妊娠中に熱中症になってしまったら!?症状や赤ちゃんの影響はある?

妊婦さんは、お腹に赤ちゃんがいる分体温が上がり、夏の暑さの感じ方は人一倍強いと思います。

また、妊娠中は免疫力や体力も低下しているため、少しのことで疲れや影響を受けやすくなっています。

そのため、妊婦さんは、通常の健康な方よりも熱中症にかかりやすいといわれています。

では妊婦さんが熱中症になってしまった場合、いったいどのようにして対処をしたら良いのでしょうか。

今回は、妊婦さんの熱中症について細かくご説明をします。

妊婦は熱中症になりやすい!?

妊娠中は、多くの方がご存知の通り、ホルモンバランスが大きく乱れます。

その乱れたホルモンバランスは、自律神経を乱れさせてしまうため、身体のさまざまな箇所で異常が現れます。

特に代表的な例は、消化器官のはたらきの弱まりですが、妊婦さんの便秘や下痢、つわりの原因は、この消化器官の弱まりが関係しているとも言われています。

体温調整が上手くできなくなる

そのほか自律神経の乱れで問題なのが、体温調整がうまくできなくなるという点です。

自律神経が乱れているので、妊娠前だったら安易にできていた体温調整がうまくできなくなり、妊婦さんは妊娠中の間は比較的高体温になることが多いです。上記の点から、妊婦さんは熱中症に陥りやすいといわれているのです。

妊婦さんの高い体温は、気温の体感温度を上げてしまい、そのためいつも以上に身体を冷やしがちになります。

室内で冷えた身体は、暑い屋外に出たときに急な気温差に対応できず、熱中症にかかってしまうというパターンが多いそうです。

つわりで脱水症状になる

また、つわりの最中に夏を迎えた場合、気分が悪くて水分を摂取すること自体が辛いときもあります。

そこまで症状が悪化したつわりの場合、最悪の場合脱水症状からの熱中症になりやすく、とても危険です。

妊娠中は基礎代謝が上がっている分、疲れを感じたり、疲れやすくなったりしやすくなります。

そのためいつも以上に夏バテにもなりやすく、栄養が不足した状態では余計に熱中症になってしまうので、体調がおかしいな…と感じたときは、早急に医師に相談に行くようにしてください。

熱中症の症状

夏になると良く耳にする熱中症ですが、皆さんはどんなものなのかはご存知でしょうか。

気になる熱中症の症状とは一体どのようなものなのでしょうか。

軽度の場合
  • めまい
  • 大量の汗
  • 暑さによる疲労
  • 足がつる、筋肉痛
  • 倦怠感
  • 失神、めまい
中度の場合
  • 頭痛
  • 身体が動かない
  • 吐き気
  • 嘔吐
重度の場合
  • 意識障害
  • 痙攣
  • 失神

上記の表は、熱中症の初期症状~重度の場合の症状をまとめたものです。

多くの方が、初期の段階から体調不良を訴える場合が多いので、めまいや疲労感、倦怠感を感じたら医療機関に行くようにしましょう。

少し我慢をしてしまったら重症化してしまう可能性もありますので、早めの行動を心がけましょう。

赤ちゃんへの影響はあるの?

母体だけの問題に思われがちな熱中症ですが、熱中症にかかると胎児にも影響を及ぼす可能性があります。

まずは熱中症の初期症状といわれているめまいや立ちくらみですが、これら症状が現れている時点で、母体も胎児も低血圧状態になっていることを表します。

低血圧になっているということは、血液中の酸素濃度が下がっていることを指しますので、血液を使って酸素や栄養を得ている胎児にとっては、非常に苦しい状態になっていることが分かります。

体調が悪いな…と妊婦さんが感じ、早急に対処をした場合は問題はありませんが、体調の悪さに気付きながらも無理をしてしまうと、胎児に大きな影響が出てしまうことがあるので注意が必要です。

 

まためまいや立ちくらみがひどく、もし失神をしてしまった場合、倒れたはずみでおなかを打ってしまうと胎児にも悪影響です。

暑い夏の日に、妊婦さんが一人で外出をする場合、体調がすぐれていても何があるか分かりません。

もしものことがあったときのためにも、母子手帳を必ず持参して外出をするようにしましょう。

妊娠中の熱中症対策

それでは熱中症にならないための対策を紹介していきます。

こまめに水分補給をする

熱中症の一番の対策方法は、やはり水分補給をまめに行うことです。

なかなか気分が良くならず、水分を摂取すること自体が億劫になりがちな妊婦さんですが、できる限り水分を摂取して、しっかりと対策を取るようにしましょう。

 

この時に、カフェインが含まれるコーヒーや紅茶、緑茶などを多量に飲むのはNG です。

もちろん常識の範囲内であればカフェインの摂取は問題ないのですが、水分補給という意味合いであれば、カフェインの入った飲み物は避けるようにしましょう。

またつわりの時は、甘みの強いスポーツドリンクの味が逆に口内を気持ち悪くさせてしまい、かえって体調が悪くなってしまうこともあります。

妊娠中は味の薄い飲み物やノンカフェインの飲み物で水分補給をすることをオススメします。

日差し対策をしっかりと行う

夏の暑さが年々増しているように、日差しの強さも年々増しています。

そのため、ダイレクトに夏の日差しを浴びてしまうと、熱中症にかかりやすくなるので注意が必要です。

夏場に外出をする際は帽子や日傘を使って日差しの対策をしたり、保冷剤を持ち歩いて、簡易的にでも身体を冷やすことができるようにしたり…と対策を取りましょう。

体温調整がうまくできない妊婦さんですので、できる限り夏の一番日差しが強い時間帯は外出を控えて、もし出かける際は、少し涼しい時間帯に出かけるようにしましょう。

熱がこもりにくい服装をする

妊婦さんは身体を冷やしてはいけないという話は、間違いではありません。

しかし夏の暑いときに厚着をしすぎてしまうと、逆に体温が上昇しすぎて熱中症になってしまうこともあるので、注意が必要です。

できるだけ通気性の良い、熱のこもりにくい服装を心がけるようにしましょう。

しかし室内と屋外の温度差も激しいので、できる限り薄手のカーディガンなどを持ち歩くようにして、温度に合わせて脱いだり着たりできるようにしましょう。

熱中症対策におすすめの飲み物

熱中症の対策として水分補給は欠かせません!しかし妊娠中は飲み物にも気をつけなければならず、どれを飲めばいいのか悩む人も多いですよね。

 

一般的に熱中症にはスポーツドリンクというイメージがありますが、飲み過ぎてしまうと糖分の取り過ぎになるので注意をしましょう。

特につわりの時は、甘みの強いスポーツドリンクの味が逆に口内を気持ち悪くさせてしまい、かえって体調が悪くなってしまうこともあります。

妊娠中の熱中症対策としておすすめの飲み物は、具体的に以下のようなものがあります。

妊娠中の水分補給におすすめな飲み物
  • ミネラルウォーター
  • 経口補水液
  • ルイボスティー
  • 麦茶

このように、妊娠中の水分補給には、味の薄い飲み物やノンカフェインの飲み物を選ぶことをおすすめします。

ノンカフェインでミネラル豊富なルイボスティーがおすすめ

妊娠中の水分補給で特におすすめなのが「ルイボスティー」です。

妊娠中はカフェインの取り過ぎは胎児に悪影響を与えることがあるので、カフェイン飲料の飲み過ぎは注意が必要だといわれています。

ルイボスティーならノンカフェインなので、妊娠中や授乳中、赤ちゃんでも飲めるので安心です。

 

またルイボスティーには、ナトリウムやマグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛などの天然ミネラルが豊富に含まれています。

熱中症予防にはミネラル補給が大切なので、妊娠中に安心して飲めて熱中症対策にもなる「ルイボスティー」をおすすめします。

nanairo編集部おすすめのルイボスティー

nanairo編集部がおすすめする妊娠中に飲めて、熱中症対策にもなるルイボスティーをご紹介します。

プレミアム オーガニック ルイボスティー

プレミアム オーガニック ルイボスティー

プレミアム オーガニック ルイボスティー 飲み物

様々な健康茶を取り扱うティーライフから販売されている「プレミアム オーガニック ルイボスティー」は、高品質な茶葉を使用したルイボスティー。

プレミアムルイボスティーは特別な殺菌処理をしているので、煮出す必要がなく、水出しでも飲めるようになっています。

徹底した品質管理も行われているので、妊娠中の方でも安心して飲めます。

 

一袋にティーバックが30個入って、値段は税込1,228円ですが、定期便だと税込1,105円!!

価格も高くないので続けやすいのが、嬉しいポイントです。

初めての方はお試しセットがおすすめ

プレミアム オーガニック ルイボスティーを初めて購入する方は、お試しセットの購入がおすすめです。

お試しセットは、ポット用1パックが7個入ったものが3袋入って、税込970円で送料無料!!

 

1人につき3セットまで購入することができるので、プレママ友達でシェアするのもおすすめです。

熱中症対策だけでなく、妊娠中から授乳中、さらには赤ちゃんにも安心のルイボスティーとなっていますので、ぜひ一度お試しください。

ティーライフの公式サイトへ

熱中症かも?と思ったら病院へ行きましょう

妊娠中は熱中症にかかりやすいので、熱中症かも?という初期症状のサインを見逃さないようにしましょう。

またつわりとの見分けもつきにくく、病院へ行くタイミングを逃しがちですが、いつもより体調が悪いと感じたら、我慢をしないで早めに病院へ行くことをおすすめします。

また熱中症を予防するためには、水分補給を忘れずに行い、しっかりと対策をすることも必要です。

ノンカフェインでミネラル豊富なルイボスティーは妊婦さんにおすすめの飲み物となっていますので、ぜひ妊娠中の飲み物として取り入れてみてください。

 

参考サイト:中川産科婦人科 熱中症に気をつけましょう

参考サイト:MSD家庭版 熱中症の基礎知識

この記事を書いたユーザー

rina
猫大好き★食べるの大好き★ROCK女子!! nanairoでは美容と健康、妊娠・育児について執筆しています。 rinaの記事一覧

PICKUP

トップへ