【2021新春】名店おせちの予約状況

活きた酵素と青汁の価格は?成分から口コミまで詳しく紹介!

今回は「活きた酵素と青汁」のネット通販での価格や特徴・口コミまで徹底解説していきます。魅力たっぷりの青汁なので、青汁選びの参考としてぜひチェックしておきましょう。

活きた酵素と青汁のおすすめポイントや特徴

現在非常に多くの青汁が販売されていますが、そんな中で活きた酵素と青汁が注目されているのは一体なぜなのでしょうか。知られざるおすすめポイントや特徴などについて迫っていきましょう。

①安心の国産栽培

安心の国産栽培が魅力の青汁です。食の安全に対する関心が高まっている今、国産か否かは購入を決めるうえでも需要な要素ですよね。

活きた酵素と青汁は、国内で栽培・生産されている素材を使用した青汁なので、安心して飲めるのが特徴です。

②生きたままの酵素と乳酸菌が特徴

生きたままの酵素と乳酸菌が特徴の青汁で、身体により効果的に、効率よく作用してくれるといったメリットがあります。

他の青汁ではほとんど酵素や乳酸菌が壊れている、といったケースが少なくないので、本当に体に良い物を得たいのであれば活きた酵素と青汁がおすすめです。

③妊娠中や授乳中でも飲める!

妊娠中や授乳中は一般的な人に比べて栄養が必要です。しかし、食生活では補いきれないのが事実ですよね。

しかし活きた酵素と青汁は妊娠中でも授乳中でも飲むことが出来るので、食生活で不足しがちな栄養素をバランスよく摂取することができます。

活きた酵素と青汁の価格や商品詳細は?

活きた酵素と青汁とはいったいどんな青汁なのでしょうか?

通常価格は4,571円。一杯あたりの値段はおよそ152円とほかの青汁商品と大きな差はありません。また、送料は無料なので商品代金のみで購入することが可能です。

内容量31包入りなので、1か月たっぷりと飲むことができます。

活きた酵素と青汁は粉末タイプの青汁で、水や牛乳などに溶かして飲むのがおすすめ。

現在、初回限定キャンペーンとして通常価格の半額である「2,286円」で購入することが可能。無料サンプルは無いので、試しに購入してみたい!という場合には諸愛限定キャンペーンを活用しましょう。

ちなみに定期購入の価格は3,685円で、通常価格の20%も安いのが魅力です。

使用している添加物はデキストリン、パントテン酸など。

原材料としていようされている素材は国産(瀬戸内産)で安心の健康食品です。

また、主な原材料は大麦若葉、桑の葉、オリゴ糖など。健康や美容には欠かせないのが特徴の商品で、ビタミン・ミネラル・乳酸菌・酵素などがたっぷりと含まれています。

公式通販サイトや楽天・アマゾンとの値段を比較

活きた酵素と青汁を購入するにあたり、どこで購入するのが一番お得なのか気になりますよね。

そこで、公式のネット通販や、楽天・アマゾンなどのサイトと値段をリサーチしてきました。

公式通販サイトのお試し価格が一番お得!

2017年3月時点でアマゾンでは取扱いがありませんでした。また、楽天でも販売はされているようですが、初めての方限定のお試し価格が最もお得で、送料も発生しないので安く購入することができるようです。

「コスパ重視!」という女性は公式サイトでの購入がおすすめですよ。

申し込みや定期購入の注意点

通常購入に比べて安価で購入できるのが「定期購入」の魅力ですが、契約するにあたり注意点などはあるのでしょうか?

契約を済ませる前に一応目を通しておきましょう。

いつでも変更や解約はできるの?

定期購入を取り入れている青汁商品の多くは「〇回以上の継続が必要」といったルールがほとんどです。

しかし、活きた酵素と青汁は何とそういった継続に関する制限が一切なし。そのため、1回購入してみて、気に入らなければすぐに解約することが出来るのです。

ただし、解約は次回発送日の1週間前までには連絡を入れておく必要があります。忘れないよう注意してくださいね。

返金保証はついているの?

活きた酵素と青汁には全額返金などのような保障はありません。そのため、上述した通り「口に合わないな」と思ったら早めに連絡をして解約することが大切です。

電話一本で済ませることが出来るのでぜひ参考にしてみてくださいね。

一日の摂取量や飲み方のポイント

一日の目安量

一日の目安量は主に1~2包程度。1包の量が少ないので「コレだけで足りるの?」と不安に感じてしまうかもしれませんが問題はありません。

粉末の中に必要な栄養素がぎゅっと詰まってるので問題なく栄養素を取り入れることができます。

飲み方のポイントや注意点

飲み方のポイントとしては、水に溶かす際の水の量は「150ml」ということです。適度な濃さになりますし、ダマにならず粉っぽくもならないので、非常に飲みやすい水の量です。

ただし、これ以上増やしてしまうと、せっかくの風味が薄くなってしまうので、注意してくださいね。

飲むタイミング

飲むタイミングに決まりはありません。自分のライフスタイルに合わせて取り入れることができます。

ただ、栄養を効率よく摂取したいのであれば空腹時や起床後など「お腹に何も入っていない状況」で飲むのがおすすめですし、ダイエット目的であれば食事の置き換えドリンクとして飲むのがおすすめです。

持ち運びはできるの?

活きた酵素と青汁の持ち運びは可能なのでしょうか?外出先でも飲みたいという女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

携帯性や大きさ

基本的に、活きた酵素と青汁は持ち運びが可能です。1回分ずつ小さな袋に分けられているので、「お昼の分だけ」「1日分だけ」と持ち歩くことができます。

さらに、袋自体も手のひらサイズよりも小さいので、バッグ内でかさばることはありません。

シェーカーは付いてるの?

シェーカーはついていませんが、基本的に溶けやすい青汁なので、そもそもシェーカーの必要がありません。コップに活きた酵素と青汁と水を入れ、マドラーでくるくると混ぜれば完成です。

ダマにならず、さらに粉っぽさもないので簡単に美味しい青汁を飲むことができますよ。

活きた酵素と青汁に寄せられている口コミは?

生きた酵素と青汁が気になりつつも、やっぱり「口コミを見て決めたい」という女性もいるのではないでしょうか。

そこで、実際に活きた酵素と青汁に寄せられている口コミをリサーチし、参考になりそうな口コミを見つけました。

良い口コミと悪い口コミについてそれぞれ紹介していくのでぜひ購入を検討する際の参考にしてみてくださいね。

良い口コミ

「さっぱりしていて飲みやすい!(46歳女性)」

青汁の独特の苦みやニオイなどは一切なく、むしろ非常に美味しく飲めたので嬉しいです。

適量の水の量は150mlらしいのですが、私は100mlで飲んでいます。

飲みやすいので、水の量が少なくても十分美味しく飲めますし、むしろ「活きた酵素と青汁」の風味が強く感じられるので、水の量は少ない方が好みです。

緑茶や抹茶感覚で飲めるので、水分補給と同時に飲んでいます。

「体の調子が良い日が増えた(38歳女性)」

年々、体調が悪い日が増えることに悩んでいました。たぶん栄養不足も原因の一つだったと思いますが、「活きた酵素と青汁」を飲み始めて、体調が激変!まず、毎朝すっきりとした日を迎えられるようになり、身体のダルさも軽減され増した。

体調が良い日が多いので、最近はスポーツなんかも始めました。

悪い口コミ

「味が薄い…(34歳女性)」

色々な青汁商品を試してきたのですが、味があまり好みではありませんでした。イメージとしては「味の薄い緑茶」みたいな感じで、飲みごたえは感じられませんでした。

ただ、クセなどは一切なかったので、飲みやすさで言えば合格だと思います。

「いちいち水に溶かすのが面倒になった(28歳女性)」

粉末タイプなので、水に溶かさないと飲めません。初めのころはそれが新鮮だったので続いていたのですが、いつしか水に溶かす作業が面倒に…。

特に忙しい時期は飲み忘れも増え、結局ほとんど飲まないままほとんどの量を残してしまうことになりました。

最近は、すでに出来上がっている青汁も多いので今後はそちらに切り替えようと思います。

活きた酵素と青汁はこんな人におすすめ!

魅力的な特徴が並んでいる活きた酵素と青汁ですが、実際にはどんな人におすすめなのでしょうか。さっそくチェックしていきましょう。

おすすめできる人

活きた酵素と青汁がおすすめできるのは「栄養不足を感じる人」「緑茶風味が好きな人」です。栄養満点の青汁であり、クセの無い「緑茶のような味わい」が特徴の青汁です。そのため、「栄養不足が気になる」と、毎日の食生活に不安を感じている人や「緑茶が好き」といった緑茶風味を好みとする人に向いています。

おすすめできない人

逆におすすめできないのは「緑茶風味が苦手」「青汁を溶かすのが面倒」「ダイエット目的」などの人です。

こうした人は活きた酵素と青汁では物足りなさや不満を抱えてしまうことになるかもしれません。ほかの商品をリサーチし、自分に合った青汁を選んだほうが良いでしょう。

まとめ

活きた酵素と青汁には、知られざる魅力がたくさん隠れていました。現代人に不足しがちな「ビタミン」「ミネラル」「酵素」「乳酸菌」などの栄養素をたっぷりと補うことが出来るだけでなく、飲みやすいので毎日続けられやすいといったメリットがあります。

現在、どこの青汁を飲もうか迷っているという女性は、ぜひ「活きた酵素と青汁」を候補として検討してみませんか?

きっと、美味しさと栄養、そして健康効果に満足すること間違いなしですよ。さっそく試してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

趣味は自然観賞や映画を見ること。 週末に飲むビールが大好きです! nanairoでは主にMen'sの記事を担当しています。

NEW POST