FX取引

FX会社の選び方で注目したい5つのポイントを解説!

FX会社の選び方が大事

FX取引をする上で何より大切なのが、どこのFX会社で取引するかです。

FX会社を選ぶ際に、

  • 自分の取引スタイルはどのようなスタイルなのか
  • 投資予定資金はいくらなのか
  • 投資期間はどれぐらいを想定しているのか
  • 自分に合った取引ツールはどのようなツールなのか

などを考えた上で、FX会社を選ばなければなりません。

どこのFX会社で取引をするのかが、今後のFX取引の成果を左右すると言っても過言ではありません。

FX会社を選ぶ基準を5つのポイントに分けて説明していきたいと思います。

FX会社の選び方「5つのポイント」とは?

FX会社を選ぶときは、何かしらの基準を設けて選択することが大切です。

その基準によって、FX業者を正しく選択できるだけでなく、その後のFX取引において選択したFX口座の強みを活かした取引ができるようになります。

では、FX会社を選ぶ上で気を付けたい「5つのポイント」を見ていきましょう。

①スプレッド

スプレッドとは、買値と売値の差のことを指しており、スプレッドはFXの参加者が負担する取引コストに相当します。

  • スキャルピングを主に取引スタイルにしている。
  • デイトレードを主に取引スタイルにしている。
  • とにかくコストが気になる。

という方は、スプレッドの狭さを基準にしてFX会社を選ぶようにしましょう。

取引回数が多くなればなるほど、スプレッドが広ければ、取引コストがかさむことになります。

スプレッドが取引コストに与える影響

たとえば、米ドル/日本円を取引するときに、スプレッドが0.3銭と1銭では取引コストはどの程度違ってくるのでしょうか?

仮に1万通貨(=1Lot)の取引だった場合、

スプレッド0.3銭:取引コスト30円

スプレッド1銭:取引コスト100円

1回の取引でこれだけの差が生じます。

もし月に100回取引したなら7,000円の差額に、1000回の取引だと7万円もの差になるのです。

最近はシステムトレードが人気で、自動的に売買を繰り返す注文システムも多いので、月に1000回の取引回数も全然普通です。

現在、スプレッドが狭く設定されているのはどこのFX会社でしょうか。

米ドル/日本円のスプレッドを比較してみると、

  • SBIFXトレード:0.27銭
  • みんなのFX:0.3銭
  • 外為オンライン:1銭

このようになっています。

1回ごとの1万通貨取引コストは、

  • SBIFXトレード:27円
  • みんなのFX:30円
  • 外為オンライン:100円

となっています。

やはり短期売買をするならスプレッドが狭いFX会社を選択することをおすすめします。

②約定力

スプレッドの狭さは、FX会社を選ぶ大切なポイントですが、スプレッドと同等に大切なのが、「約定力」です。

「約定」とは、FX取引において発注した注文が成立することです。

「約定率」とは、注文通りに約定した割合、「約定力」とは、注文を約定させることのできる能力を表したものです。

レート変動が激しくない普段の為替相場のときは、約定力に違いはほとんどありません。

しかし、為替レートの変動が激しい時間帯や重要な経済指標発表時間帯に、約定力の違いが明らかになります。

FX業者の約定力が低ければ、

  • レート変動が激しいときに売買注文を発注したものの約定しない
  • 約定したものの注文価格と大きくずれる「スリッページ」が起きる

以上のことが結構な確率で起きたりします。

特にスキャルピングやデイトレードなどの瞬間的な値動きを狙って利益を取っている場合、

  • 思い通りの価格で注文できない
  • 注文そのものが受付されず「注文拒否(リジェクト)」

となると、得られたはずの利益が損失に変わったり、ストレスが溜まる一方です。

その為、短期売買のスタイルでFXを行うのであれば、約定力の強さはかなり重要になります。

FX各社、ホームページ等で約定力の強さをアピールしていることが多いのですが、自社をアピールするのは当然のことです。

できる限り第三者による判断で、真の約定力を見極めるのが最善です。

ちなみにFX会社の中で、第三者の調査で、約定力にお墨付きを与えられているのは「マネーパートナーズ」です。

矢野経済研究所という経済に関する調査・分析のプロ集団が徹底調査し約定力100%としているのは、数あるFX会社の中でマネーパートナーズだけです。

約定力を重視してFX会社を選びたいなら、マネーパートナーズで口座を開設して取引することをおすすめします。

③スワップポイント

取引スタイル次第では、スワップポイントの高さを重要な基準にして選択する方法もあります。

スワップポイントとは、2国間の金利差から発生するものですが、低金利通貨を売って高金利外貨を保有することで、毎日スワップポイントが付与されます。

スワップポイントを狙った取引では、一度外貨を買付けたら後は放って置くだけですので、忙しい方や長期的に外貨運用をしたい方に向いている取引手法になります。

同じ通貨でもFX会社が違うとスワップポイントが異なることから、平均的に高スワップポイントを提供するFX会社を選択することが重要です。

たとえば、スワップ運用における人気通貨の豪ドルですが、現在FX各社提供のスワップポイントは以下の通りです。

  • IG証券:56円
  • サクソバンク証券:55円
  • DMMFX:34円

(1万通貨ごと)

最も高いスワップポイントを提供しているのはIG証券の56円で、続いてサクソバンク証券の55円となっています。

FX会社の中でも人気の高いDMMFXですが、豪ドルのスワップポイントに関して言えばIG証券と22円もの差があり、豪ドルのスワップポイントでの運用には向いていません。

④取引ツール

同じ為替相場を相手に取引するFXですが、取引ツールが自分に合っていないというだけで利益の大小に関わる場合があります。

取引ツールが自分にとって使いやすいかどうか基準にして、比較・検討することも重要です。

FX会社はそれぞれ独自の取引ツールを開発したりして、しのぎを削っています。

今はどこのFX会社でもPCの取引ツールだけでなく、iPad、スマホ、ガラケーからも取引できるよう随時改良されています。

しかし、FX会社によってはスマホアプリには力を入れているけど、iPadアプリは作っていないなど、取引ツールに対する温度差があるのが実情です。

大切なのは、「自分の取引ニーズを満たす取引ツールが提供されているか」という点なのです。

たとえばですが、ヒロセ通商はPC取引ツールだけでなく、iPad専用アプリも提供しており、機能性や使いやすさに定評があります。

逆に、iPad版のアプリを提供していないFX業者(外為ジャパン等)の場合、iPadで取引したいならば、ブラウザ(Safari等)から直接取引するしかありません。

問題なく取引はできますが、見やすさや使いやすさなどに少し影響があるのは確かです。

自分がいつ、どこで、どのように取引したいかを考え、そのニーズを満たす取引ツールを提供しているFX会社を利用すると良いでしょう。

⑤投資情報などのサポート体制

FX取引を行なう上でファンダメンタル分析をするのが基本ですが、分析には世界経済のニュースや外国為替相場に関する情報を仕入れなければなりません。

株式投資もFX業者各社は色々と情報を配信していますが、その量と質にはやはり差があります。

もし配信されている情報に不足があれば、掴めていたチャンスを取りこぼすかもしれません。

情報量は多いのか、情報の質はどうなのかが重要になります。

情報戦が得意なFXトレーダーは、豊富な投資情報を提供してくれるのか、役に立つセミナーを行ってくれるのか等のサポート体制を基準で選ぶべきです。

株式投資もFXも、情報が何よりも大事です。

それを有効に活用する能力があるのであれば、いかに多くの情報を得られるかが勝負の分かれ目になってきます。

獲得した豊富な情報を活用すれば、スプレッドの広さを補って余りある利益を出すことができるでしょう。

数あるFX業者の中で、開設数が40万口座以上とトップクラスの「外為どっとコム」。

その理由の一つは情報力にあると言われています。

外為どっとコムで取引するつもりがないFXトレーダーさえも、情報収集のために口座開設すると言われているぐらいですから、質の高い情報やサポート体制をお望みならば、外為どっとコムは外せないでしょう。

「口座開設」の申し込みから「取引開始」までの流れと注意点

「FXの選び方で注目したい5つのポイント」を基準とし、FX業者を選択出来たら、さっそく口座開設を申込んでみましょう。

口座開設申込フォームから、必須項目をすべて入力してら送信します。

同時に本人確認書類とマイナンバーを送付します。

一般的に「アップロード・メール・FAX・郵送」の4種類のいずれかの方法で送付できますが、アップロードが一番簡単でスピーディに手続きできます。

一つ注意点ですが、申込フォームに入力した住所・名前・誕生日と、送付する本人確認書類に記載されたそれが完全に一致している必要があります。申込フォームの入力時には十分注意してください。

申込が完了すると審査が行なわれ、審査通過者に転送不要の簡易書留でIDとパスワードが送られてきます。

その情報を元にログインします。

ログイン後は資金をFX専用取引口座に入金する必要がありますが、方法は2つあります。

  1. 通常入金
  2. クイック入金

通常入金は、銀行窓口やATMから振込する方法ですが、振込手数料は自己負担です。

一方、クイック入金は、ネットバンクから振込可能で、振込手数料はFX会社が負担してくれます。

ネットバンクを利用しているなら「クイック入金」が簡単でお得です。

もしネットバンクの口座を持っていないのなら、同時に口座開設をしておきましょう。

入金が完了したら、FX取引開始です!

まとめ

「FX会社の選び方で注目したい5つのポイント」と「申込・口座開設から取引までの流れ」を解説してきました。

自分に合ったお気に入りのFX業者を選択することが、FXで利益を出す必須条件です。

  1. スプレッド
  2. 約定力
  3. スワップポイント
  4. 取引ツール
  5. 情報の量と質

これら5つのポイントを基準にして、自分の相棒とも言えるFX会社を選びましょう。

FXの良いところは、いくつものFX会社で口座を持つことができるところです。

複数のFX会社で口座を開設し、各FX会社の良いとこ取りをして自分の利益を最大化する方法を考えましょう。

ABOUT ME
yoshi
以前は証券会社に勤めていました。 週末にはバスケットボールをして汗を流しています! nanairoでは、証券会社での経験やFPの知識をもとに、FX・株の記事を中心に執筆しています。