「妊娠したから葉酸を摂ろう」実はそうじゃない?葉酸が必要な理由

目次 ※クリックで開閉します

こんにちは、nanairo編集部のannaです。

妊娠したい・しやすくなるためにと葉酸を調べられている方、妊娠したことが分かって葉酸を調べられている方、いろんな方がいらっしゃると思います。

まず初めに大切なことを伝えさせてもらいます。

 

葉酸は健康的な赤ちゃんの発育のために必要な栄養素であり、妊娠しやすくなる栄養素ではありません。

そして、葉酸は妊娠してから摂るのではなく、本来は妊娠する前から摂取することが厚生労働省から推奨されています。

 

驚かれた方も多いかもしれません。妊娠しやすくならないなら要らない?妊娠が分かってからだともう遅いの?と思われたかもしれませんが、そんなことはありません!

 

偉そうに言ってる私ですが、実は過去2度の妊娠の時には葉酸についてしっかり考えておらず、特に意識して摂っていませんでした。

ただ、葉酸がどんなに大切かを知った今、少しでも多くの人に葉酸を摂ることの大切さを伝えたいと思っています。

妊活中の方も妊娠したことが分かったという方もこの機会に、ぜひ葉酸がなぜ必要なのかを知ってください。

そして、周りで子供が欲しいと考えてる方や妊娠が分かった方に葉酸の大切さを教えてあげてください。

妊娠前後に必要な葉酸とは?どんな働きがある?

まず葉酸とはなにか、身体の中でどんな風にはたらくのかなど、基本的な部分を紹介していきます。

葉酸の多い食品の写真

葉酸とは?

葉酸とは水溶性のビタミンB群の一種です。ビタミンB9とも呼ばれています。

1941年にほうれん草の葉から発見されたため「葉酸」と言われています。

 

枝豆、ほうれん草、かぼちゃなど多くの緑黄色野菜に含まれています。

果物ではいちご、ライチ、アボカドなんかに多く含有されています。

また、レバーや納豆、海苔などにも豊富に含まれているんですよ。

葉酸のはたらき

細胞の再生を助ける

わたしたちの身体をつくる細胞は、遺伝子情報を持つDNAを元に再生され続けています。

DNAの成分である核酸が作られる時に、葉酸がはたらき細胞の再生を助けています。

妊娠するとお腹の中では胎児の細胞分裂が盛んに行われるので、葉酸は欠かせない栄養素なのです。

貧血の予防

貧血というと一般的に鉄分不足と思いますよね。実際にほとんどの貧血は鉄分不足です。

しかし、鉄分だけではなく、葉酸とビタミンB12が共にはたらくことで正常に赤血球が作られるのです。

また葉酸は赤血球が巨大化する悪性貧血も予防します。

妊娠すると血液量が非妊娠時の約1.3~1.5倍になるので、鉄分、葉酸、ビタミンB12は妊婦さんに欠かせないですね。

心臓病や動脈硬化の予防

ホモシステインというアミノ酸が血液中に増えると、心臓病や動脈硬化になりやすいです。

葉酸はビタミンB6やビタミンB12とともにこのホモシステインを別のアミノ酸に変えるので、心臓病や動脈硬化の予防に繋がります。

妊娠前後に葉酸が必要と注目された背景

次に妊娠前後に葉酸が必要と言われるようになったのは、いつからなのか、なぜなのかを見ていきましょう。

また、海外でも葉酸の摂取は勧められているのでしょうか?国内と海外で葉酸摂取の取り組みに違いはあるのかも紹介していきます。

国内での葉酸摂取の取り組み

厚生労働省は2000年に「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」という通知を出しました。

妊娠を計画している女性に関しては、(省略)当面、食品からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害の発症リスクが集団としてみた場合に低減することが期待できる旨情報提供を行うこと。

と記載されています。

神経管閉鎖障害とは

健康的な新生児の写真

神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄のもとである神経管が作られる妊娠4,5週頃に起こる胎児の先天異常のことです。

妊娠4,5週というと、妊娠に気づいていない方も多い時期です。ここが重要なポイントなんですね。

二分脊椎症

神経管の下部に閉鎖障害が起こると「二分脊椎症」となります。

下肢の麻痺や変形、膀胱、直腸の機能障害が症状として見られます。

生涯に渡り、治療、リハビリなどのトータルケアが必要となります。

二分脊椎症の発症率は約10,000人に6人です。

無脳症

神経管の上部に閉鎖障害が起こると「無脳症」となります。

名前の通り、胎児に脳がない症状です。頭蓋骨が形成されなかったり、眼球の欠損や突出、更新口蓋裂を併発したりということが起こります。

無脳症の発症率は約1,000人に1人です。ただ約75%が死産となり、残り約25%も出生後1週間以内に亡くなる可能性が非常に高いです。

日本で唯一、医師から中絶が勧められる症例です。

 

こうした神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させることができると注目されたのが葉酸です。

最低でも妊娠1か月前~妊娠3か月に十分な葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを約70%低減できると分かりました。

胎児の神経管ができるのは妊娠4,5週という、妊娠したことに気づかない人が多くいる時期です。

この頃に葉酸をしっかりと摂取できていると、神経管閉鎖障害の発症リスク約70%も低減できるのです。

そして、厚生労働省が2000年に上記のような通知を出しました。

2年後の2002年には母子手帳に葉酸の摂取に関する情報が記載されるようにもなりました。

 

ただ、実際には葉酸の大切さは広く知られておらず、母子手帳がもらえるのは妊娠3ヶ月頃のため、肝心な妊娠1か月前~妊娠3か月に間に合っていません。

私も二度妊娠していますが、なんとなく葉酸が大事と聞いたことはあるものの、具体的に何のためにいつ必要なのかなどは一切知りませんでした。

母子手帳もちゃんと細部まで読まなかったし、区役所や病院で葉酸を勧められることもなく、特に意識的に摂取することができませんでした。

改めて母子手帳を見てみるとこんな風に記載されていました。

 

私が持っている母子手帳の写真

葉酸摂取が勧められるようになって17年経ちますが、神経管閉鎖障害の発症率はまだ下がっていません

晩婚化・出産の高齢化が進む最近、妊活という言葉が流行り、妊活中の方向けの雑誌や妊活宣言をする芸能人のブログが注目されるようになり、葉酸サプリと出会われる方も増えてきました。

しかしもっと葉酸摂取の大切さを広めていくためには、義務教育おける性教育で教えていったり、子育てが一息ついた世代や終えた世代へも伝えたりという活動が必要だと思います。

海外での葉酸摂取の取り組み

海外ではどのように葉酸摂取の取り組みが行われているのでしょうか?

アメリカの例を見てみましょう。

アメリカでは1992年(日本よりも8年早く)に妊娠が可能なすべての女性は1日400㎍の葉酸を摂るようにと勧告が出されました。

 

そして1998年には穀類(パン、スパゲッティ、米など)100gに葉酸140㎍を添加するように法律で義務付けられました。

また、もともと高校生ぐらいからサプリメントを飲むのが当たり前というサプリメント大国のアメリカでは、子供が欲しくなったら葉酸サプリを飲むことがすぐに広まりました。

そこで、下のグラフを見て下さい。

二分脊椎の国際発生頻度

  厚生労働省 難治性疾患克服事業・研究班 葉酸普及研究会

これは、二分脊椎の国際発生頻度を表したグラフです。

葉酸添加が義務付けられてから、神経管閉鎖障害の患者数は約50%減少しました。

2016年の時点で葉酸添加を義務付けている国はカナダ、メキシコ、南米諸国、インドネシア、南アフリカ、オーストラリアなど85か国あります。

そして、カナダでは46%、メキシコでは50%、南アフリカでは31%発生率が減少しています。

 

こうした現状があるにもかかわらず、日本をはじめ、韓国、中国、欧州各国、ロシアなどでは、まだ葉酸添加は義務化されていません。

2009年には米国政府が、葉酸添加食品の副作用を検討し、何も危険性がないことが発表されています。

 

日本でも義務化こそされていませんが、大手食品メーカーから牛乳やパン、ヨーグルトなど葉酸が添加された食品が少しずつ販売されています。

妊娠は常に計画してするものではないですよね。予想外の妊娠ということも多くあります。

そういった妊娠のためにもこのように葉酸添加食品が広まることが大切だと思います。

スーパーなどで買える葉酸が添加された食品についての詳しい記事はこちらをご覧ください。

妊活中・妊娠初期に必要な葉酸は合成葉酸

葉酸には天然と合成の二種類がある

葉酸には「ポリグルタミン酸型」の天然葉酸と「モノグルタミン酸型」の合成葉酸という二種類があります。

野菜や果物など食品に含まれる葉酸は、天然葉酸です。

牛乳やパンに添加されたり、サプリメントに添加されたりする葉酸は、合成葉酸です。

 

見分け方としては、原材料のところに「葉酸」と書かれている場合は合成葉酸です。

天然葉酸の場合は原材料には「ほうれん草」などの食品名が書かれています。

 

天然葉酸である「ポリグルタミン酸型」では、私たちの身体は吸収することができません。

天然葉酸を摂取しても体内で「モノグルタミン酸型」へと変換され吸収されます。

妊活中・妊娠初期は合成葉酸を摂ることが大切

葉酸は性質上、水、熱、光などに弱く、保存状態や調理過程で多く消失されます。

また、天然葉酸は体内での利用率が約50%と低く、合成葉酸は約85%と高いのです。

 

つまり天然葉酸で400㎍摂取しようと思った場合、実際には800㎍の葉酸が含まれる食事量を摂らないといけないのです。

ほうれん草だけでも約400g食べないといけないことになります。これを毎日続けるのはとても無理ですよね。

 

また、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるということに科学的根拠が示せているのは、今のところ合成葉酸だけなのです。

そういった理由から厚生労働省が推奨しているのは「モノグルタミン酸型」の合成葉酸での摂取です

つまり、葉酸サプリメントを活用して葉酸を摂取することが勧められています。

葉酸サプリ

妊娠前後における葉酸の摂取量や摂取時期

次にどの時期にどれくらいの量の葉酸を摂取したらいいのかをみてみましょう。

一般的な女性の葉酸摂取量

厚生労働省による成人男女における1日の葉酸の推奨量は240㎍とされています。

これは食事から摂る天然葉酸の摂取量として設定されています。

 

実際に平均でどれぐらい葉酸が摂取できているかは、平成27年国民健康・栄養調査で確認できます。

15~29歳女性は234㎍、30代女性は243㎍、40代女性は253㎍の葉酸を摂取できています。

15~29歳女性はやや足りていませんが、大体の女性がほぼ推奨量の摂取ができていることになります。

妊活中・妊娠中・産後における葉酸摂取の推奨量

葉酸の摂取量に関する画像

  独立行政法人 国民生活センター

妊活中・妊娠初期の方

天然葉酸240㎍+合成葉酸400㎍の摂取が推奨されています。

 

赤ちゃんの細胞分裂が最も盛んな時ですし、大切な神経管や臓器など色々な器官が出来上がっていく時です。

赤ちゃんが何の心配もなく健康的に発育できるように、合成葉酸の含まれた葉酸サプリを飲みましょう!

妊娠中期・後期の方

天然葉酸240㎍+天然葉酸240㎍の摂取が推奨されています。

 

妊娠中期・後期においては、天然葉酸での摂取で良いとされています。

しかし、まだ悪阻が続いている方もいるでしょうし、体重が増えていて葉酸摂取のためとはいえ食事量を増やすのに戸惑う方もいるでしょう。

妊娠後期は段々とお腹が出てきて料理をするのも大変になってきます。

非妊娠時の倍の天然葉酸を毎日摂り続けるというのもなかなか難しいですし、中期・後期は鉄・カルシウムなどの栄養素が不足しやすくなってきます。

葉酸サプリなら大体の商品で葉酸も鉄もカルシウムも他の栄養素も補給できるので、出産まではしっかり飲み続けることがおすすめです。

授乳中の方

天然葉酸240㎍+天然葉酸100㎍の摂取が推奨されています。

 

母乳育児をされる場合、授乳中はびっくりするほどお腹が減ります。

私もそうでしたが、食べても食べても太らないハッピーすぎる時期でした。(個人差はあると思いますが)

+天然葉酸100㎍なら意外と簡単に摂取できてるかも?とも思いますよね。

でも、産後ボロボロの身体の上に休みのない育児がスタートし、「料理にあてる時間がない」「ゆっくり食事を食べる暇がない」というのが現実です。

離乳食が始まると離乳食は一生懸命作るけど、自分のご飯は適当になってしまうことも多々。。

お腹は減るけど食べたくなるのは、ついつい甘いもの。

 

母乳を通して赤ちゃんに栄養を送らないといけないので、授乳中のお母さんの栄養補給も大切なんです!

でもおっぱいのためにと我慢ばかりではお母さんもストレスが貯まりますよね。

おっぱいが詰まらない程度に食べたいものは食べて、足りない栄養素は葉酸サプリで引き続き補給していきましょう。

葉酸サプリも妊娠中より粒数を減らしたり、2日1回にしたり工夫して継続するのがおすすめですよ!

妊活中・妊娠中に葉酸サプリを飲もう

妊活中の方はいつ妊娠しても赤ちゃんがすくすく健康的に発育できるように葉酸サプリを飲みましょう。

葉酸サプリが大切とは知らずに妊娠したことが分かった方も、必要以上に不安になることはありません!

妊娠初期に葉酸が不足していたからと言って、必ず赤ちゃんが二分脊椎を発症する訳ではありません。

二分脊椎の発症率は分娩10,000件に約6名程度です。決して少ないとは言えませんが、心配しすぎるような数字ではないです。

 

二分脊椎の発症リスクを低減させるという目的では、妊娠してから葉酸サプリを飲むことは遅いと言えます。

しかし、妊娠中は葉酸以外にも鉄やカルシウムなど不足しやすい栄養素が多くあります。

妊娠が発覚してからでも葉酸サプリで妊娠中に必要な栄養素を補給することはとても大切なので、是非葉酸サプリを飲んでくださいね。

 

では、それぞれにおすすめの葉酸サプリを紹介します。

妊娠したいと妊活を頑張っているあなたにおすすめの葉酸サプリ

マカナ

マカナの商品画像

通常価格:6,580円(税込)

定期購入(初回):3,980円(税込)

(2回目以降):5,980円(税込)

※定期購入に回数の制約なし。

ペルー産のマカよりも栄養価が豊富な日本産のマカのみを使用しています。

他にもスーパーフードの王様と呼ばれるほど栄養バランスに優れたスピルリナや、一般的なしょうがより活性成分が約4倍の金時しょうがなど妊活にいいと言われている成分がたくさん配合されています。

もちろん葉酸も合成葉酸が400㎍配合されているので安心です。

マカナはママになられた方の口コミで広がり販売個数20,000袋を突破しているほどの商品です。

マカナを購入しなくても参加できる妊活セミナーが開催されていたり、定期購入された方には先着30名限定ですが管理栄養士による3か月間の個別の食事・栄養指導も無料で受けられたり、妊活を頑張っている方に寄り添ってくれるような企業です。

ベジママ

ベジママの商品画像

通常価格:5,500円(税別)

定期購入(初回):2,750円(税別)

(2回目以降):4,680円(税別)

※定期購入に回数の制約なし。

初回半額は毎月先着500名限定。

ベジママは、新妊活成分として注目されているピニトールを配合した葉酸サプリメントです。

ピニトールとはアイスプラントという植物に含まれる成分で、海外ではピニトールを配合したサプリメントが妊活向けに広く利用されています。

ベジママはこのアイスプラントを国内の自社植物工場のクリーンな環境で無農薬で栽培されていて安心です。

他にもルイボス・ビタミンC・ビタミンB12・ビタミンEなどもバランスよく配合されています。

先着500名限定で定期コースから購入すると初回半額の2,750円とお得な上に、無期限の全額返金保証制度つきです。

じっくり試して、納得できなければ2,750円の返金が可能なのでとっても利用しやすいですよね。

妊娠中期からは別の葉酸サプリへ移行がおすすめ

マカナとベジママは妊娠したいと妊活を頑張られている方におすすめの葉酸サプリです。

赤ちゃんを授かられ、妊娠中期を迎えられたら、鉄・カルシウムをしっかりと配合している葉酸サプリへ移行しましょう。

マカナは鉄8.7mg、カルシウム84.5mgの配合量です。

ベジママは鉄・カルシウムは配合されていません。

妊活中・妊娠初期は鉄・カルシウムは食事からでも摂取できる栄養素なので必要以上に配合されていなくて大丈夫です。

妊娠中期以降は、これから妊娠中の方にもおすすめする葉酸サプリなどへ移行されることをおすすめしています。

妊娠したことが分かったあなたへおすすめの葉酸サプリ

プレミン

プレミンの商品画像

通常価格:5,980円(税込)

定期購入:3,880円(税込)

※定期購入に回数の制約なし。

プレミンはとにかく栄養バランスが素晴らしい葉酸サプリです。

どの栄養素も最終加工国や配合量がきっちりと公式サイトに記載されていて安心できます。

特に高評価なのは、鉄15mgのうち8mgがヘム鉄である点です。

一般的な葉酸サプリは安価な非ヘム鉄が使われることが多いですが、ヘム鉄は非ヘム鉄より吸収性に優れています。

ヘム鉄ばかりを摂りすぎるのも問題があるため、ヘム鉄8mg、非ヘム鉄7mgというこのバランスがまた良いのです。

葉酸も合成葉酸が400㎍配合されているのでバッチリ補給できます。

25日間の返金保証制度もあり、お得な定期コースには回数の制約もないので、是非お気軽にお試しください。

はぐくみ葉酸

はぐくみ葉酸の商品画像

通常価格:6,980円(税込)

定期購入(初回):1,980円(税込)

(2回目以降):3,980円(税込)

※定期購入に回数の制約なし。

はぐくみ葉酸は合成葉酸400㎍だけではなく、オーガニックレモンから抽出した天然葉酸100㎍が配合されたとても珍しいタイプの葉酸サプリです。

鉄10mg、カルシウム200mgと妊娠中期以降も不足しやすい栄養素を補給できます。

国産の22種類の野菜、沖縄産のサンゴカルシウム、ビタミンCたっぷりのアセロラ、ミネラル・アミノ酸が豊富なクロレラなど素材にもこだわってビタミン、ミネラル、アミノ酸が配合されています。

注文してもらうと同送される冊子などを見てよく分かるのですが、とっても通販会社とは思えないほど温かみと透明感のある会社で信頼できます。

初回は1,980円(税込)ととても試しやすい価格なうえに、15日間の返金保証制度つきで回数の制約もないので安心してご利用いただけます。

まとめ

妊娠したから葉酸を摂るのではなく、いつ妊娠してもいいように葉酸を摂ることが二分脊椎の発症リスクを下げるためにとても大切です。

ただ、妊娠1か月前~妊娠3か月までに葉酸を摂れなかったからといって、心配しすぎることはありません。

現に私も、元気な赤ちゃんを2人出産し、2人とも健康にすくすく育ってくれています。

 

でも、妊娠中や妊活中って不安が絶えないですよね。

元気に育ってくれてるだろうか、無事生まれてきてくれるだろうか、そんな不安を少しでも軽くするためにも葉酸サプリを飲むことは大切だと思います。

妊活中の方も、妊娠中の方も、お母さんになるための第一歩として葉酸サプリを始めてみてください

 

葉酸摂取の大切さを知ってもらった方は、是非周りで赤ちゃんが欲しいと思われている方や妊娠中の方にも伝えてあげてください。

私もまだ分かりませんが、3人目が欲しいなと思った時には、必ず葉酸サプリを飲もうと思っています。

 

 

参考URL

厚生労働省

厚生労働省 難治性疾患克服事業・研究班 葉酸普及研究会

平成27年国民健康・栄養調査の結果

PICKUP CONTENTS

トップへ