ヘルスケア

肩こり・腰痛がひどい…。もしかして更年期障害の症状かも!原因と対策法

更年期は45歳から55歳までのおよそ10年間です。

その間、更年期障害といわれる症状が女性たちを悩ませます。

更年期障害の代表的な症状といえばホットフラッシュですが、最近は更年期障害として肩こりの症状を訴える人の方が多くなっているというデータもあるということです。

女性は更年期を避けて通れませんので、少しでも快適に過ごしたいですね。

更年期の肩こりや腰痛、原因や解消法とはどんなものでしょうか。

肩こり・腰痛の原因

更年期の肩こり、腰痛とは

肩こり、腰痛は更年期障害の症状の一つです。

20代の若い人の中にも、肩こりや腰痛で悩んでいる人は大勢います。

しかし、更年期になると、この症状は一層ひどくなってしまうのです。

更年期に肩こり腰痛がひどくなるのは、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が原因です。

更年期になると、閉経に向かって徐々に卵巣機能が衰え女性ホルモンのエストロゲンが作られなくなります。

すると脳の視床下部は卵巣にエストロゲンを作るよう指令を出します。

ところが、卵巣の機能が低下しているためエストロゲンは作られません。

指令を出したのにエストロゲンが作られないことで、視床下部はパニックに陥ります。

視床下部は自律神経と深く関わっているため、自律神経も混乱してしまいます。

つまりエストロゲンが不足すると、自律神経の働きを乱すというわけです。

自律神経が乱れると、筋肉や関節の血行が悪くなって酸素や栄養が筋肉に届きづらくなるのです。

そこで、筋肉が柔らかさを保てなくなり痛みが生じます。

原因

血行が悪くなる

肩こりとは、首から肩甲骨にかけての痛みや、こりをいいます。

こりとは、簡単にいえば緊張感のことです。

首から肩甲骨の間の筋肉が緊張して、血行が悪くなります。

そうすると乳酸などの疲労物質が筋肉にたまってしまうのです。

それが肩こりの原因です。

腰痛も同様に、腰骨に負担がかかり血行が妨げられたために乳酸がたまって起こります。

また、骨格のゆがみによる神経圧迫が痛みを起こすこともあります。

エストロゲンの減少に伴うカルシウムの減少

腰痛の原因は、姿勢や肥満傾向などによって腰に負担をかけているといった場合が多いのですが、更年期の場合はそれだけではありません。

卵巣機能の衰えでエストロゲンが減少すると、カルシウムも減少につながります。

その結果、骨粗鬆症を引き起こして、脊椎に影響を与え腰痛になることもあるのです。

筋肉の衰え

加齢によって筋肉が衰えることも原因の一つとなっています。

筋肉が衰えると、首や肩や腰の周辺のこりや痛みをよりひどくさせます。

腰痛の場合は、老化による腹筋や背筋の衰えが腰への負担を大きくします。

一般的に筋肉はコルセットの役割をするといわれています。

そのため、筋肉の老化は腰にとって良くないのです。

眼精疲労

また、肩こりについていえば、老眼による眼精疲労も影響を及ぼします。

近年、パソコンやスマートフォンの普及により、誰もが眼精疲労を起こす可能性が高くなっています。

特に更年期の女性は、あまり長時間使用しないなど注意が必要です。

解消法

このように、更年期の女性にとって肩こりや腰痛はいくつもの原因から起こっています。

そのため解消法も一つではありません。

また、更年期になって、それまで行っていた肩こり解消法では治らなくなったという人も多いようです。

その場合は、更年期障害で血行機能が衰えたことを疑ってみましょう。

エストロゲンと似た働きのイソフラボンを摂取する

女性ホルモンのエストロゲンとイソフラボンは似た働きをします。

つまり、イソフラボンを摂取すれば、更年期対策ができるということです。

効率よくイソフラボンを摂取したい方は、「更年期サプリ」がおすすめです。

こちらの記事には、更年期サプリのメリットや選び方、おすすめ商品の情報をまとめていますので、参考にしてください。

血行をよくする

血行をよくするには体を温めることが一番です。

ゆっくり湯船で温まる、またはカイロや湯たんぽを使ってみましょう。

心臓に負担の少ない、半身浴もお勧めです。

肩と腰を冷やさないことは特に大切です。

寝る時など肩や腰が出ないよう、寝具にも気を配るとよいですね。

また、重いコートやニットではなく軽いダウンジャケット、カシミヤを着用するなどの工夫も必要です。

重いコート、ニットは血行を妨げ、筋肉を緊張させるため肩こりを悪化させます。

冬になると肩が凝るという人は、重い衣服が原因の可能性があるのです。

アロマテラピー

アロマオイルにはストレスが軽減されたり、自律神経が整ったりという作用があります。

そのため血流も良くなり、症状の改善が期待できます。

中でも次のようなアロマオイル(精油)は効果的です。

ブラックペッパー

その名の通り、胡椒の実から抽出される精油です。

肩こりや腰痛、冷え性の改善に効果があります。

ジョニパーベリー

ウッディーな香りです。

体にたまった老廃物を排出して、症状を緩和してくれます。

自律神経の乱れを改善させます。

更年期障害に効果的な精油です。

軽いエクササイズをする

肩や腰が痛いときは、激しい運動は禁物です。

無理に運動すると症状を悪化させかねません。

そこで、簡単なストレッチをやってみましょう。

ストレッチによって筋肉がほぐれ、血行がよくなります。

同時にリンパも流れやすくなりますので、効果が期待できます。

お風呂から出てすぐの血行が良くなっている時にするのが、特にお勧めです。

食べ物で対策する

血行をよくする食べ物を積極的に食べることも、必要です。

DHA

アジ、サンマ、サバなどの青魚に含まれている成分です。

血液をさらさらにする効果があります。

カルシウム

筋肉の緊張を和らげる効果があります。

牛乳、チーズ、シシャモ、煮干しなどに多く含まれています。

ビタミンB1

脳神経の緊張をとり、疲れを和らげるのはビタミンB1,主に豚肉やタラコ、ウナギに含まれています。

整形外科で診察を受ける

更年期障害は通常婦人科の診察を受けますが、肩こり、腰痛の場合は整形外科へ行きます。

整形外科では、レントゲン撮影や問診、触診、各種検査で診察され、原因が特定されます。

問診ではどの程度の痛みなのか、日常生活西賞はないのか、どんなときに痛むのかなどということが聞かれます。

聞かれる項目が多いため、最近では病院のHPから問診票をダウンロードして、自宅で記入することもできるようです。

もし、病院に行こうと思ったならばHPをチェックしてみましょう。

治療には、薬物療法、物理、装具療法、運動療法、心理療法などさまざまなものがあります。

薬だけでも、漢方薬、ビタミン剤、ステロイド剤、沈痛補助剤など多岐に渡っています。

信頼できる医師に相談して、自分にとって一番よい治療法を見つけてもらいましょう。

眼科に行く

意外かもしれませんが、パソコンやスマートフォンの使いすぎで視力が落ちていることがひどい肩こりの原因かもしれません。

小さな文字が見づらいと思ったら、眼科に行きましょう。

めがねを作ったら肩こりが楽になったという人も入るのです。

婦人科へ行く

肩こり、腰の痛みの根本的な解決としては婦人科へ行くことも視野に入れてください。

女性ホルモンの不足による不調であれば、ホルモン剤を投与することで改善が期待できます。

その結果、肩こりや腰の痛み以外の更年期の症状も改善され、楽になります。

まとめ

更年期になるとさまざまな不調が起こって、精神的に参ってしまう人もたくさんいます。

そうならないように、不調を感じたら、そしてそれが我慢できないくらいひどいものならばなるべく早く専門医の診察を受けましょう。

更年期障害は周囲の理解がなかなか得られないためにストレスも感じやすく、それがまた症状を悪化させます。

周囲に理解してもらうことも大切なのです。

ABOUT ME
kimako
奈良出身!ファッション・おしゃれ大好き!海外ドラマにハマり中。 nanairoでは主に健康ジャンルを担当しています!