妊娠中は肋間神経痛になりやすい!?肋骨の痛みの原因と対策とは?

妊娠すると、今まで感じたことのないような、あばら骨あたりの胸の痛みを感じたりすることがあります。

個人差はありますが、耐えられないほどの痛みを感じることもあり、妊娠中に苦労をする方も多くいるので、油断はできません。

なぜ妊娠中は肋骨周辺に痛みを感じるのでしょうか。

今回はそんな痛みの原因と対処法についてみていきましょう。

妊娠中に肋骨が痛む原因とは?

女性ホルモンの変化

皆さんもご存知の通り、妊娠中はホルモンバランスが大きく乱れます。

この乱れたホルモンバランスは、体調不良だけでなく自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

またホルモンの影響で出産に向けて関節も緩くなってきます。

そうすると、姿勢が悪くなり、しかも大きくなったお腹に引っ張られるように、背中が沿った感じで姿勢が変化をしていきます。

さらに大きくなった子宮に靭帯や筋肉が引っ張られて、腰痛や恥骨の痛みが発生します。

妊婦さんが感じる肋骨の痛みも、この仕組みで痛くなっているのです。

肋骨の圧迫と刺激

妊娠中期以降になると、お腹が大きくなり、大きくなった子宮が肋骨を圧迫することで、肋骨に痛みが出ることがあります。

また、肋骨は簡単に折れやすいので、骨折からくる痛みの可能性もあります。

稀に赤ちゃんの胎動が激しく、子宮内で激しく動くため肋骨を骨折してしまった…なんてこともあるくらい、胎児の力はスゴイです。

動き回る胎児に愛情は感じますが、痛みに耐えられないほどであれば、骨折をしている可能性もあるので、病院を受診しましょう。

個人差はあるものの、胎動が弱まる出産予定日近辺では、痛みが治まることもあるそうですので、気長にお付き合いをすることも大切ですね。

肋間神経痛の可能性も!?

肋骨の痛みは、肋骨あたりの神経が反応して起こる、肋間神経痛というばあいもあります。

特に下記に痛みが出ている場合は、肋間神経痛の可能性が高いでしょう。

・首と胸の間 

・肋骨と肋骨の間 

・胸とみぞおちの間 

・横隔膜周辺 

・胸下のあたり

前述の通り、赤ちゃんの成長と共に子宮が肋骨を圧迫し、刺激を与えることも原因の一つですが、何かと制限の多い妊婦生活に強いストレスを感じ、肋間神経痛を引き起こしていることもあります。

肋間神経痛は、じわじわを痛みを感じるのではなく、急に痛みを感じ、そしてそれは左右どちらかの胸の痛みからスタートします。

痛みの雰囲気としては、

  • 何かが突き刺さったような鋭い痛み
  • つかまれたような痛み
  • 立っていられないような痛み
  • 痛みで歩けなくなる

といった感じです。

上記どれかの痛み方をしている場合は、医療機関を受診した方が良いでしょう。

痛み方には個人差がありますが、継続して痛みが発生しているときは肋間神経痛であることが多いです。

肋間神経痛の治療法

妊娠中でなければ、肋間神経痛はステロイドを使った治療法が有効的です。

しかし妊娠中にステロイド治療は行えないので、妊婦さんでも使える湿布薬を使って患部を冷やしたり、前述のように鍼灸治療を行うことが多いです。

また病院によっては、痛みを和らげてくれる作用のある漢方薬を処方してくれることがあります。

漢方ですので、即効性は決してありませんが、飲み続けることで症状が緩和されるので、つらい場合は医師に相談をしてみましょう。

長時間同じ姿勢を取っていると肋間神経痛に罹りやすいので、なるべく同じ姿勢になりがちなパソコン作業や、スマホを使った作業は控え、肋間神経痛になりにくい環境づくりをするようにしましょう。

肋骨痛の改善法とは?

妊娠中は、ありとあらゆる薬が制限をされてしまいます。

これは胎児にも薬の影響が出てしまうので仕方がないことではありますが、痛みを抱えたままでは、体力的には辛いですよね。

一見湿布なら大丈夫なのでは?と思われがちですが、実は湿布の成分は、貼った箇所から身体の内部へ浸透をし、血液を通って胎児にまで薬の成分を届けてしまうこともあります。

そのため、独断で市販の湿布を貼るのは非常に危険です。

湿布の成分の中には、胎児に障害を残してしまうものも含まれているので、必ず病院で医師に診断をしてもらい、正しく処方を受けたものを使用するようにしましょう。

 

妊娠中の肋骨の痛みを和らげてくれるものの中に、鍼灸治療があります。

鍼灸治療は、薬を使って身体の調子を整えるのではなく、痛みを和らげるツボを刺激して、改善に向かわせるものです。

血行促進効果などが期待できるので、免疫力を高めて、自己治癒力をアップさせ痛みを軽減させる仕組みの治療法です。

鍼灸治療は肋間神経痛にも有効的といわれていて、妊婦さんでも行えるので、痛みが気になり、さらに薬を絶対に使いたくない方は、鍼灸治療に頼ってみてもいいかもしれません。

 

また安定期に入ったら行えるマタニティヨガをご存知でしょうか。

マタニティヨガは、妊婦さんでも行えるやさしいヨガをゆっくりとした動きで行うので、神経系の痛みの改善に効果的です。

ヨガ中は、精神をリラックスさせることもできるので、日々ストレスを感じやすい妊婦さんにはピッタリなスポーツです。

痛みが続いたら病院へ!

我慢できる痛みだからといって、無理をすることは絶対にNGです。

特に投薬治療に制限のある妊婦さんにとって、痛みを放置していることは、治りをさらに悪くしてしまうことと同じです。

痛みを感じて辛いようであれば、早めに医療機関を受診して対策をするように心がけてください。

 

参考文献:ブルームカイロプラクティック 妊娠中・産後の背中や肋骨の痛み・背部痛でお困りの方へ

PICKUP CONTENTS

トップへ