飲みやすい青汁

青汁ダイエットは痩せられる?ダイエットに嬉しい青汁ベスト5!

青汁は健康に良いものという印象でなんとなく飲んでいる人も多いでしょう。

そんな青汁を使ったダイエットには、

 

  • 青汁ダイエットにはどんなメリットがあるの?
  • 青汁にダイエット効果はあるの?
  • ダイエットにおすすめの青汁はどれ?
  • 青汁ダイエットの方法や注意点は?

 

など気になることがたくさんありますよね。

そこでこの記事では、本来栄養補給が目的の青汁になぜダイエットが結びつくのか?その理由や、青汁の選び方からおすすめの人気商品まで詳しく解説していきましょう。

目次 ※クリックで開閉します

青汁ダイエットのメリット

青汁ダイエットは過度な食事制限を行いたくない人や、無理せず健康的に痩せたいと考える人におすすめです。

その点を踏まえ、はじめにどのようなメリットがあるのか確認しておきましょう。

ダイエットとキレイを両立できる

過度な食事制限や、偏ったダイエット方法では美容に嬉しい成分が不足してしまいます。

もともと人間の肌は、摂取した栄養素から作られているもの。

過度なダイエットで体重が減ったとしても、肌がボロボロでは悲しくなりますよね。

その点、青汁ならばビタミンB1やビタミンCなどお肌にも嬉しい栄養成分がたっぷり含まれていますので、ダイエットと並行しながらお肌のケアまでできるというわけです。

食物繊維などの栄養素がたっぷり

はじめに、仕事や毎日の付き合いで忙しい現代人にとって栄養バランスは気になるところ。

簡単な食事で済ませてしまっている人は、慢性的に野菜不足に陥っていて、栄養バランスが偏りがちです。

そうなれば、脂肪を燃やすために必要であるビタミンやミネラルが不足するだけでなく、健康にとっても悪影響になってしまいます。

 

しかし、青汁ダイエットならば不足した栄養素を補えるだけでなく、特に青汁に豊富な食物繊維が腸内環境を整えてくれるので健康にも嬉しいです。

青汁ダイエットに期待できる効果は?

青汁ダイエットとは、食事の前に飲んで満腹中枢を刺激させたり、一食分を青汁に置き換えることでカロリーを調整するなど、じっくり結果を出す方法のことです。

「〇〇だけダイエット」のように食事量を大きく制限するわけではないので、青汁ダイエットは短期間での急激な体重変化は期待できません。

 

そのため「本当に痩せたの?」という点にだけで調べてみると、その成功率はとても個人差によるところが大きいです。

しかし、下記でご紹介するような便秘やむくみに対しては8割以上の方が「体に変化があった」と感じているようです。

  • ①便秘改善のサポート
  • ②むくみ解消へのサポート
  • ③基礎代謝の向上が見込める
  • ④デトックス作用

①便秘改善のサポート

青汁にはケールや大麦若葉、明日葉、熊笹などといった植物や野菜が使用されています。

こういった素材を中心に飲みやすくするためにフルーツが入っているものや、自然由来の素材には食物繊維を豊富に含んでいるものもたくさんあります。

 

この食物繊維が便秘改善へのサポートを行ってくれます。普段食べない野菜もあり食物繊維が豊富なものを、青汁を飲むことでたっぷり補給できるんです。

その結果、いつもより多く食物繊維が吸収されスッキリできることが多いのです。

②基礎代謝の向上が見込める

年齢と共に基礎代謝が落ちてダイエットしたくても、思うように体重が減ってくれないと嘆くことが多いです。

しかし、青汁を飲んでいると基礎代謝アップにつながると言われています。

 

その理由は、青汁にはビタミンやミネラルがたっぷり含まれているからで、この基礎代謝はビタミンやミネラルがしっかり補給されていることで高まります。

特に青汁に含まれるビタミンやミネラルは質がよく、ダイエット中でも栄養素を補給できます。

そして、毎日青汁を飲んでいると自然と代謝が良くなり、無理をせずにダイエットが続けられるのです。

③むくみ解消へのサポート

青汁にはむくみ解消へのサポートに嬉しい成分もたくさん含まれているんですね。

代表的なものを取り上げると、カリウム、食物繊維、ビタミンB1、カルコン(明日葉)、クマリン、ルテオリン、などがあります。

特に、むくみだけにターゲットを絞るなら、カルコン、クマリン、ルテオリンの3つの強力成分を揃えた明日葉がおすすめです。

 

カルコンなどはふくまれていないものの、ケールにもカリウム、食物繊維、ビタミン類が豊富に含まれているため、試してみるのは十分な価値があると思います。

④デトックス作用

デトックスとは、解毒という意味があり身体に溜まった毒素や老廃物を排出させることをいいます。

本来、わたし達の身体には肝臓や腎臓という、毒素や老廃物を排出してくれる器官がありますが、いくら体にとって良い栄養素を摂り入れてもきちんとデトックスされていない状態では、お腹だけでなく肌の吹き出物など様々な悪影響が出てしまいます。

 

しかし青汁に含まれるカリウムやクロロフィルには、腸内に蓄積した老廃物を絡めとって体外へ排出してくれる働きがあります。

そのため、きちんとしたデトックスが行われれば、ダイエットはもちろん美容や健康にも嬉しい影響を与えてくれます。

痩せる飲み方はある?青汁ダイエットのやり方

飲むタイミング

青汁 初心者 飲み方

青汁で痩せたいと考えるのであれば、飲み方にも気を配るべきです。青汁を飲むタイミングが間違っていると、せっかくの期待できる効果も半減してしまうでしょう。

ダイエット目的なら食事前

ダイエットにおすすめしたい青汁を飲むタイミングのひとつは、食事前のタイミングで飲むということです。

食事の前のタイミングで青汁を飲むことで、青汁自体が、満腹中枢が刺激させお腹を満たしてくれるとともに、満足感を得やすくなります。

また、食前に青汁を飲むことで血糖値の上昇を緩やかにして吸収を抑え、食べ過ぎを防いでくれます。

 

そのため、いつもつい食べ過ぎてしまうという方や、ダイエットにある程度成果が出ていて体型をそのままキープしたい人におすすめできるタイミングです。

そのため、いつもつい食べ過ぎてしまうという方や、ダイエットにある程度成果が出ていて体型をそのままキープしたい人におすすめできるタイミングです。

便秘解消が目的なら夜や食事前

まず便秘の方におすすめな飲むタイミングとしては、「夜のタイミング」と「朝の起床後すぐのタイミング」と2つあります。

夜寝る前すなわち夕食のタイミングで食物繊維をしっかり摂れれば、翌朝スッキリするケースも多いので一度試してみてください。
また、「朝の起床後すぐのタイミング」も、お通じに必要な腸のぜんどう運動を促し、スムーズなお通じへと繋げられやすい時間帯となります。
自分の体調に合わせて、タイミングを取るようにしましょう。

食事に置き換えて青汁を飲む

単純に一日3食の内を、1食ないし2食を青汁に置き換えて飲むということです。
ただし、やりすぎは逆効果になるためあまりオススメできる飲み方ではありません。過度の置き換えダイエットは控えるようにしたいところです。
青汁には豊富な栄養素がたくさん含まれていますが、そのカロリー1杯20~30kcal以下と断然低くなっています。
したがって、炭水化物やたんぱく質といった人間の体に必要な栄養素は効率よく補うことができません。

朝食、または昼食をいつも摂らない方や、ダイエットを本気で達成するという明確な目標持っているという方にこの飲み方を取り入れてもいいですが、過度な置き換えは控え、自分の体調としっかり相談しながら行うようにしましょう。

間食代わりに低カロリーな青汁を活用する

こちらの飲み方は、間食が多い人や無理なダイエットをして体調を崩してしまった人向けにご紹介したい痩せる飲み方です。
しかし、低カロリーで栄養素たっぷりな青汁を甘いおやつ代わりに飲むのですから、一番オススメしたい飲み方でもあります。
置き換えダイエットや食事制限は人によって、そのダイエット方法が体に合わずに体調を壊してしまったり、また食物繊維やビタミン不足で、摂取量が減少してしまいます。

そのような時には、間食代わりに青汁を飲むだけでも、カロリーの摂取量が抑えられる同時に栄養素も補うことができます。
また、間食代わりに飲むことで満腹感を感じることもできるようになります。

青汁ダイエットの注意点

青汁ダイエットはそれだけで即効性のあるダイエット方法ではありません。

まず大切なことは青汁だけで痩せようと思わないことです。青汁は栄養価の高い野菜を原料としているため何度も食事を抜いて「置き換える」ことで、その分痩せようと考える方がいます。

 

しかしその方法は間違いです。上でご説明した通り、確かに青汁はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なのですが、もともと人間の体に必要な炭水化物やタンパク質はほぼ含まれていません。

そのため、青汁を大量に飲みすぎると、、栄養バランスの偏りや、腹痛による体調不良にもつながってしまいます。

その点を踏まえた上で、自分にとって青汁を飲むタイミングはいつなのか?という風に考えてください。

青汁ダイエットの注意点まとめ

  • 自分にとっての飲むタイミングを考える
  • 青汁を飲み過ぎず、多くても23杯以下に留める

ダイエットにおすすめな青汁の選び方

重視する原料の確認

青汁含める原料や成分、またはどれくらいの量が含まれているのかをチェックしましょう。青汁ダイエットには特に以下のような原料・成分がオススメです。

原料 含有成分 期待できる成分の働き
ケール ビタミン、ミネラル、食物繊維、カルシウム等 エイジングケア

便秘の解消

美白

生活習慣病の予防

大麦若葉 SOD酵素、ビタミン、ミネラル、クロロフィル、カリウム等 脂肪燃焼の促進

エイジングケア

高血圧予防

明日葉 カルコン、クマリン、食物繊維、ポリフェノール等 美肌

便秘解消

脂肪燃焼の促進

デトックス

1ケ月以上続けられる青汁を選ぶ

体質改善に必要な期間は1ケ月~3ケ月と言われています。

青汁ダイエットも1ケ月以上続けたのち、お通じが良くなったり、肌の調子が整ったなどの変化を感じる方が多いようです。そのため、

  • 毎日飲めるような味
  • 無理なく続けられる価格

この2点を意識し、1ケ月は続けられる青汁を選びましょう。

また、青汁は商品により風味も異なりますので、初回お試しなどを積極的に利用し、自分に合った青汁を見つけてみてください。

nanairo編集部おすすめ!青汁ダイエットランキング!

青汁 ダイエット おすすめ

ここからは、人気の青汁ランキングについて含まれる原料や成分、価格、飲みやすさ等からnanairo編集部がおすすめできる青汁をランキング順にご紹介します。

【1位】マイケア ふるさと青汁

マイケアふるさと青汁おすすめ

価格/一杯あたり 内容量 主原料 タイプ
126円 3g×30袋 明日葉 粉末タイプ

「明日葉」がメインとなっている青汁で、販売実績が一億杯を突破しているダイエットにも人気のある商品です。

主原料の明日葉にはデトックスやむくみに嬉しいカルコンや食物繊維が豊富に含まれており、ノンカフェインで国内産の野菜を使用しています。

飲みごたえも緑茶のようにスッキリとした味わいに仕上がっているので、続けやすいです。

今なら、公式ページからの購入で2週間のサンプルと全額返金保証もセットになってくるので、一度詳細をチェックしてみてくださいね。

実際に飲んだ人の口コミ

  • 青汁でダイエットをしたいと思い、ふるさと青汁に決めました。よくあるダイエットができる青汁より少しリーズナブルだったので試してみたのですが、飲んだ翌日からスッキリしたので、明日葉パワーを実感しています。
  • 便秘に悩まされることが減ったからか、1ヶ月間特に何もしていないのに2キロ体重が減っていました。そして、気がついたらお肌にも艶が出て元気になっていました。購入して本当よかったです!
  • 最近購入したばかりなのでまだ効果は分かりませんが、クセのない味で飲みやすく、娘と毎日飲んでいます。緑茶を飲んでいる感覚なので、この商品ならこれからも続けていけそうです。

【2位】黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの口コミ|効果なしって本当?

価格/一杯あたり 内容量 主原料 タイプ
133円 15g×30包 クマイサザ ゼリー

抹茶と黒糖風味の食べごたえのあるゼリーで、おやつ感覚で気軽に食べられる青汁です

ダイエットに効果を発揮するといわれる水溶性食物繊維を含み、腸内環境を整える働きを持つ乳酸菌とイソマルトオリゴ糖もプラスされているので、ダイエットにもピッタリです

実際に飲んだ人の口コミ

  • 青汁っぽさが少ないと思うので、毎日続けています。冷蔵庫で冷やして食べてもおいしいです。
  • お通じがよくなりました。ジュレタイプなので旅先や旅行にも携帯できるのが便利です。
  • 青汁とは思えない味と食感で、おやつ感覚で毎日続けたい。普通の青汁のように水に溶かす必要がなく、開けてすぐ食べられるのもイイ。

【3位】めっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁 (1)

価格/一杯あたり 内容量 主原料 タイプ
199 3g×30袋 クマサザ 粉末タイプ

本当に青汁なの?と疑ってしまうくらい飲みやすくフルーツジュース感覚で飲める青汁です。

タレントのGENKING(ゲンキング)さん愛飲の青汁ということでも認知されています。

ダイエットサポートに役立つ成分だけでなく、美容にも良い成分がたくさん含まれているので、ダイエットと美容どちらにも嬉しい青汁です。

 

定期継続回数にも縛りがなく、いつでも解約できるうえに初回680円からスタートできることも嬉しいポイントですね。

実際に飲んだ人の口コミ

  • ダイエットのために購入しました。便秘やお肌に嬉しい変化もあり、満足しています。飲んだ時の味に関してもとてもおいしいので、これからも続けていきたいです。

 

  • これを飲みながら体重を5kg落とすことに成功しました。でも、間食を減らしたり自分で努力もしたので、ただ青汁を飲むだけで痩せたということではありませんが、注文して良かったと思っています。

 

  • 乳酸菌が入っていて、カラダに良さそうな成分が入っていることが購入の決め手でした。おかげで毎朝スッキリを実感しています。ありがとうございました。

【4位】ヘルスマネージ 大麦若葉青汁キトサン

大正製薬「大麦若葉青汁 キトサン」

価格/一杯あたり 内容量 主原料 タイプ
126円 3g×30包 大麦若葉 粉末

主原料に大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶などが含まれており、飲みやすさとしてもほんのり甘味があって飲みやすく続けやすい青汁です

ダイエットだけでなく、コレステロール値が気になる人にもおすすめしたい青汁です。

初回限定で通常3,800円が70%OFFの、1,000円で始めることができ継続回数に縛りがないのも嬉しいポイントです。

実際に飲んだ人の口コミ

  • 飲みやすいです。粉末だけを少し食べてみたのですが、苦みがクセも全然ありませんでした。ヨーグルトに入れておいしく飲んでいます。
  • ほのかな甘みがあって飲みやすい!便通もマシになり、毎朝スッキリできるので助かっています。
  • 大手医薬品メーカーならでは安心感があるので購入。安全性、美味しさ、健康、3拍子そろったお気に入りの青汁になりました♪

【5位】めっちゃぜいたくフルーツ青汁

めっちゃぜいたくフルーツ青汁おすすめ

価格/一杯あたり 内容量 主原料 タイプ
199円 3g×30包 大麦若葉 粉末

明日葉や大麦若葉、桑の葉、クマサザ4種類の国産原料を使用し、181種の酵素も配合した無添加の青汁です。こちらは、ダイエットが苦手のぺこちゃんがイメージモデルということでも話題になった青汁ですね。

ただし、芸能人が愛用しているからといってこれだけ飲めば痩せるというわけではなく、あくまで補助的に飲用するという視点で購入するのが無難だと思います。

 

原料としては、むくみの解消や便秘の改善に期待ができる、カリウムやビタミンE、食物繊維が豊富に含まれており、フルーツ青汁なので飲みやすい味にも仕上がっています。

定期コースは初回のみ680円でお得に注文できますが、6回の継続縛りがあるのでよく考えたうえで注文するようにしてくださいね。

実際に飲んだ人の口コミ

  • 朝食、夕食前に主人と飲むようにしています。わたしと主人はこれを補助的に取り入れ初めてから、体重に変化がみられました。味もおいしくのみやすいです。
  • 期待していたほど体重の大幅な減量とまでは行きませんでしたが、飲み始めてから肌がきれいになり皆から褒められるようになりました。購入して良かったです。
  • わたしは毎回夕食前に飲むようにしています。良い感じにお腹が膨れるので満腹感を感じることができるので、食べ過ぎ防止にはおすすめです。

手軽で飽きずに飲める!青汁のおすすめアレンジ

粉末タイプの青汁だと普通はお水で割りますが、味に飽きると続けるのも少し億劫になりますよね。

そこで、ダイエットにオススメな飽きずに続けられる青汁の飲みやすいアレンジ方をご紹介します。

牛乳×青汁

1つ目は牛乳で割るという方法。定番アレンジとなりますが、牛乳や豆乳を加えることで、抹茶ラテ風の味に仕上がり、味がマイルドになるため飲みやすいです。間食にもピッタリです。

豆乳×青汁

豆乳にも大豆サポニンやイソフラボンなどのダイエットサポート成分が豊富に入っています。
これら2つの栄養素が合わさることで、よりダイエットにも役立つというわけですね。

 

またダイエットは継続していくことが大事、「青汁+豆乳」の組み合わせは飲みやすく味もまろやかになる為、継続的な飲用によって体の中からの健やかなダイエットに期待が持てるようになります。
しかし、青汁と豆乳だけで痩せるというわけではありません。基礎代謝を上げるためにも食生活の見直しや運動も一緒に取り入れるようにしてくださいね。

りんごジュース×青汁

意外かもしれませんが、おすすめしたいのがリンゴジュース。リンゴの酸味が青汁に上手に合わさり、適度な甘みとスッキリ感があっておいしいです。

りんごにはポリフェノールによる抗菌化作用や、食物繊維を含むリンゴペクチンも含まれていますので、美容面にも嬉しいです。

また、気分に合わせてフルーツジュースと合わせるのも楽しいですし、おすすめです。

ヨーグルト×青汁

ヨーグルトのまろやかさと酸味が青汁の青臭さやクセを緩和してくれるので、こちらもおすすめ。

また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌と青汁の食物繊維により、毎朝自然にスッキリできると思います。

混ぜるのであれば加糖タイプではなく、摂取カロリーを抑えられる無糖タイプのプレーンヨーグルトがオススメ。

ふんわりとした抹茶風味に仕上がり、デザート感覚で楽しめるので特に女性におすすめです。

 

このように、好みのアレンジを加えながら楽しくダイエットを続けましょう。

まとめ

青汁の原料に使用されている野菜にはダイエットに嬉しい成分だけでなく、肌や美容にも嬉しい成分を含んでいるものがたくさんあります

しかし、青汁はただ飲むだけで瘦せられるような魔法の薬ではありません。

ここまで見てきた通り、含まれる糖質や食物繊維の量にも注意した上で青汁を選び、そのうえで飲み方や飲むタイミングを工夫する必要があります。

また、運動や食生活を含めた生活習慣全般を規則正しくするようご自身の努力も必要になってくるでしょう。

 

ダイエットは継続してそれを習慣化させることと、モチベーションの為の目標設定も大切です。

なかなか難しいことですがストイックになり過ぎず、体調の調子を見ながら自分に無理のない範囲で取り組んでみましょう。

青汁はあくまでダイエットに心強いサポートとして、取り入れてみてくださいね。

PICKUP CONTENTS

トップへ