている成分についても説明しますので、症状と目的にあった薬を選びましょう。

液体タイプ

新ウナコーワクール

新ウナコーワクール

容量:30ml、55ml

希望小売価格:450円(税抜)、700円(税抜)

 

出典:興和

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

新ウナコーワクールは、抗ヒスタミン成分の「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が配合された、かゆみや虫刺されに効果のある塗り薬です。

また有効成分「リドカイン」がかゆみの伝わりを止めてくれるので、抗ヒスタミン成分とWの効果を発揮します。

メントール配合なので、塗るとスーッと冷たくなるので、虫に刺されてすぐのかゆみを抑えたい人におすすめです。

ウナコーワジェル

ウナコーワジェル

容量:15g

希望小売価格:800円(税抜)

 

出典:興和

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

ウナコーワジェルは、かゆみのもととなるヒスタミンの働きを抑える「ジフェンヒドラミン塩酸塩」と局所麻酔作用によってかゆみを止める「リドカイン」によって、今あるかゆみに効果を発揮します。

またかゆみの悪化や皮膚の炎症を抑えるために、ステロイド成分の「デキサメタゾン酢酸エステル」も配合。

ジェルタイプなので患部にジェルが長くとどまり、かゆみに早く効きます。

ウナコーワエースL

ウナコーワエースL

容量:30ml

希望小売価格:1,150円(税抜)

 

出典:興和

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

ウナシリーズ最強の処方となっているウナコーワエースLは、トリプル処方でかゆみを素早く抑え、炎症や腫れを鎮めてくれます。

抗ヒスタミン成分は「ジフェンヒドラミン塩酸塩」、ステロイド成分は「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」といった成分をしっかりと含み、局部麻酔作用成分の「リドカイン」も配合。

そのため蚊以外にも、ムカデ、ダニ、ノミ、クラゲなどに刺された際にも効果的です。

液体ムヒアルファEX

液体ムヒアルファEX

容量:35ml

希望小売価格:1,296円(税込)

 

出典:池田模範堂

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

抗炎症作用にすぐれたステロイド成分の「PVA(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)」とかゆみを抑える抗ヒスタミン成分、「ジフェンヒドラミン塩酸塩」の2種類の成分を配合した虫刺されの薬です。

蚊やブトだけでなく、ダニ・ノミ・毛虫・ムカデ・クラゲに刺されたときにも使えます。

スーッとする強い清涼感で、かゆみをすばやく鎮めてくれます。

近江兄弟社メンターム ペンソールSP

近江兄弟社メンターム ペンソールSP

容量:55ml

希望小売価格:1,080円(税込)

 

出典:近江兄弟社

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

しつこいかゆみや腫れを抑え、炎症を起こした肌の修復を促してくれる、メンタームのペンソールSP。

抗ヒスタミン成分として「ジフェンヒドラミン塩酸塩」、ステロイド成分として「デキサメタゾン酢酸エステル」が配合されています。

また肌の修復に効果のある「パンテノール」や殺菌作用のある「イソプロピルメチルフェノール」も含まれていて、虫刺されの後にも効果があります。

キンカン

キンカン

容量:100ml、50ml、20ml

希望小売価格:オープン価格

 

出典:キンカン

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

昭和5年に登場したキンカンは家庭用常備薬として、長い間人気を誇る薬です。

キンカンは虫刺されだけでなく、かゆみ、肩こり、腰痛、打撲、捻挫などにも効果があります。

他の虫刺されの薬に入っているような成分は一切配合されていませんが、キンカンの有効成分が合わさることで、かゆみや痛みを麻痺させるような感じで効果を発揮します。

長い歴史があるので安心と信頼があり、家庭に一つは置いておきたい薬です。

ポケムヒS

ポケムヒS

容量:15ml

希望小売価格:594円(税込)

 

出典:池田模範堂

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

ポケムヒSは、ポケットにも入れられる持ち運びサイズのかゆみ止めです。

抗ヒスタミン成分の「ジフェンヒドラミン塩酸塩」と清涼感成分が含まれていて、すばやくかゆみを鎮めてくれます。

夏グラデーションのブルーと、キティーちゃんが描かれたピンクの2種類が展開されています。

プチウナコーワ

プチウナコーワ

容量:12ml

希望小売価格:500円(税抜)

 

出典:興和

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

プチウナコーワは、新ウナコーワクールがプチサイズになった虫刺されの薬です。

新ウナコーワクールと同じく、抗ヒスタミンの有効成分「ジフェンヒドラミン塩酸塩」と「リドカイン」を配合。

気分に合わせてブルーとピンクの2種類から選ぶことができます。

液体ムヒベビー

液体ムヒベビー

容量:40ml

希望小売価格:1,058円(税込)

 

出典:池田模範堂

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

生後3ヶ月から使用できる、赤ちゃんや子どもでも安心な虫刺されの薬です。

かゆみ止め効果のある抗ヒスタミン成分「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が配合されているので、すばやくかゆみを鎮めます。

子供への刺激になるメントールやアルコールは配合されていないので、肌にしみにくく敏感肌にも使いやすいです。

マキロンかゆみどめ液P

マキロンかゆみどめ液P

容量:40ml

希望小売価格:702円(税込)

 

出典:第一三共ヘルスケア

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

かわいいピカチュウのイラスト入りで、子供に使いやすい虫刺されの薬です。

ステロイドを使用しておらず、代わりに「グリチルリチン酸」が皮膚の炎症を鎮めてくれます。

また抗ヒスタミン成分の「ジフェンヒドラミン塩酸塩」がかゆみに効果を発揮します。

メントール配合でスーッとした清涼感があります。

軟膏・クリームタイプ

ムヒS

ムヒS

容量:18g

希望小売価格:594円(税込)

 

出典:池田模範堂

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

ムヒシリーズのロングセラー商品の「ムヒS」は、伸びがよく使用感のいい白残りしないクリームです。

抗ヒスタミン成分の「ジフェンヒドラミン」がかゆみを抑え、非ステロイドの「グリチルリチン酸」が炎症を抑えます。

スーッとした清涼感があり、すばやくかゆみに効果を発揮してくれる塗り薬となっています。

ムヒアルファEX

ムヒアルファEX

容量:15g

希望小売価格:1,296円(税込)

 

出典:池田模範堂

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

ムヒアルファEXは、かゆみや炎症への効き目にこだわって成分を組み合わせられた塗り薬です。

腫れや赤みには、ステロイド成分の「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」、かゆみには、抗ヒスタミン成分の「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が働きます。

蚊だけでなく、ダニ・ノミ・毛虫・ムカデ・クラゲといった虫刺されにも使用できます。

ラナケインS

ラナケインS

容量:30g

希望小売価格:950円(税込)

 

出典:小林製薬

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

ラナケインSは、虫刺されなどのかゆみに効く、べたつかないクリームです。

抗ヒスタミン成分の「ジフェンヒドラミン塩酸塩」、局部麻酔剤の「アミノ安息香酸エチル」を配合しています。

塗った後すぐにかゆみを抑え、かゆみのもともブロックしてくれます。

しみないタイプなので、目の周辺や唇以外の顔や掻きむしった場所にも使いやすいです。

フルコートf

フルコートf

容量:5g、10g

希望小売価格:1,058円(税込)、1,944円(税込)

 

出典:田辺三菱製薬

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

フルコートfは、虫刺され後に掻きむしって化膿してしまったときにおすすめの塗り薬です。

外用ステロイドの「フルオシノロンアセトニド」を配合しているので、赤みや腫れ、かゆみなどの炎症を抑えます。

また抗生物質の「フラジオマイシン硫酸塩」も配合しているので、化膿した部分の細菌増殖を防いでくれます。

虫刺されだけでなく、湿疹や皮膚炎、あせもなどにも使えるのも嬉しいポイントです。

アレルギールクリーム

アレルギールクリーム

容量:20g

希望小売価格:1,058円(税込)

 

出典:第一三共ヘルスケア

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

第一三共ヘルスケアから販売されているアレルギールクリームは、虫刺されや痒みなどに効く、べたつかない塗り薬です。

かゆみに即効性のある「塩酸リドカイン」、抗ヒスタミンの「クロルフェニラミンマレイン酸塩」、ステロイドの「プレドニゾロン酢酸エステル」を配合。

また掻きむしりによる化膿を防ぐ「クロルヘキシジン塩酸塩」も配合しているので、激しい炎症やかゆみにも効果的です。

ムヒ・ベビーb

ムヒ・ベビーb

容量:15g

希望小売価格:950円(税込)

 

出典:池田模範堂

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

ムヒ・ベビーbは、生後一カ月から使用できる、弱酸性の赤ちゃんの肌にやさしい塗り薬です。

抗ヒスタミン成分の「ジフェンヒドラミン」がかゆみを抑え、ステロイド成分は含まれていません。

そのかわり非ステロイドの「グリチルレチン酸」を配合。

虫刺されだけでなく、あせもやおむつかぶれなど様々な症状に使えるので、子どもの常備薬としてもおすすめです。

パッチタイプ

ムヒパッチA

ムヒパッチA

容量:38枚入、76枚入

希望小売価格:540円(税込)、918円(税込)

 

出典:池田模範堂

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

ムヒパッチAは、子供が大好きなアンパンマンの絵柄が入った、パッチタイプのかゆみ止めです。

有効成分として抗ヒスタミン成分の「ジフェンヒドラミン」などが含まれていますので、肌に貼るだけでかゆみに効果を発揮します。

また子どもの掻きむしりを防ぐためにも、おすすめの商品です。

マキロンかゆみどめパッチP

マキロンかゆみどめパッチP

容量:48枚

希望小売価格:594円(税込)

 

出典:池田模範堂

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

マキロンかゆみどめパッチは、可愛らしいピカチュウのイラストが入ったかゆみ止めの薬です。

抗ヒスタミン成分の「ジフェンヒドラミン」をはじめとした4種類の有効成分が、かゆみや炎症を抑えてくれます。

貼るタイプなので掻きむしりや薬がとれる心配もなく、水にぬれても剥がれにくくなっています。

マキロンパッチエース

マキロンパッチエース

容量:24枚

希望小売価格:540円(税込)

 

出典:第一三共ヘルスケア

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

パッチタイプのかゆみ止め「マキロンパッチエース」は、半透明で目立ちにくいので大人も貼って治すことができます。

ステロイド成分の「デキサメタゾン酢酸エステル」と抗ヒスタミン成分の「ジフェンヒドラミン」配合で。かゆみのもとを抑え、炎症を鎮めてくれます。

掻き壊しを防いでくれるので、かゆみがひどいときの処置としておすすめです。

スプレータイプ

メンソレータムADスプレー

メンソレータムADスプレー

容量:100ml

希望小売価格:980円(税抜)

 

出典:ロート製薬

抗ヒスタミン成分
ステロイド成分
抗生物質

ロート製薬のメンソレータムADスプレーは、虫刺されやカサつく肌のかゆみに効くスプレータイプの薬です。

有効成分の「クロタミトン」や「リドカイン」がかゆみを抑え、抗ヒスタミンの「ジフェンヒドラミン」がかゆみのもとを鎮めてくれます。

スプレータイプは手の届かない位置にも使え、手も汚れないのでおすすめです。

虫に刺されたときの処置方法

ここからは、虫に刺されたときの処置方法を紹介します。

虫に刺されたら、なるべく早く対処することで、症状の悪化を防ぐことができますので、ぜひこの機会に覚えておいてください。

①患部を水で洗い流す

まずは、虫に刺された患部を水でよく洗い流して清潔にします。

ハチや毛虫に刺された場合は、セロハンテープを軽く皮膚にあて、毒針や毒毛を取り除きます。目に見える場合は、ピンセットを使っても構いません。

②患部を氷などで冷やす

次に患部を氷や保冷剤などで冷やします。皮膚を冷やすことによって、かゆみや腫れが少し抑えられます。

③用法・容量を守り、患部に塗り薬を塗る

使用する薬の用法・容量を守り、患部に薬を塗ります。

塗り薬の場合は、ゴシゴシと塗り込むのではなく、患部の上に薄く乗せるようなイメージで塗ります。

パッチを使う場合は、患部を覆い隠すようにパッチを貼ります。

そのあとは、掻きむしって薬を取ってしまわないように気をつけましょう。

皮膚科の受診が必要な場合は?

皮膚科の受診が必要な場合は?

今回は、虫刺されの市販薬を紹介しましたが、症状などによっては皮膚科で診療をしてもらった方がいい場合もあります。

セルフケアではなく、病院での治療が必要な場合は以下の通りです。

・我慢できないほど強いかゆみ・腫れ・赤みなどがある場合

・ハチやムカデなど毒性の強い虫に刺されて、症状がひどい場合

・刺された後に、悪寒や呼吸困難など気分が悪くなったとき

・掻きむしって化膿がひどい場合や炎症が広がってしまった場合

・市販薬を5~6日使っても良くならない場合

虫刺されでも症状が重くなる場合もありますので、少しでも違和感を感じたら、念のために医療機関を受診するようにしましょう。

家庭の常備薬として虫刺されの薬を購入しよう

たかが虫刺されですが、かゆみが長引いて掻きむしってしまうと、傷口が化膿してしまう恐れもあるので、早めに対処をすることが大切です。

いつ虫刺されにあってもいいように、市販の虫刺されの薬を常備しておくことをおすすめします。

特にアウトドアをするときなどは、虫刺されの薬も準備しておくと、すぐに対処することができますね。

虫刺されの薬は、成分やタイプでも異なり、子供用もあるので悩んでしまうと思いますが、今回紹介した選び方とおすすめの市販薬を参考に、ドラッグストアや薬局で購入してみてください。

 

PICKUP CONTENTS

トップへ