FX取引

事前に全てを設定して注文する「IFO注文」

FX取引には様々な注文方法がありますが、今回是非ともマスターしたいのがIFO注文です。

以前にIFD注文を学びましたが、2つ目の決済注文は「利確注文」或いは「損切り注文」のいずれかしか選択することができませんでした。

このデメリットを補完するのが今回紹介するIFO注文なのです。

IFO注文とはどんな注文方法なのか、その概要と使い方を詳しく見ていきます。

事前に全てを設定して注文する「IFO注文」

「アイエフオー ちゅうもん」と読むIFO注文ですが、これはIFD注文とOCO注文が合体した注文方法と言えます。

IFO注文は新規注文と2つの決済注文を同時に発注できる注文方法で、1つ目の新規注文が成立するとOCO注文の2つが発注となります。

OCO注文は利益確定注文と損切り注文1つずつの注文ですから、新規ポジションの利益を狙いつつ損失を一定の範囲内で抑える効果のある理想的な注文方法なのです。

簡単にまとめると、

新規注文+利益確定注文+損切り注文

この3つの注文をワンセットで発注する注文方法です。

2つ目の注文である利益確定注文が成立すると、もう片方の損切り注文は自動でキャンセルになり、その逆で損切り注文が約定すると利益確定注文が自動キャンセルになります。

IFO注文を利用する具体例

さらに理解を深めるために、IFO注文を利用する具体例を見てみます。

たとえば、ドル円通貨ペアを取引するとしましょう。現在のドル円レートは1ドル=100円です。「1ドル101円になったら買い」という新規注文を1つ目の注文とします。

新規注文が成立すると、2つの決済注文が発注になります。「105円になったら売る」という利益確定の決済注文と、「99円になったら売る」というストップロスの決済注文の2つを設定しました。

予想通りドル円レートが円安に進んだならばドル円レートが105円に達したときに利益確定となります。

逆に、予想と反対方向にレートが進行したならば99円の時点で損切りの決済注文が成立します。

新規注文:1ドル101円になったら買い

決済注文1(利益確定注文):105円になったら売る

決済注文2(損失確定注文):99円になったら売る

この3つの注文をワンセットで発注するのがIFO注文なのです。

一つの注文で新規注文から決済注文までのすべてを発注できます。

たとえば、仕事前に一つのIFO注文を発注しておき、仕事から帰ってきてFX取引ツールを確認したら自動で新規~決済注文が発注され利益が確定となっていた、ということもあり得るわけです。

IFO注文の取引手順

IFO注文の取引手順は以下のステップを踏んで発注することができます。

  1. 取引通貨ペアの選択
  2. 新規注文+2つの決済注文の指定

これだけでIFO注文の発注は完了です。

予想の範囲内で為替レートが変動すれば、自動で利益確定となりますし、万が一の場合でも損失を一定の範囲内で抑えることができます。

IFO注文のメリット・デメリット

IFO注文のメリットは1つの注文で新規注文と決済注文を発注できる点です。

ただの指値注文や逆指値注文であれば、新規でポジションを保有することはできますが、そのあとの決済注文はあらためて発注する必要があります。

しかしIFO注文なら一度発注すれば、予想の範囲内で為替レートが動けば自動で新規注文と決済注文が約定になるのです。発注の時だけ取引画面を見るだけで、後は放っておいても大丈夫です。

普段は仕事をしていて取引画面を見る暇がない人や主婦だけど仕事もしている人など、とにかく忙しい方に最適の注文方法と言えます。

ただし、IFO注文にはデメリットもあります。たとえば、発注した指定のレートに達さないと注文は成立しません。

発注レートから実勢レートが乖離し続けるならいつまで経っても約定はしませんから、再度発注しなおす必要があるでしょう。

また、新規⇒決済までは一通りのみですから、決済注文が約定したらあらためて発注しなければなりません。

IFO注文自体は非常に便利な注文方法ですが、注文成立後は取引画面に向かう必要が出てきます。

最近のFX業者の質が向上したこともあり、ほとんどのFX口座にはIFO注文が搭載されています。

しかし、中にはいまだにIFO注文を搭載していないFX口座があります。

少し複雑な注文機能ですので仕方ないことですが、IFO注文はいわゆる万能型注文機能ですから、利用するFX口座にIFO注文が搭載されていることは絶対条件と言えます。

FX口座を開設するとき、IFO注文が利用できるか確認した上で口座開設することをおすすめします。

まとめ

1回発注するだけで決済まで自動で取引できるため、IFO注文は忙しい人でも簡単に利用できます。

2つの決済注文を同時発注できることから、リスク管理と資金管理もしやすい万能型注文方法です。

FX取引で成功するために是が非でもIFO注文をマスターし、しっかりと収益を狙いたいところです。

ABOUT ME
Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。