糖尿病を予防したい時のサプリはどれがいい?おすすめ対策方法を紹介

糖尿病を予防したい時のサプリはどれがいい?おすすめ対策方法を紹介

生活習慣病のひとつである「糖尿病」。

その名の通り、主に生活習慣の乱れが原因となり、インスリンというホルモン分泌の減少や働きが正常でなくなったことで血糖値が上昇し発症します。

 

怖いとされているのが、合併症を引き起こすこと。

そんなリスクのある病気になりたくないと誰もが思うはずです。

 

まだ間に合ううちに予防や対策を行いましょう!

生活習慣病と言われるからには生活習慣の見直しが大切です。

 

食事や運動は健康の基本。

今回は糖尿病を予防したいと考える時に取り入れたい対策方法と、食事をサポートするサプリメントの紹介をします。

糖尿病になる原因は?

そもそも糖尿病ってなにが原因で発症するのでしょうか?

 

冒頭でもお話したように「インスリン」がキーポイントとなるようです。

インスリンの働きについて簡単に説明します。

インスリンとは?

インスリンとは?

インスリンとは私たちの体内でつくられているホルモンのひとつ。

膵臓のランゲルハンス島のβ細胞という細胞がつくっています。

 

私たちは食事をすることで、活動するためのエネルギーを得ています。

そのエネルギー源となるのがブドウ糖で、ブドウ糖は血液に取り込まれて全身に運ばれます。

 

血液中の糖、つまり血糖が増えることによって、血糖値が上昇するのです。

「食後に血糖値が上がる」という意味がわかりますね!

 

その血糖はエネルギーとしても使われますが、余分にあるものは中性脂肪やグリコーゲンとして体内で蓄えられます。

 

インスリンは血糖値が急激に上昇することを抑え、なおかつその蓄えを合成する役割もあるのです。

 

インスリンが血糖を仕分けし処理をしてくれているのですね!

インスリン分泌が異常になる原因は?

そんな優秀なインスリンが分泌されない、働かないとなると大問題!

なにが原因でインスリンが異常な状態になるのでしょうか?

肥満

肥満

現代人に急増しているのが、肥満が原因となる糖尿病です。

運動不足や過食することで肥満になってしまう人が増えているからです。

肥満とはBMIが25以上のこと。BMIは次の計算式で算出できます。

BMI=体重(kg)÷身長(m)×身長(m)

肥満となるとインスリン分泌量が増え、膵臓への負担が大きくなってしまいます。

負担が大きいということは膵臓が弱ってしまうリスクが高いということ。

 

さらには肥大化した脂肪細胞からインスリンの働きを悪くさせる物質が出てしまうことも。

 

肥満になるとたくさんのインスリンが分泌されてはいますが、インスリンの働きを阻害する物質も増え、さらには膵臓も働きが衰えてさせてしまうことになります。

 

最終的にはインスリンの分泌量が減少し、少ないながらも働きが悪いインスリンしかいない状態になってしまうのです。

 

過食であったり運動不足であったり肥満の原因となるものは、糖尿病の原因ともなってしまいます。

遺伝

遺伝

家族や親族に糖尿病の人がいると、いない人に比べて発症する可能性が高くなります。

遺伝子によってインスリン分泌がしにくい体質の方もいます。

それによって肥満ではないのに糖尿病になってしまう場合があります。

 

遺伝するのは「糖尿病」ではなく、「糖尿病になりやすさ」。

もちろんこの方も、肥満や食べ過ぎ、運動不足、ストレス、酒・たばこなど生活習慣にも気をつける必要があるのです。

 

これら肥満や遺伝、生活習慣が原因となって糖尿病となることを「2型糖尿病」と言います。

ランゲルハンス島β細胞の破壊

破壊

一方で上記とは違い、いまだ原因不明であるランゲルハンス島のβ細胞が壊れてしまった場合も糖尿病になってしまいます。

 

ランゲルハンス島β細胞からインスリンが分泌するため、ここが壊れてしまうことによってインスリンが十分に分泌することができず、血糖を調節することが難しくなるのです。

 

こちらは肥満は関係なく、10~20代の方が突発的に発病するケースが多いようですが、高齢者の方でも発症する方もいます。

 

また、自己免疫反応が異常を起こしたり、ウイルス感染によってβ細胞が破壊される場合もあります。

 

これらランゲルハンス島のβ細胞が破壊されることによって引き起こす糖尿病を「1型糖尿病」と呼んでいます。

糖尿病を予防したい時の対策は?

1型糖尿病となってしまった場合は、インスリン療法となり、インスリン注射を打つ治療をします。

一方の2型糖尿病は、食事療法、運動療法、最終的にインスリン療法で治療をしていきます。

 

日本の糖尿病患者の約95%が2型糖尿病です。

2型糖尿病は先述したように、生活習慣が原因となり、主に肥満が原因となるため予防や対策を行うのであれば、まずは生活習慣の見直しから始めましょう。

まずは肥満にならないように!

肥満にならないためにも生活習慣を改める必要があります。

肥満は糖尿病以外の大病にもつながる原因となります。

 

現状、年齢も若くて肥満体型でなくても、そのままの食生活や運動量、お酒、たばこを継続していると危険かもしれませんよ!

 

肥満の原因は、カロリーオーバー、基礎代謝量の減少、便秘などが挙げられます。

間に合ううちから肥満にならない健康的な生活を心がけましょう。

食生活を整えよう

肥満にならないためにも、そして例え太りにくい体質であったとしても食生活の乱れは見逃せません。

食事はバランスが大切です。

美味しくて楽しく食事をすることも大切ですが、好きなものばかりの偏りのある食生活を続けていると身体に支障をきたします。

 

甘いものや炭水化物を食べ過ぎていませんか?

野菜や食物繊維は摂取していますか?

 

急に食生活を変えられない!という人は、サプリメントの利用もおすすめ。

しかしサプリメントは医薬品ではなく食品であるので、あくまでも食事で摂れない栄養成分を補うものになります。

 

サプリメントを飲んでいたらそれでいい、というものではありませんので食事の見直しをしながらもサポート役としてサプリメントを利用するという目的で使用しましょう。

運動も適度に取り入れて!

運動不足も肥満の原因にもなりますし、運動には血糖値を下げたり血流を良くする働きがあります。

 

軽いウォーキングや水泳などの有酸素運動を無理なくすることをおすすめします。

慣れない運動を無理にすると返ってストレスとなる可能性もあります。

自分に合った運動を毎日少しでも取り入れられるようにしてみることから始めてみてください。

 

既に糖尿病と診断された方は医師の指示のもと、運動療法を行ってくださいね!

糖尿病の予防がしたい時のサプリメントの選び方

糖尿病の原因と予防や対策方法がわかったところで、それをサポートしてくれるおすすめのサプリメントをご紹介します。

サプリメント利用に関する注意!

サプリメント利用に関する注意!

ここで注意したいのが、「予防」であること。

“まだ糖尿病になったわけではないけど、今の生活習慣ではこれから糖尿病になるかもしれない”という不安がある人や“健康のためにもなにかできることはないか”と考えている人におすすめするものになります。

 

サプリメントは食品です。

医薬品ではありませんので病気を治すものではありません。

 

もし既に糖尿病予備軍、または糖尿病と診断された方は、医師に相談した上で治療をおこなってください。

サプリメントを利用したいということであれば、そちらも医師に相談し、治療方法や使用している医薬品の妨げにならないかを確認してから利用しましょう。

肥満が気になる方におすすめのサプリメント

糖尿病の前に肥満にならないか不安だ、という人におすすめのサプリメントをご紹介します。

メタバリアS

メタバリアs

「メタバリアS」はFUJIFILM(富士フイルム)が販売している機能性表示食品です。

糖の吸収を抑え、腸内環境を整える働きが認められているサラシア由来のサラシノールという成分が配合されています。

 

糖は小腸の消化酵素によって分解されて吸収されますが、この分解をサラシノールが抑制してくれるため吸収されにくくしてくれるのです!

 

つまり血糖値の上昇を抑制してくれる働きがあります。

 

さらにその吸収されなかった糖が大腸へいくため、ビフィズス菌のエサとなり腸内環境を整える働きもあります。

画期的なサイクルを実現したサプリメントとなります!

通常価格 4,935円(税込)/約30日分

13,165円(税込)/約90日分

初回購入価格 トライアルパック

500円+税(送料無料)/約14日分

定期価格 4,441円(税込)/約30日分

11,848円(税込)/約90日分

大人のカロリミット

大人のカロリミット

FANCL(ファンケル)の機能性表示食品「大人のカロリミット」。

年齢とともに基礎代謝量が落ちてしまい、なかなか結果が出にくいな~と感じていませんか?

 

「大人のカロリミット」には6つの機能性関与成分が配合されています。

  • ブラックジンジャー由来“ペンタメトキシフラボン”
  • 桑の葉由来“イミノシュガー(ファゴミンとして)”
  • インド原産のハーブ“ギムネマ酸”
  • インゲン豆由来“ファオセラミン”
  • カテキン“エピガロカテキンガレート”
  • 食物繊維“キトサン”

これらが日常活動時において脂肪を代謝する力を高めること、食事の糖と脂肪の吸収を抑えることをサポートしてくれます!

 

「カロリミット」と「大人のカロリミット」とありますが、代謝の低下が気になる人は「大人のカロリミット」がおすすめです!

通常価格 2,800円(税込)/約30日分

7,982円(税込)/約90日分

初回購入価格 お試し2週間分

980円(税込)送料無料 /約14日分

定期価格 2,520円(税込)/約30日分

7,140円(税込)/約90日分

生漢煎 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

防風通聖散

生漢煎の「防風通聖散」は脂肪燃焼漢方薬で第2類医薬品です。

18種類の生薬で余分なお腹の脂肪を分解、燃焼、排出促進してくれます。

 

漢方薬の処方は1日分の配合量のバランスが決められています。

1日分丸々を使用している漢方薬は「満量処方」と言います。

「防風通聖散」は満量処方。

原生薬を最大量の27.1g使用し、4500㎎のエキスに凝縮しているので飲みやすい!

 

18種類の生薬が代謝を高め、便通を促し清熱させて利尿させる作用が期待できます。

1包ずつ個包装になっているので持ち運びも便利です。

 

肥満や便秘の他にも、肩こりやむくみに悩む方にもおすすめ。

通常価格 7,800円(税抜)/約30日分
初回購入価格 3,900円(税抜)/約30日分
定期価格 2回目以降

5,900円(税抜)/約30日分

血糖値が気になる方におすすめのサプリメント

血糖値が高めな方におすすめするサプリメントをご紹介します。

アラプラス糖ダウン

アラプラス糖ダウン

血糖値が高めの方におすすめなのが、「アラプラス糖ダウン」。

機能性関与成分のアミノ酸“ALA”が配合された機能性表示食品です。

 

高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートすることで、食後血糖値の上昇を穏やかにすることが臨床試験で明らかに!

 

糖の燃焼を促し、糖代謝をサポートしてくれます。

ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)は食品にも含まれているアミノ酸ですが、十分な量を摂取することは難しいものです。

「アラプラス糖ダウン」なら1日1粒で15㎎のALAが摂れちゃいます!

 

1日1カプセルでいいのも継続しやすい嬉しいポイントですね。

 

空腹時の血糖値が正常であっても食後に上昇した血糖値が戻りにくい「隠れ高血糖」の方は、健康診断では異常がわからない場合があるので、炭水化物が好きな人や運動習慣がない人は要注意ですよ!

通常価格 1,800円(税抜)/約10日分

4,900円(税抜)/約30日分

初回購入価格 2,450円(税抜)/約30日分
定期価格 2回目以降

8,467円(税込)

※60日分ボトルを2ヶ月毎となります

白井田七。

白井田七

「白井田七。」は田七人参を使用したサプリメントです。

田七人参とは中国の環境の厳しい高山にのみ生息する高麗人参の親戚のようなもの。

生命力が強く、収穫まで3~7年要します。田七人参はその間に土壌の栄養分をたくさん吸い取るので、収穫後のその土地は10年やせ細るほど。

別名「金不換」と呼ばれ「お金に換えられない」と言われるほど貴重とされていました。

 

そんな田七人参のは高麗人参よりサポニンが豊富で、フラボノイド、必須アミノ酸、ビタミンやミネラルもたくさん含んでいます。

 

サポニンはインスリン感受性を向上する働きがあると言われています。

 

栄養のバランスを整えるサポートにはぴったり!

飲みやすい錠剤タイプで余計なものは一切使用していませんので安心して飲めるサプリメントです。

通常価格 6,480円(税抜)/半月~1ヶ月分
初回購入価格 3,980円(税抜)/半月~1ヶ月分
定期価格 2回目以降

5,184円(税抜)/半月~1ヶ月分

ルックルックイヌリンプラス

ルックルックイヌリン

菊芋にたっぷり含まれる食物繊維のイヌリン。

摂り過ぎた余分なものをお掃除してくれる低糖成分です。

またイヌリンは体内でオリゴ糖に変化し、善玉菌のエサとなって腸内環境を整えるサポートしてくれる優れもの。

 

そんなイヌリンを中心として、玉ねぎ、ヨーグルト、納豆、桑の葉、サラシアを凝縮したサプリメントが「ルックルックイヌリンプラス」です。

1袋で46000㎎の食物繊維が摂れます。

 

身体に良いとされている食材がぎゅっと詰まっているので、食生活が乱れがちな人にはまとめて摂取できるのがうれしいですね!

通常価格 4,752円(税込)/約1ヶ月分
初回購入価格 2,980円(税込)/約1ヶ月分
定期価格 2回目以降

4,276円(税込)/約1ヶ月分

糖尿病ってどんな病気?

最後に糖尿病についておさらいです。

糖尿病とはなにか、そして自分が糖尿病かな?と思った時の対処法を紹介します。

糖尿病とは

糖尿病とは

糖尿病とは、血糖を調節、処理をしているホルモンのインスリンが減少、または働きが不十分な際に慢性的に血糖値が上昇することで発症する病気です。

 

血糖値が高い状態が続くことで血管に負担がかかりボロボロになってしまいます。

 

  • 1型糖尿病とは、インスリンを分泌する膵臓のランゲルハンス島β細胞が破壊されることによって糖尿病になること。
  • 2型糖尿病は、生活習慣の乱れによって血糖値が上昇し、インスリンの分泌量や機能に異常が起こって糖尿病になること。

 

ほとんどの場合が2型糖尿病であり、生活習慣が原因となることから生活習慣病の一種として知られています。

合併症も怖い

最も怖いのが糖尿病は合併症を引き起こすことです。

三大合併症と呼ばれている、「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」があります。

 

血管が傷つくことによって他の臓器や神経系に影響が出てしまいます。

最悪のケースで、失明、足の壊疽、人工透析が必要な身体となってしまうのです。

 

さらには動脈硬化によって心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めると言われています。

糖尿病かな?と思ったら

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病は初期の段階では自覚症状がほとんどありません。

しかし自覚症状が現れた時はすでに合併症を引き起こしている可能性もあります。

  • 異常に喉が渇く
  • 尿の量が多く、回数が多い
  • 目がかすむ
  • 疲れやすい
  • 食欲が急に増進し、多く食べても体重が減る
  • 足がつる、しびれる
  • 性機能の衰え

これらが代表的な糖尿病の症状です。

当てはまるものがあり、糖尿病が疑われる方は早めに医師に相談してみてくださいね!

 

早期発見、治療は悪化を防げるかもしれません。

異変を放置せずすぐに受診してください。

まとめ

糖尿病って中年の人がなる病気でしょ?って思っていませんか?

現代の日本人は食生活や運動不足、ストレス、酒・たばこなどの生活習慣の乱れが目立ち、若年層の糖尿病患者も少なくはありません。

 

自分はまだ関係ないと思っていることは間違いです!

今からでも生活習慣を改め、糖尿病へのリスクを軽減しましょう!

 

サプリメントは予防の一環として利用することをおすすめします。

まずは食事の見直し、そして軽い運動から始めてみましょう!

 

そしてなにか異変を感じた時は放置せず、すぐに医師に相談してくださいね!

 

参考サイト

糖尿病|厚生労働省

糖尿病 – 日本生活習慣病予防協会

PICKUP CONTENTS

トップへ