出産のときの会陰切開とは?会陰マッサージにおすすめのオイルも紹介

目次 ※クリックで開閉します

出産が近くなると会陰切開の話を耳にする事もあるかと思います。

実際に、出産時の体験談やエッセイを見ると、会陰切開の話を見かける事もありますね。

会陰を切開すると聞くとなんとも痛そうですよね…。

では、会陰切開とはいったいどのような事をするのでしょうか?

 

今回は、会陰切開に関する内容をまとめました。

また会陰マッサージにおすすめのオイルも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

出産時に股が裂けるって本当?

出産時、全ての妊婦さんに起きるわけではありませんが、会陰部が裂けてしまうことことがあり、このことを「会陰裂傷(えいんれっしょう)」といいます。

出産時に股が裂けてしまう、というのはこの会陰裂傷の事を指しているのです。

 

この会陰裂傷の「会陰」は、膣口と肛門の間を指しています。この部分は本来、お産の時に出るホルモンによってやわらかくなり伸びるため、裂けにくくなるのですが、中には会陰の伸びが足りなくて裂けてしまう事があります。

会陰裂傷は初産の人や赤ちゃんの頭や体重が大きい人、何らかの原因で赤ちゃんが正しい姿勢で出てこなかった場合等、様々なケースから起こっています。

 

会陰裂傷はひどい時には肛門やその先にある直腸にまで影響してしまう事があり、そうなると外科手術が必要となります。

会陰切開は、このひどい会陰裂傷を避ける為に行われる事がほとんどです。また、会陰裂傷や会陰切開を避ける為に、会陰マッサージをしましょうと指導されるのです。

会陰切開とは?どんなときに行う?

上の項目でも少し触れましたが、会陰切開は膣口と肛門の間にある会陰にメスを入れる処置の事です。会陰を切る事で赤ちゃんの出口を大きくする効果があります。

会陰切開は以下の場合に行われる事が多いと言われています。

赤ちゃんやお母さんが危険な状態になった場合

赤ちゃんやお母さんに何らかの異常が出た場合や、お産が長引いて体の負担が大きすぎる時にも、会陰切開は行われます。

会陰切開を行っておくと、自然な分娩よりも早く赤ちゃんが出て来る事ができる為、適切な処置をより早く行える他、赤ちゃんやお母さんの負担を軽くする事が出来るのです。

 

また、分娩時に機械や器具を使って分娩を行う場合でも、会陰切開が行われます。

分娩時に機械や器具を使用する場のほとんどが、正常に分娩がされない場合や赤ちゃんやお母さんに異常がある場合に行われま

会陰が伸びにくく、会陰裂傷の恐れがある場合

初産等、何等かの原因で会陰が伸びにくく、会陰裂傷の可能性が高い場合に行われます。

これは、自然に避けてしまった場合よりも、メスで人工的に切った方が傷跡の方がきれいに縫合する事が出来るからです。

この他、会陰切開を行った方が会陰裂傷の時よりも傷口を小さく済ませられる場合でも行われる事があります。

 

会陰裂傷の項目でも触れましたが、会陰が裂け方によっては肛門にある筋肉や直腸をはじめとした臓器にまで傷が達してしまいます。これを防ぐために、会陰切開は行われます。

また、会陰の傷は産後の回復にも大きく影響を与えるので、できるだけ会陰部の傷は小さくしておく必要があります。

会陰マッサージとは?

会陰裂傷の予防法として、妊娠中の会陰マッサージをしておくといいでしょう。

妊娠中から会陰をマッサージしてほぐしておけば、お産の時に会陰が良く伸びるようになるのです。

実際に、会陰マッサージをしておいたお陰で、会陰の傷が浅い物で済んだという妊婦さんもたくさんいます。

 

会陰裂傷を予防・軽減する効果があるという事は、会陰裂傷を避ける為に行う会陰切開に対しても予防・軽減効果があると言えます。

この他、会陰の伸びを良くしておくと赤ちゃんもスムーズに産道を通る事が出来る為、安産の効果も期待できるのです。

会陰マッサージの方法

会陰マッサージは大体妊娠34週目前後から、週に一回会陰部を触ってみる事から始めていきます。

本格的なマッサージは妊娠37週目以降から毎日行うと効果的です。マッサージオイルを使うと滑りが良くなるため、おすすめです。

まずは、最初のマッサージのやり方から紹介します。

  1. しっかり爪を切り、手を洗っておきましょう。会陰部はデリケートな部分ですから、傷や雑菌によるダメージは最小限にしておく必要があります。
  2. 下着を脱ぎ、軽く後ろによりかかるような体制で座ります。リラックスしながらできるような場所で行って下さい。
  3. 妊娠用のマッサージオイルを手に取って、手指全体に広げます。
  4. 会陰を小さく円を描くようにマッサージしていきます。オイルを会陰部全体に刷り込むようなイメージで行って下さい。
妊娠37週目以降に行う、本格的なマッサージ

妊娠37週目は、上記の1~4に加えて、以下のマッサージを加えていきます。

膣の中に手を入れて行うので、痛みや不快感があるようなら無理のない範囲で行うようにして下さい。

  1. 両手の親指を2~4㎝程膣に入れ、肛門側を圧迫するように押します。膣に指を入れるので、不快感や痛みが無い位置で行って下さい。この時に膣の側面を広げるように行うのがコツです。
  2. 膣を押していくと、ある程度の位置で強く引っ張られるような感覚を覚えます。強く引っ張られるような感覚があったら、その場所で1、2分程その状態を保ちます。
  3. その後、膣の肛門側の縁を親指でマッサージします。ある程度ほぐれた別の縁をマッサージしていきます。
  4. マッサージをしたら、最後に親指を外側に引っ張るようにして筋肉を伸ばします。1分程度伸ばし続けたら完了です。

会陰マッサージのコツと注意点

会陰マッサージを行うタイミングですが、筋肉や皮膚がほぐれてリラックスしているお風呂上りがおすすめです。体が温まっている分、マッサージの効果も高いのです。

マッサージをする時は、5~10分程度時間をかけながら行います。

筋肉をほぐすには意外と時間がかかるので、ゆっくり行うようにして下さい。

マッサージをする時、膣の上側、尿道のある方へのマッサージは避けて下さい。マッサージは主に会陰に近い、肛門側に向かって行いましょう。

会陰マッサージにおすすめのオイル

会陰裂傷や会陰切開を予防する効果のある会陰マッサージには、マッサージ用のオイルが必要です。

会陰マッサージ用のオイルを使用する場合もあれば、市販されているマッサージオイルを使用する場合もあります。

使用できるマッサージオイルはたくさんあるので、オイルの効能や効果をよく把握し、自分に合ったオイルを使用するようにして下さい。

会陰マッサージに使用できるオイルをいくつかご紹介しますので、オイルを探すときの参考にして下さい。

ヴェレダ カレンドラベビーオイル

ヴェレダ カレンドラベビーオイル

古代エジプトより肌荒れや保湿に用いられてきた、カレンドラエキスが含まれています。

ヴェレダのカレンドラは、バイオダイナミック有機栽培農法で栽培されたものを使用しています。

赤ちゃんでも使えるほど低刺激なので、敏感な会陰部分でも安心してマッサージできるようになっています。

キク科のアレルギーがある方の使用は控えましょう。

  • 原材料:ゴマ油、アーモンド油、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、香料
  • 内容量:200ml
  • 価格:2,700円(税込)

AMOMA カレンデュラオイル

AMOMA カレンデュラオイル

ハーブの一種であるカレンデュラを漬け込んだオイルを中心に、ライスオイルとオリーブオイルを配合したマッサージオイルです。

カレンデュラオイルには皮膚を保護する効果があり、ライスオイルには保湿効果、オリーブオイルには肌のバリア機能を高める効果があります。

会陰マッサージはもちろん、産後のお母さんや赤ちゃんの肌ケアにも使用できます。

キク科のカレンデュラが配合されているので、アレルギーのある人は気を付けて下さい。お肌が弱い方はパッチテストをしてから使用しましょう。

  • 原材料:ライスオイル、オリーブオイル、カレンデュラ、コメヌカ油、オリーブ油、トウキンセンカ花エキス、トコフェロール
  • 内容量:160ml
  • 価格:2,314円(税別)

無印良品 スウィートアーモンドオイル

無印良品 スウィートアーモンドオイル

  出典:良品計画

アーモンドの種から搾ったオイルを化粧用に精製された、アーモンドオイルです。

マッサージ用のオイルで、顔やボディはもちろんですが会陰マッサージにも活用できます。

アーモンドオイルは柔らかな肌へ導き、会陰マッサージに効果的なオイルの一つです。

会陰マッサージの他、妊娠線のマッサージにも活用できるので、妊娠線のケアもしたい人におすすめです。

無印良品で販売されており、他のオイルよりも手軽に手に入りやすいオイルでもあります。

お値段もお安くなっているので、お買い求めしやすいのが嬉しいですね。

  • 原材料:アーモンド油
  • 容量:50ml、100ml、200ml
  • 価格:700円、1,200円、1,900円(税込)

妊娠トラブルレスキューオイル

妊娠トラブルレスキューオイル

  出典:ドイツ・マリエン薬局 自然療法ショップ

肌を柔らかくするアーモンドオイル、保湿と肌荒れ対策に役立つアロエベラに、ホルモンバランスを正常に保つ月見草オイルと、妊娠中の肌を正常に保つ成分がブレンドされているオイルです。

使用されている物も全て医薬品レベルの純度が高いオイルなので、安心して使用する事が出来ます。

配合されているエッセンシャルオイルには妊娠中の気持ちを落ち着かせてくれる効果もあるので、香りによるリフレッシュ効果も期待できます。

会陰マッサージや妊娠線の予防、むくみや冷え予防におすすめのマッサージオイルです。

  • 原材料:スイートアーモンドオイル、アロエベラ、ツキミ草オイル、アロマ(100%純正エッセンシャルオイル:プチグレン、ローゼ)
  • 容量:40ml
  • 価格:3,280円

まとめ

会陰切開や会陰マッサージについてみてきましたが、最後に大切なポイントをまとめました。

  • 会陰切開は出産時の負担を和らげる為や、会陰裂傷を避ける為に行われる
  • 会陰切開や会陰裂傷の予防策として、妊娠34週目以降から会陰マッサージを行うのがおすすめ
  • 会陰マッサージはお風呂上がりのタイミングがベストの時間帯
  • 会陰マッサージは無理のない範囲で行い、痛みや不快感がある場合は中止をする
  • デリケートな部分にも使えるマッサージ用のオイルや会陰マッサージ用のオイルを使用する

このように、出産時の会陰切開や会陰裂傷を避けるためには、出産前の会陰マッサージが重要となってきます。

少しでもスムーズに出産が進むためにも、マッサージオイルを使って会陰部分をほぐしていきましょう。

nanairoおすすめのマッサージオイル

nanairo編集部おすすめの会陰マッサージに使えるオイルを紹介します。

肌に優しく妊婦さんから赤ちゃんまで全身に使える、カレンドラオイルが会陰マッサージにぴったり!

出産後はベビーオイルとしても使えますので、妊娠中から出産後まで無駄なく使えるのでおすすめです。

ヴェレダ カレンドラベビーオイル

ヴェレダ カレンドラベビーオイル

  • 赤ちゃんから大人まで年齢を問わず、保湿からマッサージまで様々な目的に合わせて使えるボディオイル
  • 保湿や保護、肌荒れ防止効果に優れる、カレンドラオイルを配合し、滑りが良くマッサージにおすすめ

ヴェレダのベビーオイルは会陰マッサージとしても人気の高いボディオイルとなっています。

価格は1本2,700円ですが、2~3ヶ月使用できるサイズとなっているので、続けやすい価格帯となっています。

公式サイトなら定期購入もできますので、継続して購入したい人は公式サイトからの購入がおすすめ!

妊婦さんから産後のベビーオイルや子どもの保湿まで長く使えるスキンケアとなっていますので、気になる人は公式サイトを覗いてみてください!

AMOMA カレンデュラオイル

AMOMA カレンデュラオイル

  • 乾燥させたカレンデュラ(マリーゴールド)の花びらをライスオイルとオリーブオイルに漬け込んで抽出されたオイル
  • 100%植物性で合成香料や保存料は一切不使用。妊娠中から産後、赤ちゃんにも安心して使用できる

AMOMAのカレンデュラオイルは、単品購入なら2,314円(税抜)+送料450円ですが、まとめ買いならお得に購入可能!!

2本セットなら、1本あたり2,221円(税抜)、3本セット以上なら、1本あたり2,129円で購入することができます。

さらにセット買いなら送料無料!初めて購入する方には、専用のポンプもプレゼントになります。

会陰マッサージからベビーオイルまで幅広く使えるので、ぜひこの機会におまとめ買いしてはいかがですか?

参考文献:ベネッセ 初めての妊娠・出産 最新版 P206~P207

PICKUP CONTENTS

トップへ