妊娠中はとにかく疲れやすい!?だるいような疲労感の原因と対策とは?

妊娠中は、身体が疲れやすく感じることがあります。
これはお腹が大きくなっているので、あたり前のことではありますが、あまりにも簡単に疲れてしまうので、日常生活を送るのも一苦労ですよね。
妊娠中に疲れやすいのはどうしてなのか気になりませんか?
今回は、妊娠中の身体の疲れやすさについてご紹介をします。
また疲れてしまった場合は、どう対処したら良いかについてもご紹介をします。

妊娠中は、身体が疲れやすく感じることがあります。

これはお腹が大きくなっているので、あたり前のことではありますが、あまりにも簡単に疲れてしまうので、日常生活を送るのも一苦労ですよね。

妊娠中に疲れやすいのはどうしてなのか気になりませんか?

今回は、妊娠中の身体の疲れやすさについてご紹介をします。

また疲れてしまった場合は、どう対処したら良いかについてもご紹介をします。

妊婦が疲れやすい原因とは?

妊娠中は様々な原因で通常よりも疲れやすくなっています。

今までは大丈夫だった家事や仕事も、妊娠をするとなんだか疲れが溜まってやる気がなくなったりしてしまいます。

なんでできないんだろう…と自分を責めてしまう人も中にはいるでしょう。

しかし、この疲れは怠けではなく、ちゃんとした理由があるのです。

それでは、妊娠中の疲労感の原因についてみていきましょう。

ホルモンバランスの変化

妊娠初期は、特に身体の疲れやすさを実感しませんか?

これはホルモンバランスの変化が影響をしているといわれていて、身体が妊娠することによって分泌されるホルモンの影響についていけていないからです。

妊娠をすると、「プロゲステロン」という黄体ホルモンが多量に分泌をされます。

このプロゲステロンノ影響により、身体がだるくなったり、風邪の初期症状と似たような状態に陥ります。また自律神経も乱れてしまうので、身体の調子が余計に悪く感じてしまいます。

風邪の初期症状と似たような状態が続くことで、身体が疲れやすくなってしまうのは、仕方がないことなんですよ。

特に妊娠初期は、身体の見た目の変化がなくても、ホルモンバランスが急激に変化をしているため、身体の中の変化は、中期や後期に比べると非常に大きく変化しています。

疲れやすいのは、私がだらしないから…?と疑問に思ったり落ち込むことはありません。

仕方がないことと割り切って、疲れやすい身体を受け入れてあげるようにしましょう。

赤ちゃんの成長

赤ちゃんが子宮内で健康に育つ環境づくりをするために、妊娠中は身体が大きく変化をします。

これも疲れやすさの原因の一つといわれています。

妊娠中は、とにかく眠たかった…と感じるのは、身体を休めることで赤ちゃんの身体も一緒に休めているので、仕方がないことです。

お腹の大きさの変化や、胎動を感じていない妊娠初期の方が、眠気や疲れを感じやすいのは、初期の方が無理をして動いてしまい、身体に負担がかかるため、母体が本能的にしっかりと休むようにはたらいているからです。

妊娠初期でも胎児を守ろうとする母体の仕組みは、本当にすごいですね。

身体の変化

妊娠週数を重ねていくと、だんだんお腹が大きくなり、余計に疲れを感じてしまいますよね。

この身体の変化も、疲れを感じさせる原因の一つです。

お腹が大きいと、近場の簡単なお出かけでも息切れをしてしまうほど疲れてしまうことはありませんか?

普通ならお腹が大きくないのに、お腹が急激に大きくなれば、これは無理もありません。

さらにはお腹の赤ちゃんに酸素を送るために、母体の血液量が妊娠前よりも増加をします。

これが原因で貧血を引き起こし、倦怠感や疲労感を感じてしまう妊婦さんもいるので、ただの疲れを侮らないで、あまりにも症状が改善されないときは、医師に相談をしましょう。

栄養不足

妊娠中のママの疲れの大きな原因のひとつに栄養不足があげられます。

つわりがひどかったり、食べてはいけない食べ物を気にしすぎたり、栄養バランスが偏ったり、胎児に優先的に栄養素が送られるなど様々な理由で妊婦さんの体にとって必要な栄養量を満たせていません。

燃料不足の体になってしまうことで疲労感や倦怠感がなかなか取れず慢性的に疲れを抱えた状態となってしまいます。

赤ちゃんへの影響は?注意する症状とは?

身体が疲れてしまうことで、自分では気づかないうちに、母体のみならず胎児にもストレスを与えていることがあります。

一時的な軽いストレスであれば、胎児に悪影響は出ませんが、あまりにも長い間ストレスを感じていては、赤ちゃんにも悪影響です。

ストレスを感じることで、胎児に贈るはずの酸素や栄養がうまく送ることができなくなり、胎児の成長に悪い影響を与えてしまうことがあるので、注意が必要です。

そして医学的には、母体が強いストレスを感じてしまうと、切迫早産や早産のリスクが上がるといわれているので、極度な疲れには注意をしましょう。

 

また、ただの疲れでない場合もあります。

前述の通り血液に酸素や栄養を乗せて胎児に届けるため、妊婦さんは貧血になりやすいです。

疲れの症状が、身体を休めてもなかなか治まらず、倦怠感が続く場合は、貧血や鉄欠乏性貧血に陥っていることがあるので、産婦人科に相談をしましょう。

貧血をそのままにしておくことは非常に危険ですので、妊婦さんでも飲める鉄剤を処方してもらえることもあるので、いつもと違うな、と感じたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

妊娠中の疲れの解消法とは?

妊娠中の疲れは仕方ないと言っても、ずっとだるい倦怠感が続くと辛くなりますよね。

そんなときに少しでも疲れを軽減させる方法をみていきましょう。

鉄分やビタミンを多めに摂取!サプリも積極的に活用しよう!

つわりの続く妊娠初期のころは、なかなかバランスのとれた食事を摂取することは難しいですが、少しでも疲労感を軽減させたいのであれば、バランスのとれた食事を食べるように心がけましょう。

ですが、妊娠時はつわりがひどく、味覚も大きく変わる時期ですので、食事が満足にとれない方は妊婦にとって必要な栄養素が凝縮している妊婦専用のマタニティサプリを利用するのもおすすめです。

 

おすすめのママ専用栄養補給サプリ「メルミー葉酸サプリ」

通常価格 6,580円
定期価格 3,980円
1日あたり 約132円
推奨時期 妊娠初期~産後まで

妊娠中の疲れに悩みを抱えている、妊娠中の栄養バランスに心配を抱えているママに特におすすめサプリメントです。

不足しがちな栄養素をまとめて補うことができるので妊娠中の栄養管理の心配がなくなります。

産婦人科医と管理栄養士がしっかり商品を監修していますし、添加物への配慮、妊娠中に避けたい成分へも配慮が行き届いているので安全性も抜群です。

初回購入時は2,980円で購入でき、解約の回数制限もないので気軽にお試しできる点も他社製品にはないおすすめポイントの1つになっています。

 

軽い運動でリフレッシュしよう

妊娠中に行う、マタニティヨガやピラティスはご存知でしょうか?

妊娠経過に問題がなく、安定した健康状態で妊娠生活を送れているのであれば、妊娠13週を過ぎたころから、適度に身体を動かしてみるのも良いでしょう。

これももちろん、疲れない程度の自分のペースに合わせた運動量でOKです。

軽く運動することで、気分転換にもなりますし、同じ時期に出産を控えるママ友ができることで、情報交換もできて気持ちも軽くなるでしょう。

ただし、妊婦さんの体調は変化をしやすいので、今日は体調がすぐれないな…と感じる日は、絶対に無理をしないで、あくまでも元気な時に気分転換に行うものと考えて気軽にトライするようにしましょう。

睡眠を十分にとろう

妊婦さんは、お腹に圧迫されて、なかなか十分な睡眠をとることができないのがマイナス点ですよね。

また妊娠後期になると、子宮が膀胱を圧迫し、夜に何度もトイレに行きたくなり睡眠不足になりがちです。

しかし睡眠中に胎児は成長をするので、できる限り睡眠はとるようにしましょう。

お腹が大きくて寝苦しい場合は、抱き枕を抱きながら、よく向きで眠るようにすると、比較的楽に眠ることができますよ。

日中仕事をしていて、なかなかお昼寝をしたりと身体を休める時間が作れない人も、無理は禁物です。

身体は疲れやすくなっているので、一時間がんばったら10分休憩をしたりと、時間を決めて短時間でも良いので身体を休めるようにしてください。

もし立ち仕事をしているのであれば、妊娠の早い段階で上司に相談をし、あまり立ち仕事をしなくても済むようにしてもらうのも良いでしょう。

妊娠中はとにかく無理をしない!

妊娠中に無理をしても、母体にも胎児にもメリットはありません。

身体が疲れることで、母体がストレスを感じれば、胎児にも悪影響ですし、良いことは全くないので、疲れを感じる前に身体をしっかりと休めるようにしましょう。

妊婦さんは、「普段よりも疲れを感じやすい=しっかりと身体を休めましょう」というお腹の中の赤ちゃんからのメッセージでもあるので、甘えと考えずに、身体をしっかりと休めて、妊娠中は休息をいっぱい取ってくださいね。

 

参考文献:レディスクリニック石黒 妊娠Q&A  Q.妊娠の兆候はどんなものですか?

PICKUP CONTENTS

トップへ