ヘルスケア

便秘のタイプは人それぞれ!でもそれって、思い込み便秘じゃないよね?

便秘に悩まされている女性は多くいるようですが、実は排便がないからと言ってすべての症状のことを便秘というわけではありません。

なかには、自分で便秘だと思い込んでしまっている「思い込み便秘」になっている人もいます。

そこで今回は、便秘の定義やそのタイプ別の症状、原因などを詳しく紹介していきたいと思います。

便秘には定義がない!

排便が毎日出るかどうかや、排泄物の量には個人差があります。

排便が3日以上されないと便秘になる、と言われることもありますが、実は便秘には基本的には定義はありません。

回数や量にかかわらず、残便感があったり、排便の際に苦痛を感じたりといった場合は総じて便秘と判断されるようです。

また、以下の3つの機関では便秘の定義を以下のように述べています。

日本内科学会は3日以上排便がない、もしくは毎日排便があっても残便感がある。

日本消化器病学会は排便が数日に1回程度に減少し、排便間隔が不規則、弁の水分含有量が低下している状態(軟便)を指しますが、明確な定義はない。問題となるのは排便困難や腹部膨満感などの症状を伴う「便秘症」。

国際消化器病学会(RomeⅢ)は排便回数が週3回未満、硬便が排便時の25パーセント(4回に1回は硬便)、用指的排便(指や綿棒を使って強制的に排便させる行為)が25パーセント以上、努責(排便時に強くいきむ)・残便感・閉塞感がみられる頻度が25パーセント以上、これらの症状が6か月前から少なくとも3か月で見られる場合は慢性便秘。

便秘のタイプ別症状と原因

一概に便秘といっても、すべてが同じ症状であるわけではありません。

便秘はその症状や原因によって、「機能性便秘」「一過性便秘」「習慣性便秘」「器質性便秘」といったタイプに分類することができます。

機能性便秘

機能性便秘とは、胃や小腸、大腸などの消化器官の機能低下が原因で起こる便秘のことをいいます。

一時的に消化器系に異常が生じているだけなので、病気に由来しているわけではありません。

むしろ毎日の生活習慣や食生活の乱れが深く関係しているので、日常生活を見直すことで症状の緩和が期待できます。

一般的に便秘と言われている症状は、機能性便秘を指すことがほとんどです。

また、機能性便秘はさらに「一過性便秘」「習慣性便秘」の2つのタイプに分けられます。

一過性便秘

一過性便秘とはその名の通り、一時的にみられる便秘の症状のことを指します。

ストレスや暴飲暴食などの食生活の乱れ、大きな環境の変化などで発症することが多いようです。

例えば旅行先で緊張して排便が困難になったり、過度なダイエットで食事の量が減ったりと言った場合は一過性便秘に分類されます。

一過性便秘を治すためには、原因を追究する必要があります。

例えば食生活を見直したり、ストレスの源を見つけ、自分なりのストレス解消法を実践したりと、日常生活を改善することで症状の緩和が期待できます。

一過性便秘といえども、そのまま放っておけば慢性化する危険性も低くはないので、早目に対処することが大切です。

習慣性便秘

習慣性便秘とは、排便の習慣が不規則になったことで肛門の近くの便が来ても便意を感じなくなってしまった症状のことをいいます。

また、習慣性便秘はさらに「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」の3つのタイプに分類することができます。

「弛緩性便秘」

日本人に最も多い便秘のタイプで、腹筋が弱い高齢者や女性、運動不足の男性などに多く見られます。

大腸を動かすための筋力が低下していることが主な原因と考えられており、これにより腸の蠕動運動が不十分になり、便秘の症状を引き起こします。

そのほか特に高齢者に多い原因として内臓が垂れさがってしまっていることや、無理なダイエットによる筋力低下などが原因となり得ます。

また、弛緩性便秘の場合は黒っぽくコロコロした便が出やすくなり、残便感もあるためすっきりしないことが特徴として挙げられます。

そのほか便が腸内にたまることで悪玉菌が増え、有毒なガスが発生し、身体に不調を及ぼすことも。

具体的にはお腹が張り、肌荒れが起こることでストレスが溜まり、精神面にも悪影響を与えることがあります。

「痙攣性便秘」

痙攣性便秘は生活習慣や精神的なストレスが原因で起こりやすいタイプの便秘です。

食後に下腹部の痛みを感じたり、便秘と下痢が交互にみられたりといった症状がみられる場合、痙攣性便秘になっている可能性があります。

そもそも精神的なストレスがどうして便秘に影響してくるかと言いますと、これには自律神経が深く影響していることが分かってます。

ストレスが過度に溜まると、交感神経・副交感神経のバランスが崩れ、自律神経の乱れを引き起こします、自律神経は消化や代謝をコントロールしている器官でもあるので、バランスが乱れることで腸の収縮を過度に活発化させてしまい、痙攣したような状態にさせます。

これにより便が行ったり来たりを繰り返し、正常に排出されなくなることで便秘になります。

痙攣性便秘の場合、便通を良くするために便秘薬や食物繊維を摂取することは逆効果となります。

先述した通り、痙攣性便秘は大腸が過剰に収縮してしまっている状態によるものなので、さらに大腸の働きを活発化させるようなものを摂取してしまうと余計に症状を悪化させる原因となるので注意しましょう。

「直腸性便秘」

直腸性便秘とは、肛門付近に異常が生じていることで便が排出されないといった症状を指します。

排便時に痛みや違和感があったり、強くい菌でも顔が赤くなるだけで便が排出されなかったり、かなり硬い便が排出される場合は直腸性便秘の可能性があります。

痔や直腸瘤を患っている人や、日常的に便意を我慢している人は直腸性便秘になりやすいので注意しましょう。

器質性便秘

大腸や小腸、胃、肛門などに何かしらの疾患を患っている場合に起こる便秘のことを器質性便秘と言います。

具体的な病気としては、大腸がんや腸閉塞、腸ねん転、腹膜炎、潰瘍性大腸炎、子宮筋腫などが挙げられます。

器質性便秘の場合は、排便が困難なだけでなく、吐き気やおう吐、発熱、腹部の激痛などの症状が併せて出現することが特徴として挙げられます。

また、心当たりもないのに急に便秘になったり、便に血や粘膜が混ざっていたりといったことも見られるようです。

器質性便秘の場合は原因となっている疾患を治療しなければ本質的な改善は見込めません。

心当たりがある人ははぜひ一度病院を受診してみてください。

便秘を放置するとどうなる?

「たかが便秘」と便秘を軽視していませんか?便秘は放っておくといろいろな不調の原因となるほか、先述したような病気によって引き起こされていることもあるので、早目の治療が必要です。

特に大腸がんや腸閉塞など、生命にかかわる大病も便秘に深く関係しているので、ひどい便秘の症状がみられたときは病院に行くことをお勧めします。

辛い便秘は我慢しないで!

いかがでしたか?便秘の原因や症状、つらさは人によって異なります。

特に日頃からひどい便秘に悩まされている人は我慢せずに一度病院を受診してもらうことも検討してみると良いでしょう。

便秘で病院に行くのを恥ずかしいと思う人もいるでしょうが、つらい症状を我慢し続けるよりはとても良いことだと思います。ぜひ参考にしてください。

参考文献日本内科学会

参考文献日本消化器病学会

参考文献イチジク浣腸

ABOUT ME
asamin
九州出身♥自然大好き!旅行大好き!フットワークが軽いのが自慢です! nanairoでは、美容と健康を担当しています(^^)