青汁っていつから子供でも飲める?年齢制限や飲むときの注意点ってあるの?

目次 ※クリックで開閉します

栄養素が豊富に含まれている青汁は、毎日の食事では不足しがちな栄養素を簡単に補えることから健康志向の方に人気を集めていますよね。

 

そんな栄養たっぷりの青汁は、子供が飲んでも大丈夫なのでしょうか?特に、好き嫌いが激しく毎日のメニューや栄養バランスを考えるお母さんは「野菜嫌いなこの子に、青汁で栄養素を与えられないかな?」と考えることが多いかと思います。

 

ただ、青汁は栄養素をはじめとした多くの成分に富むからこそ、口にする食べ物から影響を受けやすい子供には飲ませられるかどうか不安に感じるものです。

 

こちらでは、子供の野菜嫌いから生じる栄養の偏りを青汁で解消する際に知っておきたい、青汁の年齢制限や飲むときの注意点を分かりやすく解説いたします。

 

また、子供でも青汁を美味しく摂取できるお役立ちレシピや子供にオススメの青汁商品を最後にご紹介します。青汁で健やかな成長をサポートする際には是非とも参考になさってくださいね。

そもそも青汁って子供に飲ませても良いの?

毎日の食生活では不足しがちな栄養素を補ったり野菜不足を解消したりと、どうしても「青汁は大人が健康のために続ける飲み物」というイメージがありますよね。

 

では、そもそも青汁は大人向けに作られたもので、子供が口にしてはいけない飲み物なのでしょうか?はじめに、青汁は子供に飲ませても良いのかという点について見ていきましょう。

青汁は子供に飲ませてもOK

結論から言うと、生野菜の絞り汁から作られている青汁は食品の一種にカテゴライズされるので、基本的には乳児以外の子供に飲ませても問題ありません。

 

ただし、3ヶ月未満の赤ちゃんには青汁を与えないでくださいね。赤ちゃんが青汁をはじめとした野菜に含まれている硝酸塩という成分を多く摂取すると酸欠状態に陥り、時には命の危険に関わる「メトヘモグロビン血症」という症状が引き起こされるからです。

 

加えて、赤ちゃんはまだ成長過程にあり消化器官も十分に育っておらず、青汁に含まれている成分をきちんと消化できるほど消化機能が強くありません。したがって、子供に青汁を飲ませるタイミングとしては、完全に離乳食に移行した1歳前後が良いとされています。

 

しかしながら、1歳以上の子供に与える場合でも、健康のために飲む大人向けに作られた青汁は味が濃すぎたり苦味が強かったりするので苦手意識を抱くことがあります。したがって、子供に青汁を与える際には少量から始め、ジュースや牛乳で割って青汁特有の風味を和らげる工夫が必要となります。

 

また、青汁に豊富に含まれている食物繊維は、胃腸の弱い体質の子供にとってはお腹の調子が悪くなる原因となりますから、子供の体質や体調を見ながら摂取量を調整することが大切になります。

青汁は子供にもおすすめ!野菜不足を補おう!

野菜不足や豊富な栄養素を摂取できる青汁は、健康志向の強い大人だけでなく成長過程にある子供にもおすすめですよ。

 

豊富な栄養素を誇る野菜が主原料として使用されている青汁は、成長に必要な栄養素をバランス良く摂取できます。

中でも、好き嫌いが激しく口にするものに偏りのある子どもにとって、食生活では摂取が難しい栄養素を摂り入れる際に役立ちます。

 

特にサッと水や牛乳に溶ける青汁は飲み物としての手軽な摂取が可能ですし、毎日のメニューに混ぜれば野菜嫌いな子供でも無理なく食べられます。

子供も野菜不足の子が多い?

多忙な毎日によって食生活が乱れがちになる大人の野菜不足が問題視されていますが、幼少期の子供も野菜摂取量の目標値に達していないことが厚生労働省でも示唆されています。

下記は、こどもフルーツ青汁公式サイトに「子どもの野菜摂取量と目安」と記載のあった野菜不足に関する参考データを引用しています。

<第6次日本人の栄養所要量の活用編>

  • 3~5歳…摂取目安量240g、合計摂取量142.6g、不足値97.4g
  • 6~7歳…摂取目安量240g、合計摂取量183.2g、不足値56.8g
  • 8~9歳…摂取目安量265g、合計摂取量215.4g、不足値49.6g
  • 10~11歳…摂取目安量290g、合計摂取量229.5g、不足値60.5g
  • 12~14歳…摂取目安量300g、合計摂取量258.8g、不足値41.2g
  • 15~17歳…摂取目安量300g、合計摂取量251.9g、不足値48.1g

 

  参考元:子供フルーツ青汁

中でも幼児期にあたる3~5歳での野菜摂取量が少なく不足値が高くなっているのはこの時期での食べる経験がまだ少なく、野菜に含まれている苦味や渋みに敏感になり食べるのを嫌がるからです。

 

食べる経験を積み重ねていくことで様々な味に慣れ味覚が形成されていくのですが、3~5歳の段階では発達しきれていない味覚によって野菜の摂取量がどうしても低くなってしまうのです。

 

とは言え、3~5歳は体が大きく成長する時期でもありますから、成長に必要な栄養素が野菜の好き嫌いによってきちんと摂取できないのは子供に悪影響を及ぼしかねません。野菜不足の状態が長期に渡って続けば、身長や体重がスムーズに増えませんし脳の発達にも影響を及ぼします。

 

さらには、便秘や貧血をはじめとした毎日の体の不調の原因にもなりますから、子供も野菜不足を解消しながら様々な栄養素をまんべんなく摂取することが大切ですよ。

青汁が子供にもおすすめな理由

①子供の頃から野菜を習慣にできる

味覚が完全に形成されていない時期から青汁を飲み始めれば、野菜特有の渋みや苦味に慣れることができ、野菜嫌いや野菜に対する抵抗の緩和に役立ちます。

 

では「味覚が形成された後の青汁の習慣は意味がないのか?」と言えば、決してそうではありません。

青汁には成長をサポートしてくれる嬉しい栄養素が豊富に含まれていますし、子供の頃から青汁を飲んでいると生活習慣病の発症リスクが低い体作りに役立ちます。

 

というのも、青汁を飲む習慣を子供の頃に定着していると「甘みが抑えられている食事」「塩分控えめの食事」「脂肪分が少ない食事」に慣れます。

これは裏を返すと「甘みが強い食事」「塩分が高い食事」「脂肪分が高い食事」など、将来生活習慣病の原因となりうる食生活に陥るリスクを減らせられるということです。

 

子供の頃に形成された味覚は、その後の人生での「食の好み」を大きく左右します。

だからこそ、子供の頃に「生活習慣病リスクが少ない食生活」を無理なく送られるような味覚を形成することが大切なのですね。

②青汁で子供に必要な栄養素を補える

体のエネルギー源として消費される炭水化物・脂質・タンパク質の3大栄養素に加えて、3大栄養素の代謝や体の機能をサポートする13種類のビタミン類や16種類のミネラル類、そして食物繊維といった栄養素は私達の健康維持には欠かせません。

 

成長過程にある子供にとって、豊富な栄養素をバランス良く摂取することが何よりも大切です。

この中でも特にタンパク質・カルシウム・亜鉛は筋肉の発達や骨の成長に大きく関わっていますから、積極的に摂り入れる必要があります。

 

青汁の主原料として使われているケールや明日葉そして大麦若葉などは、野菜の中でも特に多くの栄養素を誇ります。

多くの野菜に含まれている食物繊維はもちろん、カルシウムや亜鉛などのミネラル成分や健康や成長をサポートするビタミン類もバランス良く含まれています。

 

毎日の食生活から成長に必要な栄養素を摂取すると同時に、青汁を習慣として継続することで不足しがちな栄養素や毎日の食生活では摂取しにくいものを補うことが可能となります。

③水や牛乳に溶かすだけでサッと飲める

粉末青汁は水や牛乳に溶かすだけでサッと飲めるので、毎日の習慣として取り入れやすいというメリットがあります。

商品によって差はあるものの、青汁1杯に含まれる栄養素は野菜に換算すると約50~100gにあたります。

水に混ぜても飲んでくれない場合には、青汁の風味が和らげられてマイルドな味わいに仕上がる牛乳で割ってみてはいかがでしょうか?

 

したがって、献立で使用する野菜量が少ないと感じた時に、食前や食後などパッと青汁をプラスして野菜成分を補うことも可能です。

家事に子育てに仕事にと毎日忙しいお母さんにとって、子供の野菜不足を手軽にサポートできる青汁は強い味方になってくれますね。

④ご飯に混ぜることで野菜嫌いな子供でも摂取しやすい

水や牛乳で作った青汁を飲んでくれないときには、毎日の料理に入れるのも有効な手段です。

調理の際に様々な食材や調味料と一緒に混ぜると、青汁の味がほとんどしなくなりますよ。

 

粉末タイプの青汁は野菜の絞り汁を粉末状に加工したものなので、普通の野菜と同様に加熱調理をしても問題ありません。

ただし、ビタミンCやビタミンB1は熱に弱く加熱調理では失われがちなので、加熱時間をできるだけ短くするといった工夫が必要となります。

子供への飲ませ方や一日の適正量は?

ビタミン類やミネラル成分など成長に必要な栄養素が豊富に含まれている青汁ですが、消化機能が大人よりも弱い・体が小さい子供にとって、栄養素の吸収や消化能力には限界があります。

 

また、市場で展開されている多くの青汁は大人向けに作られたものですから、子供にとっては苦味や臭みが強く感じられたり味が濃かったりします。

 

したがって、青汁に対して苦手意識を抱かせない・体に負担を与えないように、青汁の商品に記載されている摂取量の半分や3分の1あるいは4分の1と少量の摂取から始めましょう。

飲ませることで期待できる青汁の働きは?

子供に青汁を飲ませることで期待できる青汁の働きとしては、「野菜不足の改善」「免疫力UP」そして「身長UP」といった3点が挙げられます。

①野菜不足を補える

先述の通り、野菜の苦味や風味に慣れていない幼児期には、どうしても野菜不足に陥りがちになります。

そこで役立つのが豊富な栄養素に富む青汁です。

 

青汁1杯あたりに含まれる栄養素は野菜に換算すると50~100gとなりますから、野菜嫌いから生じる野菜不足を補うのに役立ちます。

②免疫力UPを目指せる

私達の体内には、様々な疾患の原因となる細菌やウイルスから体を守る免疫細胞が数多く存在します。免疫細胞には多くの種類が存在しますが、全体の約6割は腸内で待機しているとされています。

 

「お通じによって老廃物を体の外へと排出する機能がある」というイメージが定着している腸は、実は免疫細胞ひいては体の免疫力にも大きく関係している臓器だったのです。したがって、腸内環境を健やかに保つことは便秘をはじめとした腸内トラブルの予防・改善だけでなく、免疫力の向上から風邪・アレルギー予防効果が期待できます。

 

青汁に豊富に含まれている食物繊維は、腸内に常在菌として存在する善玉菌の餌となってその数を増やすので、腸内環境の正常化に優れた作用を発揮します。

また、青汁には体内の免疫細胞の働きを高めるβカロテン(体内に吸収されるとビタミンA.に変化する)、免疫物質の生成に必要となるビタミンCも多く含まれています。

 

腸内環境を健やかにしながら免疫細胞にもアプローチが可能となる青汁では、免疫力の向上から病気に負けない丈夫な体作りを目指すことができます。

③身長UPが期待できる

青汁には骨や歯の成長に必要不可欠となるカルシウムやマグネシウムをはじめとしたミネラル成分が豊富に含まれています。

特に、主原料として使用されるケールにはタンパク質が、大麦若葉はカルシウムとマグネシウムの含有量がそれぞれ多くなっています。

 

骨や歯の成長そして身長を高くするにはカルシウムが欠かせないことは知られていますよね。

しかし、「カルシウムだけを積極的に摂取すれば良い」ということではなく、カルシウムの働きをサポートするマグネシウムも合わせてバランス良く摂取することが鍵を握っています。

 

というのも、マグネシウムには体内のカルシウムをコントロールし、カルシウムを効率良く骨に定着させて骨の形成をサポートする働きがあるからです。

 

カルシウムとマグネシウムを摂取するにあたっては「カルシウム:マグネシウム=2:1」が理想的なバランスとされています。

カルシウムとマグネシウムの両方を同時に摂取できる青汁は、理想的なバランスでの摂取へと近づけてくれますよ。

子供に青汁を飲ませる上での注意点ってあるの?

生野菜の絞り汁から作られている青汁は、野菜の成分をそのまま手軽に摂取できる飲み物です。

青汁からは効率良く様々な栄養素を摂取できる反面、過剰摂取による体への悪影響が生じることもあります。

 

子供に青汁を飲ませる際には「カリウムの過剰摂取」に加えて、「カフェインの入っている青汁」「1歳未満ははちみつ入りの青汁注意」と青汁の添加物に気を付けなければなりません。

カリウムの過剰摂取

まず、新鮮な野菜や果物そして青汁に多く含まれているカリウムはミネラル成分のひとつで、不足すると高血圧・糖尿病・神経障害・筋力低下・肌荒れ・むくみが引き起こされやすくなります。

 

カリウムは健やかな食生活を送っていれば不足することや過剰摂取に陥ることはありません。

むしろ、ファストフードやコンビニのお弁当などの加工品の摂取量が多いと、カリウムは不足する傾向にあります。

 

青汁では手軽に多くのカリウムを摂取し不足分を補うことができますが、その含有量が多いからこそカリウムの過剰摂取には気を付けなければなりません。

 

確かにカリウムが不足すると上記のような不調が引き起こされやすくなりますが、過剰摂取でも高カリウム血症による不整脈や倦怠感や体のしびれといった神経症状が生じます。

 

偏った食生活からカリウム不足にある大人にとってカリウムが豊富な青汁は助かりますが、体が小さく体の各機能が完全に成長しきっていない子供にとっては豊富なカリウムがかえって体に負担を与えてしまうほか、思わぬ体の不調が引き起こされかねません。

したがって、青汁の飲み過ぎによるカリウムの過剰摂取には十分に注意してくださいね。

カフェインの入っている青汁

青汁特有の苦味や臭みを和らげるために、商品の中には抹茶や煎茶が使用されているものがあります。

確かに飲みやすい味に仕上がっているのですが、抹茶や煎茶のもとである緑茶に豊富に含まれるカフェインも入っていることになります。

 

ご存知の通りカフェインには眠気覚ましの作用がありますから、子供が口にすると寝付きが悪くなったり興奮状態になったりすることも少なくはありません。

 

飲み物を選ぶ際にはカフェイン有無の記載をチェックしている人は多いかと思います。

青汁では抹茶や煎茶といった緑茶成分が含まれていないものを選ぶようにしてくださいね。

1歳未満はハチミツ入りの青汁に注意

「青汁を飲ませ始めるタイミングとしては、完全に離乳食にシフトした1歳前後が良いとされている」とご紹介しましたが、1歳未満の子供に青汁を与える際には必ずハチミツ入りの青汁を避けなければなりません。

 

これは、1歳未満の赤ちゃんがハチミツを口にすると、時には命を脅かすほど危険な「乳児ボツリヌス症」を発症することがあるからです。

 

乳児ボツリヌス症とは、ハチミツに混ざったボツリヌス菌が赤ちゃんの腸内で発芽・増殖し、神経麻痺といった症状が生じる感染症です。

1歳未満の赤ちゃんの腸はまだまだ未発達で消化機能や免疫機能が整っていないため、ボツリヌス菌を取り込んでしまうのです。

 

青汁に甘みをプラスして飲みやすくするためにハチミツが使用されている商品が中にはありますが、必ず避けるようにしましょう。

子供におすすめの青汁レシピを紹介

子供に青汁を飲ませることで期待できる作用や注意点をご紹介しましたが、子供が飲んでくれなければ折角の青汁も意味がありません。

 

含まれている成分や添加物に気をつけると同時に飲みやすいものを選ぶことが大切ですが、飲み方やアレンジ方法で子供も無理なく飲めるようになりますよ。

 

次に、青汁を無理なく毎日の習慣として摂り入れるために実践したい飲みやすいレシピやおやつレシピをご紹介します。

飲みやすいレシピ

「青汁バナナジュース」「青汁カルピス」そして「青汁ヨーグルト」など、下記でご紹介しますレシピでは青汁特有の苦味や臭みが抑えられて飲みやすくなりますよ。

①青汁バナナジュース

牛乳200mlに適当にカットしたバナナ1本と青汁を入れてミキサーにかけるだけのレシピです。

バナナと牛乳の風味によって青汁特有の味が感じられにくく、ジュースのように飲めますよ。

②青汁カルピス

お好みの濃さで作ったカルピスorカルピスウォーターに青汁を加えて良く混ぜると完成です。

乳酸菌飲料であるカルピスならではの甘みで飲みやすく、あと味もスッキリしています。

③青汁ヨーグルト

お好みのヨーグルトに粉末青汁を加えると、青汁特有の風味が抑えられて抹茶ヨーグルトのような味わいになります。

子供でも飲みやすい人気の青汁は?

こどもバナナ青汁

  出典:こどもバナナ青汁

特徴

こどもバナナ青汁は、国産大麦若葉のみを使用し、保存料・着色料・人工甘味料が不使用、さらには国際認証基準ISO9001取得工場で徹底した品質管理のもとで製造されているので、安全性・品質性ともに優れています。

 

バナナ風味の仕上がりになっているので、牛乳と混ぜるとバナナオレのような美味しさ!1日1杯で良いので、毎日続けられやすくなっていますよ。

参考価格

こどもバナナ青汁1箱(30袋入/1日1包目安・約30日分)あたりの通常価格は5,940円(税込)です。

 

また、定期購入にあたる「のびのびサポートコース」では最低3回以上の継続が必要にはなりますが、初回限定価格980円(税込)、2回目以降3,880円(税込)と大変お得になります。

3回目以降は電話での問い合わせで契約の変更・休止・解約が可能となっています。

 

加えて、定期購入にあたる「のびのびサポートコース」では、安心の90日間の返金保証が設けられていて、3ヶ月間の私用で満足できなかった場合には3ヶ月分の商品代金が返金されます。

返金保証を受けるには、90日以内に電話での返金申請が必要ですから注意してくださいね。

内容量

こどもバナナ青汁ではスティックタイプの個包装が採用されていて、1箱あたり30包入っています。

1包あたり3gを水や牛乳に溶かし、1日1杯が目安量となっています。

主原料

こどもバナナ青汁では、国産大麦若葉に加えて13種類の野菜とフルーツ6種類が使用され、スーパーフードとして注目を集めているスピルリナ、乳酸菌やビフィズス菌も配合されています。

まとめ

飲み始めるタイミングや使用されている添加物にさえ注意すれば、青汁は子供でも飲めることが分かりました。

 

むしろ、子供の発育を促進させるという意味を込めて、毎日の食事に加えて栄養素に富む青汁をプラスして健やかな成長をサポートしたいですね。

特に、野菜の苦味や臭みそして食感から好き嫌いが目立つ時期には青汁は強い味方となってくれるはずです。

 

水ではなくときには牛乳やカルピスそしてヨーグルトと合わせて飲みやすくしたり、料理やスイーツに混ぜて美味しく楽しんだりと青汁の成分を無理なく子供に摂取させてあげたいですね。

PICKUP CONTENTS

トップへ