青汁を飲むのは朝食前?夕食後?飲むタイミングで効果は変わるの?

目次 ※クリックで開閉します

最近、男女問わず人気の青汁ですが、飲むタイミングを変えることで、期待できる効果などは変わってくるのでしょうか。

よく芸能人のブログなどで紹介されている青汁は、朝食の代わりに飲んでいます!などと書かれていますが、実際はいつどのタイミングで飲むのが正解なんでしょうか。

今回は、青汁を飲むベストなタイミングをご紹介します。

飲むタミングは食前・食後でも変わる?青汁に期待できる働きとは

「食前」だとダイエット効果があるの?

青汁を食事の前に飲むことで、ダイエット効果が期待できるということはご存知でしょうか?

もちろん、ずべての方に効果が実感できるといったら嘘になりますが、青汁を食事の前に飲むことで、満腹中枢が刺激され、少量の食事でも満腹感を得ることができることから、このように言われています。

 

お腹が空いているときは、ついつい食べ過ぎてしまい、あとから後悔…なんてこともあるかと思いますが、もしダイエット中なのであれば、無駄に食べ過ぎてしまう前に青汁を飲むと良いかもしれません。

「食事中」に飲むと血糖値の上昇を抑えられる?

事中に青汁を飲むと、血糖値の上昇が緩やかになるといわれています。

これはどんなことを意味するかというと、GI値(体内で栄養が糖に変わるスピード)が低い食品を食べているのと同じ効果を得ていることになるので、急に血糖値が挙がらない分、体重の増加を抑えることができるそうです。

 

「食事後」だと便秘解消に期待できるの?

青汁は薬ではないため、食事の前に飲みましょうと指定もされていません。

そのため、食後に飲んでももちろんOKです。

 

特に食後(就寝前)に飲むと、便秘の解消ができるといわれています。

これは青汁に含まれている食物繊維の効果が発揮されているからで、寝ている間に腸内環境を整えてくれるため、翌朝のお通じが良くなるそうです。

 

ただし、青汁に含まれる食物繊維の量は非常に豊富なため、腸の動きが活発になってしまい(いわゆるお腹がゴロゴロする)、なかなか眠れなかった…という状態になる人もいうそうなので、注意が必要です。

一度試してみて、お腹が気になって睡眠がしっかりとれないようでしたら、タイミングをずらして飲むと良いでしょう。

目的によって飲むタイミングを変えてみるのも良い

野菜不足の人は朝に飲む

もしあなたが、普段の食生活では野菜が足りていないと感じているのであれば、青汁を朝飲むことオススメします。

何故かといいますと、青汁に含まれる大量の野菜のエネルギーが、就寝中に失われてしまった身体にダイレクトに伝わるためです。

 

身体を休めているつもりでも、就寝中は、かなりのエネルギーを消費しています。

そのため、朝一番に口にするものは、身体が素直に受け入れてくれるので、栄養が浸透しやすいそうです。

 

野菜の成分を多く含んでいる青汁を朝一番に飲むことで、野菜不足を感じている人も、得しっかりと野菜の栄養を補給することが可能なのだそうです。

寝起きの朝食前に飲むと便秘改善に期待できる?

寝起きの、さらには朝食前に青汁を飲むと、青汁に含まれる食物繊維が腸内にはたらきかけてくれるので、お通じの改善につながります。

 

よく朝一杯のお水を飲むと、お通じが良くなるといわれていますが、仕組みはそれと同じで、胃や腸に刺激がいくので、便秘が解消されるそうです。

 

ただしここでは注意が必要で、キンキンに冷えた冷たい青汁を飲むと、お通じが良くなるというよりかは胃や腸がびっくりしてしまい、腹痛の原因になってしまいます。

そのため、できるだけ常温に近い暖かさの青汁を飲むようにしましょう。

夕食後の夜寝る前に飲むと睡眠に良い影響があるって本当?

就寝2時間前青汁(特にケール)に含まれるメラトニンが眠気を誘発するそうです。

そのため、スムーズで質の良い眠りと、心地よい目覚めを期待することができるそうです。

 

また前述の通り、食事のあとや就寝前に青汁を飲むと、翌朝のお通じが良くなるので、便秘で悩んでいる方は、ぜひこの時間帯に飲むことをオススメします。

青汁の飲むタイミングって絶対守らなければいけないの?

飲むタイミングはきっちり守る必要はない

青汁はお薬ではありません。

購入時に医師から、「食事の前に飲んでくださいね」なんて指定をされているわけでもありません。

そのため、青汁を飲むタイミングをしっかりと守る必要はないのです。

 

絶対にこの時間に飲まないと効果を実感できなくなる…と神経質に考えてしまうと、ストレスもたまりますし、余計に体調を崩してしまいそうですよね。

ですので、きっちりとタイミングを守ることはしなくても問題はありません。

 

いつも食後に飲んでいたけど、お腹がいっぱいで飲めない…というときは、タイミングをずらして飲んでも身体に悪影響はありませんので、ご安心ください。

一番大切なのは、継続して飲み続けること!

飲むタイミングをしっかりと指定されていないのですが、効果を得たいのであれば必ず飲む続けることを意識してください。

美容効果も健康も、一日青汁を飲んだくらいでは手に入りません。

 

毎日継続して飲むことで、美肌効果を得ることができたり、体質改善につながるので、一度飲み始めましたら、しっかりと続けて飲むようにしましょう。

 

ただし飲みすぎには注意が必要です!

青汁には食物繊維が豊富に含まれているので、の見すぎてしまうとお腹の調子が悪くなります。

 

必ず購入をしたときに書かれている一日の摂取量を守って、飲むようにしてください。

早く効果を得たいからといって、大量摂取することはNGですよ。

目的別のおすすめの青汁を紹介

メラトニンが豊富なステラ「贅沢青汁」

特徴

青汁なのに液体ではなく、錠剤タイプのものです。

青汁独特の苦みや青臭さが苦手で、今までで飲むことができなかった…という人でも、青汁を飲んでいるのと同じ成分を含む錠剤なので、気分よく栄養補給をすることができます。

 

最近はやりの飲みやすいといわれている青汁には、青汁本来の栄養素が少ないといわれていますが、こちらは錠剤タイプですので、苦みの強い青汁の栄養成分をぎゅっと一粒に濃縮しています。

 

液体になっていない青汁なので、苦みや臭みを感じずに、高い栄養素を身体に補給することができます。

またホームページによりますと、お客様満足度が90%とかなり高く、飲み続けている人が高い効果を実感していることが分かりますね。

参考価格

通常購入価格は4743円で、定期購入価格は3320円です。

内容量

1袋90粒入りです。

主原料

クロレラ、ケール、長命草粉末

食物繊維が豊富な「トクホの青汁」

特徴

食後の血糖値上昇が気になっている方に向けて販売されているのが、トクホの青汁です。

こちらの青汁は、糖分の吸収を穏やかにするといわれている「難消化性デキストリン」が含有されている青汁で、糖を体内にゆっくりと吸収することで、血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。

 

しかも使用している大麦若葉は、すべて無農薬栽培をされたもので、これには食物繊維もふんだんに含まれているため、お通じが気になる方にピッタリの青汁だそうです。

 

ここまで身体に良い成分が含まれていると、苦みが強いのでは…?と想像しがちですが、トクホの青汁には抹茶が含まれているので、スッキリとした飲み心地を実現しました。

継続して続けることが重要な青汁ですので、これなら毎日飲めそうですね。

参考価格

通常購入価格は3800円ですが、定期お届けコースにお申込みいただきますと、初回限定で1000円で購入ができます。

一回目の購入が終了しましたら、定期コースの方は、定期購入価格3420円(通常価格の10%オフ)で購入ができます。

内容量

204g(6.8g×30袋)

主原料

水溶性食物繊維(難消化デキストリン)、大麦若葉粉末、抹茶、緑茶抽出物

毎日の青汁で健康を目指そう!

青汁を飲むタイミングを気にすることはありませんが、飲むタイミングによって得られる効果に差があることが分かりましたね。

 

今自分がどんな体調で、今後どのような効果を得たいかを重視して、飲むタイミングを決めると良いでしょう。

また最近は様々なタイプの青汁が販売されているので、自分のライフスタイルに合った青汁を購入して、継続して飲み続けるよう意識してくださいね。

PICKUP CONTENTS

トップへ