マタニティショーツはいつから必要になる?おすすめのショーツを紹介!

目次 ※クリックで開閉します

妊婦さんのおなかを優しく包んでくれるマタニティショーツ。

いつから必要になるの?という以前に、「そもそも何のために必要なの?」と思われる方も多いのでは?

デカパンと呼ばれるほど大きな見た目から、履くのが恥ずかしいなんて言う方もいますよね。

そこで、マタニティショーツを履く意味と、いつから必要になるのかなどをご紹介します!

マタニティショーツは必要!?

ダボダボとしたマタニティショーツは、妊娠前に見るとかなり大きくて不格好な印象があります。そんな印象から、「妊娠してもこれまで通り、普通のショーツを着用すればよい」と考える人も多いようです。

確かに、おなかには当たらないし、普通のショーツでも差しさわりなさそうな雰囲気ですよね。

しかし、妊娠するとおなか回りはもちろん、ヒップの大きさなども変わってきます。

そのため、普通のショーツだとゴムで子宮が締め付けられて苦しく感じたり、皮膚が薄くなることでおなかが冷えやすくなったりといった不快感が出てくるのです。また、伸縮性がない素材だと、大きくなったヒップに耐えきれないことも。

マタニティショーツはこういった妊娠中の不快感を軽減し、ママと赤ちゃんを優しく支えてくれる存在です。

体の変化に合わせて設計されているので、妊娠中は必要不可欠となるのです。

マタニティショーツはいつから履く?

マタニティショーツへの切り替え時期は、妊娠初期からでOK。

つわりがつらい人は、早めに変えることでゴムの締め付けから解放されて、楽に過ごせることもあります。

普通のショーツを履いていて、「きついな」と感じ出したら、そろそろ切り替え時です。

しかし、ショーツを切り替えるといっても、安いものから機能性重視の高価なものなど、種類はさまざま。そこで、マタニティショーツの種類を確認してみましょう。

マタニティショーツの種類

マタニティショーツは、大きく分けて2種類。おなかをすっぽりと包み込む“デカパン”タイプと、へそ下のローライズタイプに分かれます。

へそ上のデカパンタイプが一般的

一般的なマタニティショーツは、いわゆる“デカパン”タイプで、おへその上までしっかりと覆えるもの。

これは、ウエストゴムで子宮を締め付けないようにするためと、おなかをきちんと保温するという2つの理由があります。

伸縮性の高い素材が使われていることが多く、おなかの締め付け感が少ないので、つわりがひどい人にはへそ上のタイプがおすすめです。

へそ下のローライズタイプも増えている

ローライズタイプのマタニティショーツは、妊娠初期から産後まで使用できるもの。大きいショーツに抵抗感がある方におすすめです。

おなかが大きくなっても苦しくないように、おなか回りには切り替えがついているタイプが多く、サイズアップしてもそのまま使用できます。

ただ、おなかが冷えてしまうことがデメリットになってしまうので、腹巻や腹帯などと合わせて使用しましょう。

マタニティショーツの選び方

マタニティショーツを選ぶときのポイントは3つ。

  • 履き心地がいい
  • 子宮を圧迫しない
  • 素材が気持ちいい

この3点を考えて選ぶといいですよ。それぞれ詳しくみていきましょう。

履き心地がいい

妊娠中はおなかが大きくなるにつれて皮膚が薄くなり、デリケートになります。そのため、ごわごわした素材よりも綿のような週水性・伸縮性に優れた素材がおすすめです。自分の体にフィットした、履き心地のいいものを選びましょう。

子宮を圧迫しない

ゴムがきつすぎておなかが圧迫されるという場合には、ローライズのマタニティショーツに切り替えて腹巻を併用する、というのも一つの手です。人によっておなかの張り具合や大きさも異なりますので、合わないと感じたときにはほかのショーツに変更しましょう。

素材が気持ちいいもの

妊娠中は先述した通りとてもデリケートな時期。肌も敏感になっているので、チクチク、ザラザラとした素材のものは気になってしまうかもしれません。

またおりものの色や不正出血などの変化もきちんとチェックしておきたいので、クロッチ部分が綿100%のものがおすすめです。

おすすめのマタニティショーツ

マタニティショーツが良いことは分かったけれど、どのブランドが良いのかわからないという人もたくさんいるでしょう。そこで、人気ブランドの中からおすすめの商品をピックアップしてみました。

ワコール 2WAYマミーショーツ

MPP260GB_ITM_B2

価格:3,024円(税込)

カラー:ネイビー、ピンク、イエロー

サイズ:M-L

ワコール

ワコールの2WAYマミーショーツは、綿混合のよく伸びる生地で作られたタイプで、妊娠初期から産後までずっと使えるのがポイント!

ウエスト部分には切り替えがあるため、おなかが大きくなっても安心です。

ローライズタイプですので、「大きすぎるショーツに抵抗がある」という方にもおすすめです。

犬印 ウエストらくらくショーツ

sh2484_cg

価格:850円(税抜)

カラー:チャコールグレー、グレー

サイズ:M-L、L-LL

犬印本舗

犬印のウエストらくらくショーツは、ウエストにゴムを使っていない、締め付け感の少ないショーツです。

素材は綿95%なので、肌触りもソフト。洗濯ネームが外付けなので、おなかがチクチクすることもありません。

カラーは2色とバリエーションは少なめですが、1つ850円という価格設定がうれしいところですね。

ローズマダム ストレッチ素材マタニティショーツ

107-4435-01-m-02-dl

価格:1,296円(税込)

カラー:ブラック、ピンク、パープル、ミント、ネイビー、ベージュ、ブラック+ベージュ

サイズ、M-l、L-LL

ローズマダム

「おなかをすっぽり覆ってくれるショーツの方が安心だけど、見た目がちょっと…」という方には、ローズマダムのストレッチ素材マタニティショーツがおすすめ。

サイドにレースが施された大人なデザインで、カラーも7色展開のため長期間履いても空きが来ません!

素材はナイロンとポリウレタンの混合で、ストレッチの利いた履き心地の良い造り。滑りが良いため、腹帯や腹巻を上から重ねたいという方も心地よく利用できます。ブラとセットで購入できるのもポイントです。

西松屋 オーガニックコットン 2枚組ローライズショーツ

5_2104348_01-thumb-autox500-27785

価格:999円(税込9

サイズ:M-l、L-LL

西松屋

伸縮性・吸水性に優れたコットン素材がお好きな方は、西松屋のオーガニックコットン2枚組ローライズショーツがおすすめです。

おなか部分は切り替えがついているので、大きくなっても安心。ドットとボーダーの2枚組で価格はなんと999円!

ついついまとめ買いしたくなる価格設定がうれしいポイントです。

ピジョン マタニティショーツ ローライズ

158038PK_b

価格:1,200円(税抜)

カラー:ピンク、グレー

ピジョン

ピジョンのマタニティショーツ(ローライズ)は、助産師さんと考案された商品。おなかに食い込まないよう切り替えがつけられており、肌触りにもこだわって95%綿で作られています。

ローライズタイプなので、「臨月が近づくと胃が圧迫されてつらい」という方も使いやすいアイテムです。お揃いのブラが展開されているだけでなく、妊娠帯ガードル、妊娠帯パンツもあるので、いろいろな組み合わせが楽しめそうですね。

まとめ

いろいろな種類のあるマタニティショーツですが、最近では“デカパン”タイプ以外にも見た目や機能性にもこだわったローライズタイプが選択できます。

色柄も豊富になってきたので、妊婦さんもインナーのおしゃれを楽しめるようになりました。ショーツの場合試着が難しいので、インターネットで情報や口コミを集めてから、実際に店舗へ足を運び、見て確かめるのも◎。

長期間使用するため、特に素材感は重要なポイントですので、直に触って確かめることをおすすめします。

快適に過ごせるだけでなく、保湿や保温効果のあるもの、レースやフリルが付いたデザイン重視のものなどもありますので、自分にぴったりなマタニティショーツを見つけてくださいね。

PICKUP CONTENTS

トップへ