ヘルスケア

柔らかい便と硬い便の両方が出るのは、どうして!?原因と対策は?

柔い便と硬い便の両方が一緒に出てしまう過敏性腸症候群の「混合型」と考えられます。

ストレスが原因で神経に異常が起こっていることが考えられ、溜まっているストレスから解放されることが、症状の緩和につながることも多いです。

混合型の過敏性腸症候群について症状の対策方法も合わせてご紹介します。

過敏性腸症候群「混合型」の症状とは

混合型の過敏性腸症候群って?

過敏性腸症候群の混合型は下痢と便秘の両方が起こっています。

過敏性腸症候群を分類しているRomaⅢによると、混合型の過敏性腸症候群は下痢型と便秘型の両方を満たした場合です。

軟便や水様便が25%以上を占め、なおかつ硬い便やウサギの糞のような便が25%以上になった際に混合型の過敏性腸症候群と診断できます。

混合型の特徴や症状は?

下痢と便秘のどちらも起きる可能性を持っているのが混合型ですから、下痢型と便秘型のどちらの症状も当てはまります。

過敏性腸症候群の症状に排便後に腹痛などの症状が軽くなり、これは下痢と硬い便が一緒に出る混合型においても当てはまります。

下痢型の症状が強い場合、トイレに行く回数が多くなります。

お腹がゆるくなってしまうのが下痢型の特徴です。

またこの時に腹痛や腹部の違和感などを感じることがあります。

便秘型は硬い便が出やすいので、排便回数が少なくなりがちです。

便がお腹の中にたくさん溜まると、お腹が重い感じがしたり、気持ち悪い感じがしたりと精神的にも負担になります。

ただし下痢型、便秘型だから下痢や便秘を伴っているというわけではありません。

RomaⅢの分類ではあくまでも便の性状をメインにして分けています。

混合性は硬い便、やわい便のどちらもある状態ですから、下痢になる可能性と便秘になる可能性のどちらもあります。

過敏性腸症候群「混合型」の原因は?

過敏性腸症候群の原因はストレスや不安などによる環境的な問題、真面目や心配性など本人の性格によるもの、睡眠や食べ物、運動などの生活習慣によるものの3つが関与しています。

混合型の過敏性腸症候群の場合、ストレスや緊張、不安などの環境的な問題によるものが強いと考えられています。

腸は精神的ストレスに敏感!

腸はストレスや緊張などに過敏に反応します。

例えば試験前にお腹が痛くなった経験はありませんか?

あれは緊張によって脳から腸に神経の興奮が活発に伝わるので、腸の動きが活発になってトイレに行きたくなる仕組みになっています。

ですからストレスや緊張を感じると、すぐに腸の動きに関係してくることがあるのです。

神経はシチュエーションによって強くなったり弱くなったりします。

なんで緊張でお腹痛くなるの?

お腹は自律神経という意識しなくても調節してくれる神経によって動かされます。

働いたり走ったりしている時には自律神経の一部である交感神経が優位になります。

この神経はお腹の動きをゆっくりにします。

家に帰ってのんびりしている時には副交感神経という自律神経の一種が活発になります。

こちらはお腹の動きを良くする神経ですので、ゆっくり休んでいる時に腸での吸収や便が作られやすいです。

このように神経は自分が置かれている状況に応じて活発になったり、休んだりします。

ストレスや不安、緊張は自律神経のバランスを崩すことが知られています。

そうなると外に出ている際にも副交感神経が活発になって下痢になりやすくなったり、家にいても交感神経が強くなって便が作られにくくなったりします。

混合型はこれらのバランスの不具合がもっと短時間で起こっていると考えられます。

つまり腸の動きが活発になって便が柔くなったり、腸の動きが遅くなって硬い便が作られたりという動きで、やわい便と硬い弁の両方が出ていると考えられるのです。

混合型の過敏性腸症候群の対策方法は?

混合型の過敏性腸症候群の治療は薬物治療が主です。

お腹の調子を整えたり、不安などが強い場合には不安を和らげる薬を飲んだりします。

ただし過敏性腸症候群は一旦発症するとなかなか良くなりません。

その間ずっと薬を飲み続けるのも大変ですから、ここでは薬以外の過敏性腸症候群の対策方法についてご紹介します。

ストレスの解消をすることが一番!

混合型の過敏性腸症候群はストレスや緊張などの精神的な部分から来ていると考えられます。

日々のストレスを解消することで過敏性腸症候群の症状が軽くなることがあるのです。

まず自分がストレスに感じていることが何なのかを知りましょう。

仕事なのか、人間関係なのか、お金のことなのか人によってストレス源は異なります。

ストレスに感じるものがわかったらそのストレスから距離を置くことはできないか考えてみてください。

仕事などどうしても避けられないものがストレスに感じる場合は、以下のような方法でストレスを和らげてみましょう。

ストレスの解消法は色々あります。

ストレス発散方法を紹介!

気分転換に出かける

趣味に打ち込む

例えば趣味に打ち込むのはいいストレスの解消になります。

フットサルやバレーなどのスポーツでもいいですし、読書や音楽などでもいいです。

日々の生活にはない刺激を受けることで、いい気分転換になります。

運動をする

運動を行うことで体の調子を整えることができます。

適度な運動を行うと、乱れてしまった神経のバランスが元に戻りやすくなります。

運動を行うことでストレスの発散も期待できます。

ただし激しすぎる運動は腸などの臓器に負荷を与えるためよくありません。

初めはジョギングやウォーキングなど軽い運動から始めて、体が慣れた頃に負荷の強い運動を行ってください。

マッサージする

マッサージや整体などに行くことでもストレスの解消につながります。

仕事で硬くなっている体の筋肉をほぐしてもらうと血行が良くなってリフレッシュできます。

家で出来ることは?

アロマでゆっくり

家でできるストレス解消法としてはアロマなど、匂いを楽しむものがオススメです。

リビングなど部屋に置くタイプのアロマやお風呂の中に入れて楽しむアロマなど種類は豊富です。

ラベンダーの香りにはリラックスが期待できるので、自分が好きな匂いのアロマを設置して、部屋でリラックスできる環境を整えましょう。

食事を変える

ストレス解消ほどではありませんが食事にも気を配りましょう。

過敏性腸症候群を発症している方の多くは腸内環境が乱れていることが多いです。

アルコールや辛いものはお腹を緩くすることがありますから、下痢をしやすい人は避けてください。

砂糖や脂肪を多く含む食べ物は便が硬くなりすぎてしまいがちです。こちらも食べ過ぎには注意しましょう。

お腹を整えるためにはヨーグルトなど乳酸菌が豊富な食べ物がオススメです。

腸の善玉菌が増えやすくなるので、食後のデザートにはヨーグルトを食べるようにしましょう。

食生活で大切なのはバランス良く食べることです。

お腹にいいからといってそれだけを食べていても、体全体のことを考えると良いとはいえません。

間食もお腹の調子を崩す原因になりますから、間食を避けて3食栄養のバランスが整ったご飯を食べるようにしましょう。

薬に頼りたくない!そんな人におすすめのサプリメントは?

薬に頼りたくないという人のためにサプリメントをご紹介!

ヨーグルトや乳製品が苦手な人はなかなか乳酸菌を摂取する機会は少なくなってしまいます。

そんな人にはサプリで乳酸菌を摂取することをおすすめします!

是非参考にしてみてくださいね!

日清食品 アレルライトハイパー

植物性乳酸菌を使用したサプリメントで、1日2粒で約5000億個の乳酸菌が配合されています。

普段の食事では摂取することができない「リフレクト乳酸菌(T-21株)」という貴重な乳酸菌なのです。

低カロリーで小さいタブレットなので、女性にも飲みやすいのが特徴。

そしてこのサプリを製造しているのが、あのお馴染みの日清食品ということで安心して飲めると愛用者多数!

乳酸菌を手軽に摂りたい人におすすめのサプリです!

日清食品のサプリ「アレルライトハイパー」の口コミやキャンペーンを紹介

まとめ

やわい便と硬い便が一緒に出てしまう混合型の過敏性腸症候群は、どのように対策すべきか悩みやすいです。

混合型の過敏性腸症候群で大切なのはストレスの発散です。

自分だけのリフレッシュ法を見つけることで日頃のストレスから解放されます。

そしてサプリを利用して腸内環境を整えることを目指すのもおすすめです!

ぜひ自分に合った対策方法を探してみてください。

参考サイト過敏性腸症候群(IBS)の病態|高野病院

ABOUT ME
asamin
九州出身♥自然大好き!旅行大好き!フットワークが軽いのが自慢です! nanairoでは、美容と健康を担当しています(^^)