なんだか口の中が気持ち悪い・・妊娠中のお口の不快感の原因とは?

妊娠中に口の中が気持ち悪くて仕方がない…という経験をしたことはありませんか?

特につわりの期間中は、この症状を強く感じやすいような気もしますよね。

口内環境を整えていても、歯を綺麗に磨いていても、なんだか口の中がネバネバとした感覚で、落ち着かないというこの症状は、妊婦さん特有なんですよ。

今回は、妊婦さんのお口の中の不快感についてご紹介をします。

妊娠中はお口トラブルが起きやすい?

妊娠中は、ホルモンバランスの影響により口内トラブルに見舞われやすいです。

特に歯周病や虫歯、歯肉炎にかかる妊婦さんは多く、つわりの影響で歯磨きがうまくできないと、余計に症状が悪化をしてしまうといわれています。

しかし、つわりのきつい妊娠初期~中期のころは、歯ブラシを口の中に入れるだけでも吐き気を感じてしまい、うまく歯を磨かなくては…と思っていても思うように行かないのが現実ですよね。

 

また妊婦さんの口内は、乾燥をしやすい傾向にあるため、これが原因で虫歯菌や歯周病菌が増殖をしてしまいます。

乾燥をしていることで、口臭を気にする妊婦さんも多くいるそうです。

歯の状態がおかしいな…と感じたときには、相当症状が進んでいる証拠ですので、おかしいなと感じる前に、すぐに歯科医院を受診するようにしましょう。

妊婦さんでも、麻酔を使っての歯の治療をすることは可能ですので、しっかりと歯科医師に相談をして、症状が悪化をしないよう早めに解決をするようにしましょう。

妊娠中に口の中が変化する原因とは?

ホルモンバランスの変化

妊娠中は、ホルモンバランスの影響により、歯周病菌が口内で増殖し、歯周病や歯肉炎になりやすいことはご存知でしょうか。

またつわりによる吐き戻しが原因で、口内に胃酸が長く触れている状態になるため、口内が酸性よりになり妊娠前と比べると、虫歯になる確率も高まります。

つわりの期間中は、気持ちの悪さから歯磨きがうまくできなくなり、余計に症状が悪化をしてしまいがちです。

よく妊婦さんは、虫歯になりやすい、口内トラブルに見舞われやすいといわれるのは、ホルモンバランスが大きく影響をしているのですね。

唾液の分泌量と中和機能の低下

妊娠中は、唾液の分泌量が減少をします。

そのため、口内の酸を中和する力が落ちてしまい、食事で酸性に傾いている口内をもとに戻すことができなくて、虫歯や歯周病になってしまうのです。

歯肉の免疫力の低下

妊娠をすると、ホルモンバランスの乱れにより自律神経が乱れ、免疫力が低下をすることは有名な話ですよね。

この免疫力の低下は、身体の免疫力だけでなく、歯肉の免疫力も低下させてしまいます。

そのため、歯肉炎にかかりやすくなり、ちょっとしたことで、弱った歯茎から出血をしてしまいます。

歯茎からの出血に関しては、何と全体の50%の妊婦さんが妊娠前と比べて出血をしやすくなったと感じている症状の一つなんです。

また妊娠中は、いつもと生活や体型も変わり、何かとストレスを感じてしまいがちですよね。

このストレスも歯肉炎を悪化させてしまう原因の一つです。

妊娠中にストレスを感じるなという方が酷ですが、なるべくストレスを感じないよう気分転換をしながら妊婦生活を送るようにしましょう。

歯の再石灰化の低下

妊娠中は、唾液の量が減少をするため、食事中に行われる歯の再石灰かがうまくできなくなります。

この歯の再石灰化がうまくいかないと、食後の口内が酸性に傾きがちになり、虫歯菌や歯周病菌が増殖をしてしまうのです。

歯の再石灰化がうまくいかかなくなる理由に、口内の乾燥があるので、なるべく口内が乾燥をしないように注意をしましょう。

虫歯や歯周病トラブルの予防法とは?

歯磨きをしっかりと行う

つわりがきつい妊娠初期のころは、歯を磨くだけでも吐き気がして、歯の隅々までうまく磨けない状態になりますよね。

しかしこれでは歯の健康が損なわれてしまい、余計に口内が気持ち悪い状態になってしまいます。

つわりで辛い時期でも、できるだけ歯磨きはしっかりと行うよう心がけましょう。

もし歯磨き粉の味が気持ち悪さを引き起こしているのであれば、歯磨き粉を使うのをやめて歯を磨いたり、デンタルフロスを使って歯と歯の間の汚れを落としたり…と工夫をして歯の清潔を保つようにしましょう。

つわりが辛くて、どうしようもないときは、濡らしたガーゼのハンカチで歯を磨いても良いかもしれません。

水分をこまめに摂る

妊婦さんの口内は、うるおいが足りていない状態になっています。とても乾燥をしてしまうため、ドライマウス化し、余計に口内トラブルに陥りやすいです。

このような状態を少しでも軽減させるためにも、できる限り水分を多めに摂り、こうなの乾燥を防ぐようにしましょう。

このときに、甘いスポーツドリンクやジュースを飲みたくなりますが、できる限り砂糖を使っていないミネラルウォーターやノンカフェインの麦茶、ルイボスティーを飲むようにして、体重が増えすぎないように対策をするようにしましょう。

ガムを噛む

妊娠初期のころ、つわりがひどくても、ペパーミント系のスッキリとした味のガム歯噛むことができた…と話す妊婦さんも少なくありません。

このガムをかむという行為は、噛んでいる間に唾液の分泌が盛んになるため、口内環境を整えるのには非常に向いているといえるでしょう。

唾液には、口内環境を整える効果もあり、さらには口内の乾燥を防ぐことで、虫歯菌や歯周病菌の増殖を防いでくれます。

さらに唾液が分泌されることで、口内が乾燥をしないので、気持ち悪さを促してしまう口臭も防いでくれます。

食事を摂ることもなかなか難しい妊娠初期ですが、口内をスッキリさせたいならガムを噛んでみましょう。

この時できればシュガーレスのガムを噛めば、糖分の気になる妊婦さんでも安心して噛むことができますよ。

妊婦さんにおすすめの歯磨きグッズを紹介!

妊婦さんの口内トラブルへの悩みはたくさん。

そんなお悩みにおすすめの歯磨きグッズをご紹介します。

是非参考にしてみてくださいね!

マスティック&アロマ

口臭、歯周病、虫歯のケアができる歯磨きジェルです。

一般的な歯磨き粉と違って刺激や泡立ちが少なく、お口の中を爽やかにしてくれます。

9種類のハーブの力で歯だけでなく歯茎の健康もサポート。

ジェルなので有効成分が浸透しやすく、指につけて歯茎のマッサージにも使えます。

妊娠中は特に口内のバランスが崩れてしまい、ネバついたり歯周病になりやすくなるのでおすすめです!

妊娠中は口のケアをしっかりと!

妊娠中は思わぬお口トラブルに見舞われてしまうことが多いため、しっかりとケアをしてトラブル予防をしましょう。

ホルモンバランスが乱れると、それだけで免疫力も低下をしてしまうため、どうしても口内のトラブルに陥りがちです。

また歯の治療を行うことはできるのですが、妊婦さんの大きなお腹を抱えて通院をすることは非常に大変ですよね。

なるべく口内トラブルに陥らないためにも、妊娠中もしっかりとお口の中のケアを行うようにしてください。

気持ちが悪く、歯が磨けないときに無理に磨こうとはせず、デンタルフロスやハンカチ、うがいなど…様々な方法を試してみて、自分に一番合っている方法で、ケアをしてくださいね。

 

参考文献:愛駿会 妊娠中のお母さんへ

参考文献:安原歯科医院 妊娠中の口腔乾燥症

この記事を書いたユーザー

rina
猫大好き★食べるの大好き★ROCK女子!! nanairoでは美容と健康、妊娠・育児について執筆しています。 rinaの記事一覧

PICKUP

トップへ