ヘルスケア

便秘の時のおなら問題。におい、回数が増える悩みを解消したい!

便秘になるとお腹が張って不快ですし、おならの回数が増えてしまいますよね。

しかも、便秘中のおならはいつにも増して悪臭となることが多いです。その臭いから「お腹の中で何が起こっているの!?」と不安になるものです。

便秘中に生じる臭いおならやその回数の増加など、人に相談しづらいナイーブな問題は様々な原因から生じています。

こちらでは、おならが臭くなったり回数が増えたりする原因とその対策方法をご紹介します。

おならに関する問題だけでなく、悩みの種となる便秘の予防にも繋がりますから是非お役立てくださいね。

便秘の時におならがにおう原因は?

便秘の時におならが臭い原因としては、腸内に溜まった便が関係したものから食生活や食べ方といった意外なものまで多岐にわたります。

おならが臭くなる原因に心当たりがないかどうかチェックしながら見ていってくださいね。

腸内にたまった悪玉菌が悪臭(有毒)ガスを発生させる

私たちの腸の中には、善玉菌と悪玉菌が存在します。便秘の状態が続くと、腸内にある善玉菌の数が減る一方で悪玉菌の数がどんどん増えていきます。

善玉菌が腸内環境を正常な状態へと整えるという嬉しい作用があるのに対し、悪玉菌は腸内にあるタンパク質を分解してアンモニア・硫化水素・インドール・スカドールなどの腐敗臭のするガスを発生させるという嫌な作用があります。

特に、悪玉菌が増えるとインドールやスカトールといった悪臭の原因となるガスが多く発生してしまいます。

こうしたガスはおならを臭くするだけではなく、おならとして外に出さないと腸を傷つけながら血管から体内へと吸収されます。

血管に吸収されると血液をドロドロにさせ、動脈硬化や基礎代謝の低下といった太りやすい原因を引き起こします。

血管から全身にガスが巡ると、新陳代謝の低下・肌荒れ・セルライト・むくみ・肩こりや腰痛と様々な体の不調が現れます。

さらに悪化して肺からガスが出てきた場合には、酷い口臭や体臭の原因となります。

有毒なガスによって免疫力が低下したり風邪を引きやすくなったりと、美容面だけでなく健康面でも悪影響を与えてしまうのです。

直腸に便がたまっている

便秘の状態が続くと肛門のすぐ近くに位置する直腸にまで便が溜まっていることがあります。

便自体にニオイがあるかと思いますが、そのニオイがおならと一緒に出ることで臭くなってしまうのです。

また、便が出ているのにも関わらずおならが臭くなっている場合には、腸内に便がこびりついている宿便があることが考えられます。

便が出ない状態のことを便秘というのに対し、宿便とは腸内にこびりついて残った便のことで残留便といわれることもあります。

この宿便からもニオイの原因となるガスが発生し、おならが臭くなることもあります。

咀嚼する回数が少ない

人によって食事での癖や食事の摂り方は異なるかと思いますが、その中でも「口にした食べ物を咀嚼する回数が少ない」ことがおならを臭くしていると考えられます。

咀嚼によって口にした食べ物を消化吸収しやすい状態にしています。

しかし、十分に噛まずに咀嚼する回数が少ないと、食べたものの消化がうまく行われないまま腸に行き、そして腸内で腐敗しやすくなります。

腸内で生じる腐敗臭も臭いおならの原因となりますから、あまり噛まずに飲み込んでしまう癖のある人や食べるのが早い人は注意が必要ですね。

ストレス

大きなストレスを受けたりストレスが蓄積されたりすると、いろいろな不調が体に現れます。

特にその中でも臭いおならに関係するのが、「ペプシンの分泌が十分に行われなくなる」「腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱まる」という2点です。

まず、ペプシンとは胃の消化酵素で、口にした食べ物を胃の中で消化する役割を果たしています。

このペプシンの分泌量が減ると当然本来ならきちんと行われる消化も行われなくなり、摂り入れた食べ物が未消化のまま腸に行き腐敗します。

また、ストレスを感じると自律神経のうち交感神経が優位な状態が続きます。

交感神経が優位だと腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱まり、腸内の便を排泄のためにうまく動かしていくことが難しくなります。

その結果として腸内に長い間便が溜まることになり、便からニオイの原因となるガスが発生するのです。

食生活に問題あり

動物性のタンパク質・脂肪そして糖質の過剰摂取は悪玉菌の増殖に繋がります。

先述の通り、悪玉菌の増殖は臭いおならの原因となりますから、これらはニオイの元となる食べ物と言っても過言ではありません。

甘いスイーツ・ファストフード・レトルト食品・肉類中心の食事など、偏った食生活を続けているとそれだけおならが臭くなります。

便秘でおならがにおう時の対策は?

便秘で腸内に溜まった便のみならず毎日の食事の内容やその食べ方、そしてストレスといった要因がおならを臭くしています。

おならが臭くなるとそれだけでも嫌なものですが、そのガスが体内に吸収されると健康を阻害する恐れもありますから、少しでも解消したいですよね。

次に、便秘でおならが臭い時の対策を紹介します。

食べ物に気を付ける・嫌なガスを減らせられる姿勢になる、といった少しの心掛けで嫌なおならを撃退できますよ。

善玉菌を増やす

善玉菌には悪玉菌の数を減らしたりその働きを抑えたり、といった腸内環境を正常な状態にする嬉しい作用があります。

したがって臭いおならを解消するには、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことが欠かせません。

「善玉菌の1種である乳酸菌を摂る」あるいは「善玉菌の餌となるオリゴ糖を摂取する」の2つが効率良く善玉菌を増やせられる方法となります。

乳酸菌が豊富な食べ物:ヨーグルト、漬物、醤油、納豆など

オリゴ糖が豊富な食べ物:バナナ、玉ねぎ、はちみつ、大豆製品など

オリゴ糖に関しては、砂糖と同様に使用できるオリゴ糖が市販されていますから、それを活用するのも良いですね。料理や甘味料として市販のオリゴ糖を使用する場合には、使用量に気を付けてくださいね。

また、日本人の体質として、乳製品が合わず下痢になるということもあります。

もしも、ヨーグルトを食べて下痢になるようであれば、無理して食べずに善玉菌が豊富な食材を取り入れた日本食でカバーしましょう。

和食中心の食生活を心がければ、乳酸菌を摂取しながらバランスの悪い食事内容の予防が可能となりますよ。

ガスを増やさない

善玉菌を増やすこともガスを増やさないための有効な手段です。

さらに、白湯を取り入れたり3日間野菜中心の食事にシフトしたりすると、嫌なガスの抑制に役立ちます。

1.白湯を飲む

46~48℃ほどの熱い水である白湯を飲むと、腸内のガスを溶け込ませて吸収するほか宿便を取り除いて腸内を綺麗にする効果を得られます。

まさに、ガスを減らしながら臭いおならの原因となる宿便を一度に解消できる飲み物となっています。

特に、朝の起床後すぐのタイミングで一度飲むと、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進して快便へと導いてくれます。

朝の新しい習慣として白湯を取り入れてみてはいかがでしょうか?

2.3日間野菜中心の食事にする

口から摂り入れた食べ物が、消化器官を巡って消化されて便になるまで一般的に50時間かかるとされています。

動物性タンパク質や脂質、そして糖質の過剰摂取が臭いガスを生み出すのですから、これらの食べ物を3日間の期間だけ一時的に断って腸内をリセットすることも効果的!

上記でご紹介しました乳酸菌に富む食べ物を積極的に摂取すれば、相乗効果からより早くそして効果的に腸内を綺麗にできます。

できるだけガスをだす

女性の場合には特におならを我慢してしまいがちです。おならが臭い場合にはなおさらです。

しかし、腸内で発生したおならを我慢すればガスが溜まってさらに臭くなるだけでなく、体内に吸収されてしまえば様々な悪影響を受けてしまうことに。

そのため、おならは我慢せずにできるだけ出すようにしましょう。

我慢せずに出すことで臭いおならがさらに臭くなる悪循環を断つことができますし、何と言っても生理現象の1つであるおならを我慢するとそれだけ体に良くありませんよ。

うつぶせになる

おならを我慢せずに出すとは言っても、時と場合によっては出したくても出せないことがありますよね。

そこでお勧めしたいのが、うつ伏せの姿勢になることです。

ガスは軽く上に上がってくる性質があるため、仕事から立ち姿勢や座り姿勢が1日中続くと、ガスが下に降りてこずにおならを出したくても出せない状態になります。

そこで、うつ伏せの体勢で左右にゴロゴロすることで、腸を揺すってガスを出やすい状態に持ってくるのです。

  1. 約10分間、床やベッドでうつ伏せになります。
  2. 1の状態でそのまま左右にゴロゴロ寝転がる運動を5回以上行いましょう。左右に転がる際には、お腹や腰に加えて肩も使って全身で転がるようにしましょう。

テレビを見ながら・本を読みながらなど、何かをしながらできるのが嬉しいですね。

うつ伏せの際にはお腹の下に枕やクッションを入れて圧迫するとより効果的!就寝前がベストタイミングとなっていますから、入眠儀式の1つとして始めたいですね。

おならがにおうのは、腸内が正常な状態にないというサイン!

おならが臭くなるとそのニオイ自体も嫌なものですが、腸から体内に吸収されれば美容や健康を阻害する原因となります。

したがって、おならが臭くなった時には我慢せずにしっかりと出しながら、ストレスや食生活など何らかの原因から生じていると考えてきちんと対処することが大切になります。

ニオイ悪化の原因となる悪玉菌を減らすために善玉菌を増やしたり、偏った食生活を改善したりと、ご紹介しました方法を行って腸内を健やかな正常な状態に戻してあげましょう。

参考文献 武田薬品工業株式会社

参考文献 みやけ内科 循環器科

ABOUT ME
asamin
九州出身♥自然大好き!旅行大好き!フットワークが軽いのが自慢です! nanairoでは、美容と健康を担当しています(^^)