妊娠中の羊水からわかることとは?検査の費用やリスクはある?

羊水検査を知っていますか?

これは誰もが受ける検査ではなく任意で行う、出産前の胎児の状態を知ることができる検査です。

出生前診断のひとつでもあり、お腹の中の胎児を取り巻いている羊水を使って検査します。

今回は羊水検査がどのような検査なのか、具体的にみていきましょう。

羊水検査とは?

羊水検査は、妊婦さんのお腹から羊水をほんの少し取り出し、その中に含まれている胎児の細胞の染色体や遺伝子を調べる検査です。

この検査は、胎児の染色体を調べることで、胎児の染色体異常を事前に調べることを目的としています。

高齢の妊婦では、ダウン症(21番トリソミー)など、胎児に染色体異常が起こる確率が高くなることがわかっています。

羊水検査を受けるかどうかは、あくまでも母親と父親の判断に任せられています。

当然、検査結果によっては、「産むか産まないか」の難しい決断を迫られることにもなります。

検査を受けるときは、その目的や内容、リスクなどをきちんと理解し、パートナーとも十分に話し合ってから受けることが大切です。

羊水検査で分かることは?

羊水検査では、胎児の染色体異常や遺伝子異常などを知ることができます。

子宮内で胎児を包んでいる羊水には、剥がれ落ちた胎児の皮膚や粘膜などの細胞が含まれています。

そのため、羊水を採取することで、胎児の細胞を得ることができ、得られた細胞を培養し、胎児の染色体を調べます。

 

ヒトは通常、22種類のサイズが違う常染色体を2本ずつと、女性ならX染色体を2本、男性ならX染色体とY染色体を1本ずつ、合わせて46本の染色体を持っています。

すなわち胎児には、男女ともに同じ常染色体が母親由来の1本と、父親由来の1本の合計2本が存在することになります。

しかしまれに、染色体の数が2本ではなく、3本あるような奇形が生じることがあります。染色体が3本ある場合をトリソミーといいます。

 

このように常染色体の数の異常として有名なのは、ダウン症の21番染色体のトリソミー、18番トリソミー、13番トリソミーなどがあります。

また、X染色体・Y染色体といった性染色体にも染色体異常が起きる可能性はあります。

例えば、X染色体が1つしかないターナー症候群や、逆にXXYなど多くなるクラインフェルター症候群などがその代表です。

染色体を調べることで、胎児の染色体の異常を知ることができるのです。

染色体の数の異常だけではなく、染色体構造そのものの異常(染色体の一部の欠失など)も検出できます。

 

その他に、家族に特定の遺伝性疾患などがあった場合は、その具体的な遺伝子を調べることも可能です。

遺伝子や酵素の変化を調べることで、胎児がその遺伝性疾患にかかっているかどうかを事前に判別することが可能になるのです。

しかし、このような染色体異常や遺伝異常は、ほぼ正確に調べることができますが、すべての先天性異常がないことを判断することはできません。

生まれてみないとわからないこともあるため、よく考えて検査を受けましょう。

羊水検査を行う時期、診断期間、費用とは?

羊水検査を受けられる時期は、妊娠15~18週頃までです。

中絶できるのは日本では妊娠22週未満という決まりがあります。

検査結果により、中絶を選択することになる可能性があるため、検査結果が出るのに2週間かかることを踏まえ、検査を受ける時期を決めましょう。

検査は15分ほどで終わりますが、破水など流産の兆候が起きていないかを観察するため、1~3時間程度は安静にして様子を見てからの帰宅となります。

検査結果が判明するのはおよそ2週間後。

保険対象外のため、自費診療となり、病院によって多少前後しますが、一般的に10~15万円前後です。

また、パートナーの同意が必ず必要となります。

羊水検査の方法

超音波検査(エコー)でお腹の中の赤ちゃんの位置を確認しながら、お腹の表面から長い針を刺して 子宮内から羊水を15~20mlほど採取します(羊水穿刺)。

多少の痛みがあるため、針を刺す部分の皮膚に局所麻酔をおこなう病院もあります。

痛みの感じ方には個人差はありますが、麻酔無しだと、筋肉注射の痛みと同じくらいだと表現されます。

耐えられないものではないですが、痛みに弱いと感じている方は、遠慮なく医師に申し出ましょう。

針を指している時間自体は20秒弱です。検査自体は、10~15分程度で終了します。

その後、しばらく安静にして過ごし、流産の兆候がないかを超音波検査で確認し問題なければ帰宅できます。

採収した羊水から胎児細胞を見つけだし、約2週間培養します。

2週間して細胞の数が増えたところで、特殊な染色処理を行い、染色体の異常を観察したり、遺伝子解析にかけたりすることで、異常を見つけ出します。

そのため、検査結果がわかるのは、早くて2週間になります。

病院や調べる内容によっては、4週間ほど時間がかかるところもあるので、余裕を持って臨みましょう。

また、約1.5%(1000人中15人)くらいの確率で、羊水を採取できてもその中に胎児細胞がほとんどなく、2週間経っても増えてこない場合もあるようです。

羊水検査のリスクは?

稀に検査後に流産する可能性があり、その頻度は、約0.1~0.3%(1000人中1~3人)程度だといわれています。

しかし、妊娠初期のこの時期は、自然流産が発生しやすい時期でもあります。

報告されている流産の割合の中に、検査が直接影響したものがどれだけあるのかは具体的にわからないため、実際には、これより低いリスクであろうと考えられています。

流産しなくても、羊水の一部が漏れたり、おなかが張ったり、感染が起こったりする可能性もあります。

また、針を刺す場所は、胎児や臍帯に影響しないよう、超音波で念入りに確認しながら選んで行いますが、胎児が急に動いてしまうことで、針の先が触れて傷ついてしまう恐れもあります。

検査を受けるときには、このようなリスクがあることをしっかりと理解し、納得してから受けるようにしましょう。

よく考えてから検査を受けましょう

日本では、出生前診断を受ける人は少数派だといわれています。

高齢妊婦が増えている現状を踏まえると、これから増えていく兆候にあるのかもしれません。

それでも、高齢だからといって必ず受けなければいけないと、強制される検査ではありません。

40歳過ぎの妊婦でも受けない方はたくさんいますし、逆に20代でも、上の子供が染色体異常を持って生まれた場合や、自分の家族や親せきに遺伝子異常の遺伝がある場合など、心配だから受けるという決断をする人もいます。

 

いずれにせよ、検査を受けるかどうかの決定権は、母親と父親にあります。

検査により仮に染色体異常などが見つかった場合、中絶を選択するのか、異常があることを知った上で産み育てる選択をするのかは、パートナー同士でじっくりと考えて決断をしていかなくてはいけません。

障害を持って生まれてもひとつの命であるとして尊重するという人がいる一方で、経済的事情等で、障害時を養育することが不可能だと判断する人もいるでしょう。

いずれの決断も、他の人がどうしているのかではなく、自分たちの問題として向き合って決めていかなくてはいけません。

このようなことから、軽い気持ちで受ける検査ではないことを十分に理解し、検査を受ける理由や結果による判断をよく考えたうえで、検査に臨むようにしましょう。

 

参考文献:兵庫医科大学病院 産科婦人科 出生前診断のご案内 羊水検査とは

参考文献:慶応義塾大学病院 医療・健康情報サイト 検査を知る 産婦人科検査 羊水検査

参考文献:有限会社胎児生命科学センター 出生前診断に関するご質問

この記事を書いたユーザー

rina
猫大好き★食べるの大好き★ROCK女子!! nanairoでは美容と健康、妊娠・育児について執筆しています。 rinaの記事一覧

PICKUP

トップへ