ドライアイ用目薬9選!市販と眼科処方の違いやコンタクト用も紹介

ドライアイ用目薬9選!市販と眼科処方の違いやコンタクト用も紹介

ドライアイは近年患者数が増えている病気のひとつです。

目が乾いた状態で、目を保護している涙の量が均一でないことで物がかすんで見えたり、不快感を感じたりする症状があります。

目薬をさすとしみる、もしくは痛い人もドライアイの可能性が!

 

コンタクトレンズの使用や加齢、そしてスマホやパソコンの長時間使用による目の疲れ等が原因と言われています。

 

ドライアイと診断された人に欠かせないのが目薬や人工涙液。

今回は、おすすめの市販ドライアイ用目薬のご紹介と、眼科で処方される目薬との違いや使い方などを解説します。

目次 ※クリックで開閉します

ドライアイにおすすめの市販目薬を紹介

薬局やドラッグストアで購入できるドライアイ用目薬や人口涙液の評判のいいおすすめ商品をご紹介します。

市販のドライアイ用目薬

参天製薬 ソフトサンティア

参天製薬 ソフトサンティア

  出典:参天製薬

防腐剤(ベンザルコニウム塩化物など)を使用していない涙に性質が近い人口涙液。

すべての種類のコンタクトレンズに影響がないので、装着したまま点眼することができます。

5ml×4本入りで、防腐剤無添加なため開栓後約10日での使い切りタイプになります。

清涼感や刺激はなく、やさしく乾いた瞳を潤してくれます。

成分・分量 塩化カリウム0.1%、塩化ナトリウム0.4%

 

※添加物としてホウ酸、pH調節剤を含有

防腐剤 無添加
対応コンタクトタイプ すべてのタイプ
価格・点眼可能回数 950円(税抜)・約400滴

ロート製薬 新ロートドライエイドEX

  出典:ロート製薬

約60倍の高粘度を実現した目薬。

とろみがあるので長く瞳の表面に留まることができます。

涙液の油層・水層・ムチン層の3層それぞれの働きを考え、それをサポートするように開発。

清涼感は少しあり、とろみがある新感覚な目薬でやさしく目を保護してくれます。

成分・分量 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(角膜保護成分) 0.5% 、ヒドロキシエチルセルロース(HEC) 0.6%

塩化カリウム 0.02%塩化ナトリウム 0.44%

 

※添加物として、ヒアルロン酸Na、ゴマ油、ホウ酸、ホウ砂、l-メントール、ベルガモット油、ペパーミントオイル、プロピレングリコール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、ポリソルベート80、塩化亜鉛、pH調節剤を含有

防腐剤 無添加
対応コンタクトタイプ ハードタイプのみ
価格・点眼可能回数 1,200円(税抜)・約200滴

大正製薬 アイリスCL-iネオ

大正製薬 アイリスCL-iネオ

  出典:大正製薬

1回使い切りタイプの涙液型目薬。

いつでも新鮮で清潔な目薬を点眼することができます。

特徴は、目の新陳代謝を促進するタウリンが栄養成分として配合。

やさしいさし心地で目に潤いと栄養を与えてくれる目薬です。

成分・分量 タウリン1.0%

塩化カリウム0.113%、塩化ナトリウム0.56%

 

※添加物として、炭酸水素Na、pH調節剤を含有

防腐剤 無添加
対応コンタクトタイプ すべてのタイプ
価格・点眼可能回数 1,000円(税抜)・約240滴

ロート製薬 新なみだロートドライアイ

  出典:ロート製薬

涙の3層にアプローチする目薬。

涙の代わりを担い、しっかりと潤いをキープしてくれます。

新発想の涙をつなぎとめる役割をするしっとりとしたさし心地。

軽度のドライアイの方におすすめしたい目薬です。

成分・分量 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(角膜保護成分) 0.5% 、ヒプロメロース 0.2%

塩化カリウム 0.15% 、塩化ナトリウム 0.4% 、塩化カルシウム水和物 0.015% 、硫酸マグネシウム水和物 0.01%
※添加物として、ヒアルロン酸Na、ゴマ油、ホウ酸、ホウ砂、l-メントール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、ポリオキシエチレンヒマシ油、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、エデト酸Na、塩酸ポリヘキサニド、pH調節剤を含有

防腐剤 無添加
対応コンタクトタイプ ハードタイプのみ
価格・点眼可能回数 800円(税抜)・約260滴

オフテクス ティアーレW

オフテクス ティアーレW

  出典:オフテクス

目薬とコンタクトレンズ装着液のダブル機能を持つ目薬。

1本使い切りタイプで清潔に使用することができます。

うるおい成分配合で、やさしく瞳を潤してくれます。

成分・分量 塩化カリウム0.13%、塩化ナトリウム0.74%

ヒプロメロース0.2%

 

※添加物として、無水リン酸二水素Na、無水リン酸一水素Na 、ヒアルロン酸Na、pH調節剤を含有

防腐剤 無添加
対応コンタクトタイプ すべてのタイプ
価格・点眼可能回数 800円(税抜)・約300滴

ロート製薬 ロートソフトワン点眼薬

  出典:ロート製薬

1週間使い切りタイプの目薬。

フレッシュな状態で使用することが可能です。

涙に近い人工涙液型で、清涼化剤も無添加。

すーっとするのが苦手な人でも使えます。

フリーアングルノズル採用でどの角度からでも点眼しやすいノズルとなっているのが特徴。

成分・分量 塩化カリウム0.1%、塩化ナトリウム0.4%

 

※添加物として、ホウ酸、pH調節剤を含有

防腐剤 無添加
対応コンタクトタイプ すべてのタイプ
価格・点眼可能回数 750円(税抜)・約400滴

コンタクト用ドライアイ目薬

ロート製薬 ロートドライエイドコンタクトa

  出典:ロート製薬

約60倍の超高粘度の目薬。

「新ロートドライエイドEX」のコンタクト用目薬となります。

こちらはすべてのタイプのコンタクトに対応。

レンズ装着時にも使用することができます。

成分・分量 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(角膜保護成分) 0.5%、ヒドロキシエチルセルロース(HEC) 0.6% 、

塩化カリウム 0.02% 、塩化ナトリウム 0.4%
※添加物として、ヒアルロン酸Na、ホウ酸、ホウ砂、l-メントール、ポリソルベート80、エデト酸Na、塩酸ポリヘキサニド、pH調節剤を含有

防腐剤 無添加
対応コンタクトタイプ すべてのタイプ
価格・点眼可能回数 1,200円(税抜)・約200滴

ロート製薬 なみだロートドライアイコンタクトa

ロート製薬 なみだロートドライアイコンタクトa

  出典:ロート製薬

こちらも「新なみだロートドライアイ」のコンタクト用目薬。

すべてのコンタクト対応で、装着時にも点眼することができます。

角膜保護成分を最大濃度配合した、とろっとしている点眼薬です。

瞳とレンズのどちらもやさしく潤してくれます。

成分・分量 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(角膜保護成分) 0.5% 、ヒプロメロース 0.4% 、ブドウ糖 0.03% 、

塩化カリウム 0.028% 、塩化ナトリウム 0.35% 、炭酸水素ナトリウム 0.05%
※添加物として、ヒアルロン酸Na、ホウ酸、ホウ砂、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、ポリソルベート80、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、エデト酸Na、塩酸ポリヘキサニド、pH調節剤を含有

防腐剤 無添加
対応コンタクトタイプ すべてのタイプ
価格・点眼可能回数 800円(税抜)・約260滴

LION スマイルコンタクトEX ドライテクト

LION スマイルコンタクトEX ドライテクト

  出典:LION

コンタクト装着時も使用可能な目薬。

清涼感が他の製品よりは強いのですっきりしたい人にはおすすめです。

涙の約16倍の高粘度保水成分を配合。

角膜とレンズの両方を保護してくれるとろ~りベール処方です。

成分・分量 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(角膜保護成分) 0.5% 、ヒプロメロース 0.3%

塩化カリウム0.05%、塩化ナトリウム0.3%

 

※添加物として、ヒアルロン酸Na、トロメタモール、ホウ酸、ホウ砂、エデト酸Na、プロピレングリコール、l-メントールを含有

防腐剤 無添加
対応コンタクトタイプ すべてのタイプ
価格・点眼可能回数 600円(税抜)・約240滴

普通の目薬とコンタクト用目薬の違いって?

おすすめの市販目薬を通常とコンタクト用と分けてご紹介しました。

中にはコンタクト用とは記載されていないけど、コンタクト装着時対応の目薬もあります。

そもそも普通の目薬とコンタクト用の目薬ってどう違うのでしょうか?

本来は治療目的か乾燥対策目的かの違い

普通の目薬は、目がかゆい、充血している等の症状が出た時に点眼する薬です。

治療目的の点眼薬となり、容器の中で菌が繁殖しないように殺菌作用がある防腐剤を含むものが多いです。

 

コンタクト用目薬は、コンタクト装着時に角膜に対して摩擦による小さな傷をつけてしまうことを防ぐために点眼する薬です。

 

つまり、本来の目的が違うということ。

 

そして普通の目薬で配合されている殺菌効果のある防腐剤は、コンタクトをしていない人が使用すると涙で薄まるのですが、コンタクト装着している人が点眼すると、コンタクトによって涙の量が不足し、高濃度の防腐剤が角膜を傷つける恐れがあるのです。

 

これによってコンタクト用目薬には防腐剤は無添加となっています。

ドライアイ用の目薬は?

ドライアイもコンタクトを使用しているのと同じで、涙の量が均一でなくなるので目が乾きやすくなっている状態です。

なので防腐剤無添加のものが多いです。

 

しかし注意したいのが、ソフトコンタクトレンズは柔らかい素材でできているため目薬の成分を吸収しやすくなっています。

ドライアイ用目薬で防腐剤無添加と表記があったとしても、ソフトコンタクトレンズ装着時には使用することができない目薬もあります。

コンタクト装着している人は、裸眼の時にも使えるコンタクト用を購入するようにしましょう。

市販と眼科で処方されるドライアイ用目薬の違いは?

眼科で処方される代表的な目薬

目薬

ジクアス点眼液(明るい青色の容器)

ジクアホソルナトリウムが主成分の点眼液。

涙の成分であるムチンや水分の分泌を増やす作用があります。

ヒアレイン点眼液(うすい青色の容器)

ヒアルロン酸ナトリウムを主成分とした点眼液。

保水効果で目の乾燥を防ぐ作用があります。

防腐剤を含まない使い切りサイズのヒアレインミニ点眼液もあります。

ムコスタ点眼液(ピンクのラベルの容器)

レバミピドを主成分とする点眼液。

ムチンを増やすことで涙を安定させる作用があります。

人工涙液マイティア点眼液(白い容器)

涙の成分に近い、塩化カリウム、塩化ナトリウム、乾燥炭酸ナトリウム、リン酸水素ナトリウム水和物、ホウ酸が主成分。

涙を補充する目的の点眼液です。

市販との違いは?

市販と眼科処方の違い

市販との違いは、成分の違いです。

市販でも保潤成分であるヒアルロン酸ナトリウムを配合している目薬はあるのですが、主成分や有効成分としてではなく、液のテクスチャのための添加物として使われておりその量は微量となっています。

 

市販で購入できる目薬にはやはり処方薬に使用されているような成分は使われていないもののため、ドライアイの治療する目的というよりかは軽症である場合の応急処置のようなものです。

症状がひどい場合は眼科に行くことをおすすめします。

市販の目薬を使うと逆効果?

市販の目薬が逆効果?

市販の目薬を使うとドライアイには逆効果であると言われることもあります。

これはドライアイ専用の目薬でなく、通常の治療用目薬を使用することです。

 

しかしドライアイ専用であっても、先述したように市販には配合する成分に限界があります。

使い方を誤れば悪化する可能性もあります。

ドライアイを治療したいのであれば眼科で診察し処方される目薬を使用してください。

通常の目薬を使うとなぜ悪化するのか

通常の目薬は目の洗浄やかゆみ・充血を抑制する目的の目薬です。

目が乾くからといって点眼回数が多くなると余計に涙を乾かしてしまう原因となります。

目が常に目薬で潤っていると涙の分泌量が減少する場合もあります。

 

また防腐剤も注意。

防腐剤自体は、ボトル内で細菌が増えないようにしてくれているものなので悪いものではありません。

しかし涙の不安定なドライアイの人には濃度が高くなってしまうので悪化させる可能性があります。

 

さらに充血を抑制する血管収縮剤にも注意が必要です。

その名の通り、血管を収縮させる作用があるため酸素や栄養素が運ばれるのを抑制します。

そのため涙が分泌しにくくなってしまうのでドライアイの方には不向きなのです。

ドライアイ用目薬の使用頻度は?

最適な頻度はその目薬の用法・容量を守って使用することが望ましいです。

目に不快感があってたくさん点眼したくなる気持ちはわかりますが、1回1滴、1日6回以内でも十分です。

 

量よりもしっかりと行き渡るように点眼することが大切。

真上を見て点眼し、目薬をさしたら目を閉じて目頭を軽く押さえて1分ほど静止するのが正しい目薬の使い方です。

市販のドライアイ用目薬の選び方のポイント

目薬の選び方

処方箋なしでドライアイ用目薬を購入する際のチェックポイントをご紹介します。

  • 涙の成分に近い性質の塩化カリウム、塩化ナトリウム配合である
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウムなどの保護成分・保湿成分を配合している
  • 防腐剤・血管収縮剤が無添加である
  • 対応コンタクトタイプをチェックする
  • ランニングコストを考える

この5 点をチェックして購入をしてみてください。

紹介した目薬はこの条件を満たしたものだけを取り扱っています。

 

血管収縮剤が添加されているかどうかの判断は「第3類医薬品」と書かれているかをチェック。

一般用医薬品には第1類~第3類に分類されています。

ほとんどの市販の目薬は第2類医薬品と第3類医薬品として販売されています。

 

第2類は副作用のある成分が含まれており、薬剤師等によって販売される薬です。

一方の第3類は副作用が少なく、消費者だけで購入できる薬です。

つまり第3類には安全な成分しか配合されていないということ。

 

血管収縮剤が配合されていないものを選ぶのであれば第3類医薬品の目薬を選びましょう。

まとめ

ドライアイ目薬まとめ

市販のドライアイ目薬で評判のいいものを厳選してご紹介しました。

しかし市販はあくまでも一時しのぎの対処法でしかありません。

 

ドライアイの疑いがある方は、疲れているだけだからと自己判断せず一度眼科で診てもらうようにしてください。

 

参考サイト:ドライアイ/船橋市,津田沼,眼科・白内障治療なら さかもと眼科

参考サイト:ドライアイの新薬と今までの薬(ジクアスとムコスタ) | もりや眼科

参考サイト:目薬とコンタクトレンズ | くすりの話 | 磐田市立総合病院

PICKUP CONTENTS

トップへ