FX取引

FX初心者におすすめのスイングトレード手法とは?

デイトレードとは少し違うものの短期取引の一種であるFXスイングトレード手法。忙してなかなかFX取引に時間を割けない方も取り組みやすいスイングトレードについて詳しく見ていきます。

スイングトレード手法とは?

まずはスイングトレード手法とはどんな手法なのか、以下をご覧ください。

短期売買の一種として扱われているトレード手法

スイングトレードは短期売買の一種として扱われているトレード手法ですが、デイトレードよりはポジション保有時間が長くなるのが一般的です。

デイトレードは日をまたがずにポジションを決済するのに対し、スイングトレードは数日から数週間ポジションを保有することがあります。

スワップポイントを狙った取引ではなく、トレード期間は為替相場動向や利用するチャート足の長さで変動することを覚えておいてください。

スイングトレードと呼ばれるようになった理由

数日から数週間ポジションを保有するスイングトレードですが、そもそも「スイングトレード」と呼ばれているのには理由があります。

スイングは波乗りのこと。つまり、為替レートのトレンドという波に乗って売買を行うため、スイングトレードと名付けられたのです。

為替レートはたいてい上昇・下降トレンドが発生しますが、そのトレンドに乗って売買を行い利益獲得を目指すのがスイングトレードというわけです。

日々の値動きに左右されず、比較的のんびりとできるトレード手法

スイングトレードの基本的なスタンスは、日足や1時間足チャートで底を打ったときに「買い」、または天井を打ったときに「売り」。このスタンスでエントリーすることになります。

底打ちまたは天井打ちのあとはトレンドが発生することが多く、決算ラインで指値注文をしておけばあとは自動で利益獲得も可能です。

もちろん、相場の転換要因となるニュースが流れれば予想とは反対方向に動くことがあります。そのときはあらかじめ決めておいた損切ラインで素早く損切りすることが大切です。

いずれにしろ、トレンドに乗ってある程度の期間放っておくのがスイングトレードのスタンスですから、のんびりとトレードできる手法になります。

毎日のポジションチェックは欠かせませんが、忙しいサラリーマンの方でも取り組みやすいトレード手法です。ぜひ試してみてください。

スイングトレード手法のコツ

上昇または下降トレンドに乗って売買しますから、デイトレードよりも1回の取引で狙う値幅は大きくなります。為替相場や通貨ペアによっても変わりますが、たいてい100pips~300pipsを狙うのがセオリーです。

英ポンドなど変動の激しい通貨でスイングトレードをするなら300pips以上の値幅を狙うことも可能です。

しかし、FX初心者にとってはリスクの高い取引になりやすいので、手堅く取引したいなら100~300pipsを目安にすることをおすすめします。

また、1時間足チャートを見てテクニカル分析を行いトレードするのが基本的なスタイルではありますが、ポジション保有中にビックニュースが流れることも。

ファンダメンタル要因でレートの方向性が180度変わることがありますから、スマホアプリなどで逐一経済為替ニュースをチェックすることが大切です。

通貨ペアの選び方は?

スイングトレードでどの通貨ペアを取引するのが良いのでしょうか?

以下、詳細を見ていきます。

スイングトレードに向いている通貨ペアは、流動性が高い通貨ペア

スイングトレードは100~300pipsの値幅を狙う取引手法ですから、一定以上の流動性がある通貨ペアが向いています。メキシコペソ、ブラジルレアルといったマイナー通貨ペアでのスイングトレードは不適切です。

流動性が高い代表的通貨ペアは、米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドルなどの通貨ペアになります。

特に低金利通貨の日本円と組み合わせた外貨を買うなら、わずかとはいえスワップポイントの獲得も期待できます。

スイングトレードにおいてスワップポイントは決してターゲットではないのですが、数週間ポジション保有すればある程度のスワップ収入も期待できるわけです。

値動きよりも情報の入手性

値動きも大切ですが、情報収集しやすいという観点で通貨ペアを選択することも重要です。

日本やアメリカ絡みの通貨ペアは情報がありふれていますが、豪ドルやNZドルに関する情報は米ドルに比べて少なめです。米ドルや日本円を中心にスイングトレードするのが有利でしょう。

ただし、注意点があります。ゼロ金利を解除し、さらに金利上げを検討中の米ドルを売るスイングトレード手法には要注意です。

以前でしたら米ドルを売ることでスワップポイントがプラスになっていましたが、今は米ドルも金利が高くなってきています。

通貨ペアの選択において日本円と組み合わせるのは有利に働きますが、米ドルに対して外貨を売るのはあまり有効手段ではないことを肝に銘じておいてください。

スイングトレードに利用すべき、おすすめのチャート

上でもふれましたが、スイングトレードでは日足と1時間足チャートを活用してトレードすることになります。

もちろん、月足や週足の方向性が日足と1時間足に影響をもたらすのは必至です。メインは日足と1時間足チャートですが、月足と週足チャートの動向を定期的に確認することが重要です。

また、指数移動平均線の値を21にしておくのが一つのコツです。絶対ではありませんが、21という値がトレードしやすいことで評判が高いのです。

売買のタイミングは?

指数移動平均線の値を21にしておき、ローソク足の終値が移動平均線を上回ったら買い、下回ったら売り。

これが多用されている売買タイミングです。

明瞭な売買ポイントが現れるチャート

指数移動平均線以外にも、元プロディーラーのマーフィー(柾木利彦氏)が開発した「スパンモデル」での売買は人気があります。

スパンモデルの有効性が高いだけでなく売買ポイントが非常にわかりやすく、FX初心者でも気軽に利用できる為替チャートです。

ただし、スパンモデルを搭載しているFX会社とそうでない会社があるので、利用したいなら搭載済みのFX会社を利用する必要があります。

スイングトレードの注意点は?

のんびり型の取引手法であるスイングトレードですが、注意点がありますので以下見ていきます。

リスクはしっかりと存在している

スイングトレードは数日から数週間ポジションを保有するトレードとはいえ、他の取引手法と同じようにリスクがあり、如何にリスクに対処するかが重要ポイントとなります。

リスク管理を怠らずにしっかり値幅を取る。このトレードスタイルで確実に利益率を高めていかなければなりません。

リスクを回避するために

リスクを減少させるまたは回避するためにできることの一つは、ポジション保有期間にこだわらないことです。

確かに100pips以上の値幅を取るためには数日から数週間のポジション保有期間が必須ですが、トレンドが消滅した場合、またはファンダメンタル要因で相場の方向性が変わってしまった場合には、素早く損切りすることが重要になります。

実効レバレッジにも注意して、可能な限り低レバレッジでの取引を目指しましょう。FX取引に慣れている方なら10倍ほどのレバレッジまでは許容可能と思われますが、FX初心者は高くても5倍を目途に資金管理することをおすすめします。

スイングトレードに向いている時間帯

スイングトレードに向いている時間帯は、自分が取引画面に向かえる時が一番ふさわしい時間帯と言えます。

スイングトレードは数日~数週間ポジションを保有するわけですから、特別な時間帯に何度も取引を繰り返すデイトレードのようなことはしません。

逆に、毎日相場や為替レートのチェックは欠かせませんから、相場の確認ができる時間帯があなたにとってスイングトレードに向いている時間帯なのです。

スイングトレードで参考にする指標

取引する通貨ペアに関わる重要経済指標は必ずチェックしてください。というのも、経済指標の結果次第でトレンド転換となることがあり、場合によってはすぐに利確または損切りしなければいけないからです。

たとえば、米ドル/円でスイングトレードしているなら、毎月第一金曜に発表される米・雇用統計やGDP速報値、失業保険申請数などをチェックます。

重要指標の発表予定がないなら主にテクニカル分析だけでトレードすることになります。

上で紹介したように指数移動平均線を利用することに加え、スパンモデルやボリンジャーバンドなどを組み合わせて売買ポイントを探ってみてください。

その他

スイングトレードトレンドの波に乗るのが基本ですが、トレンドの中で為替レートは上下を繰り返しますから、エントリータイミングによっては含み損を抱える期間が長くなることがあります。

トレンドの方向性を180度違うことが判明したなら損切りは必須ですが、ちょっとの含み損が耐えられずにすぐにポジションを決済してしまうのはもったいないです。

トレンドが発生していることを前提にエントリーしたわけですから、ある程度の含み損は「必要な悪」と考えてしばらく我慢することが必要です。

含み損を我慢することと損切りをしないことは全くの別物で、その見極めができるようにテクニカル分析の腕を磨きたいところです。

まとめ

スイングトレードはのんびりとFX取引できるメリットがあるものの、他の取引手法と同様に取引ルールを決めて順守しながらのトレードが必須です。

エントリー前に利確と損切りレートをしっかり決めておき、そのレートに達したら迷わず決済をすることが重要になります。

感情が揺さぶられなかなか利確と損切りができないならば、OCO(オーシーオー)注文を利用して、利確と損切り注文を事前に発注しておくのがコツです。

あとは放っておけば、指定レートに達したときに勝手に注文が成立となります。

忙しい方でも取り組みやすい取引手法のスイングトレード。取引のコツを最大限に生かして取引してみてください。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。