赤ちゃんに人気の日焼け止め紹介♡正しい選び方や落とし方は?

健康だと言っても、大人の肌よりもかなりやわい赤ちゃんの肌。

当然紫外線対策もバッチリ行いますよね。

 

でも、いざ紫外線対策を行おうと思っても日焼け止めを使っても良いのか。

日焼け止めの落とし方は?

など、様々な疑問が頭をよぎりますよね。

 

ここでは、赤ちゃんの肌にも使える日焼け止めの選び方とおすすめの日焼け止め、そして日焼け止めの落とし方について紹介をしていきます。

目次 ※クリックで開閉します

赤ちゃん用日焼け止めの選び方

赤ちゃんの肌は大人と比べて2分の1程度の厚みしかありません。そのため大人用の日焼け止めでは赤ちゃんへの肌には刺激が強すぎてしまい、大きな負担がかかってしまうと考えられています。

したがって、赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶ際はきちんと「赤ちゃん用(ベビー用)」と記載されている商品を選ぶことが大前提と言えます。

一方で、最近はドラッグストアやインターネットショップでも多くのブランドが赤ちゃん用の日焼け止めを販売しています。

しかし一概に“赤ちゃん用の日焼け止め”と言っても使用されている成分や効果、肌への影響、使い心地などは商品によってさまざまのようです。そこでまずは、赤ちゃん用の日焼け止めの選び方について見ていきましょう。

赤ちゃんにも使える安全な成分について

一般的に、日焼け止めには「紫外線散乱剤」「紫外線吸収剤」のどちらかの成分が含まれています。

このうち「紫外線散乱剤」を使用している日焼け止めの方が赤ちゃんには適していますし、実際に赤ちゃん用の日焼け止めにも多く配合されているようです。と言いますのも、「紫外線散乱剤」は紫外線を物理的にはね返す作用がある成分であり、ノンケミカルなので肌への負担が比較的少ないことが特徴として挙げられます。ちなみに「酸化チタン」「酸化亜鉛」といった記載がパッケージにある場合は、「紫外線散乱剤」を使用していることになります。

一方で、大人用の日焼け止めに多く使用されている「紫外線吸収剤」という成分は、肌への負担が大きいと言われているため赤ちゃんへの使用はお勧めできません。場合によっては
かぶれや炎症を引き起こす可能瀬もあります。

オーガニック・ノンケミカルが良い

「赤ちゃん用」と記載がある日焼け止めは、たいてい無着色や無香料といったノンケミカルの商品となっています。

しかしもしかしたら中にはそうではない商品もあるかもしれませんので、購入する前に香料や着色料の使用の有無を確認しておくと良いでしょう。

一方で、“ノンケミカル”や“オーガニック”という記載があるからといって、全ての日焼け止めが安心安全なわけではありません。

例えば“ノンケミカル”や“オーガニック”“無添加”と記載されている日焼け止めの中には、合成界面活性剤や防腐剤などが含まれていることも多いようです。

これらは単に日焼け止めの使い心地を良くしたり、長持ちさせたりといった効果のために使用されているものなので、日焼けそのものを防ぐ効果はありませんしあくまで化学成分なので赤ちゃんへの肌にも優しくはありません。

そのため、赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶ際は全成分の表示を見て、本当に低刺激で肌に優しいのかを確認する必要があるでしょう。また、特に敏感肌の赤ちゃんの場合には本格的に使用する前に腕などにパッチテストを行っておくことをおすすめします。

赤ちゃん用日焼け止めの正しい塗り方&落とし方

赤ちゃんのうちから紫外線を過度に浴び続けてしまうと将来的にシミやそばかすの発生につながるほか、皮膚がんのリスクも高まると言われています。

そのため、赤ちゃんへはしっかりと日焼け止めを塗った方が良いのですが、その一方で赤ちゃんの肌に日焼け止めを塗った後、きちんと落としておかないと肌への大きな負担になると考えられています。

赤ちゃん用日焼け止めの正しい塗り方

赤ちゃんへ日焼け止めを塗る範囲は、肌が露出している部位となります。

例えば腕や脚、顔だけでなく、手や足のくびれ、首、首の後ろ、耳の後ろなども欠かさず塗る必要があります。また、塗る際は日焼け止めを一気に伸ばしてつけるのではなく、少々ずつに分けてムラがないように指で全体に伸ばします。

赤ちゃん用日焼け止めの正しい落とし方

赤ちゃんへの日焼け止めは外出先から帰ってきたらすぐに落とすようにしましょう。

ウォータープルーフなどの日焼け止めを塗った場合は専用のクレンジングで落とす必要がありますが、通常はお湯や石けんで洗い流すだけで問題ありません。また、日焼け止めを落とした後はクリームや乳液などでしっかりと赤ちゃんの肌を保湿するようにしましょう。

おすすめの赤ちゃん用日焼け止め

ヴェレダ

 

価格:2,484円

(50ml、税込)

  出典:ヴェレダ

香り:柑橘系

対象範囲:顔、ボディ

強さ:SPF33、PA++

落とし方:洗顔料や全身用洗浄剤で洗い流す

開封後の使用期限:3~4か月

ボディミルクやボディオイルで人気のオーガニックブランド「ヴェレダ」の中でも、日本限定販売の顔・ボディ用日焼け止めです。

美肌効果が期待できるエーデルワイスを中心とした植物エキスが配合されているので、高い保湿力が期待できるほか、テクスチャも程良い硬さなので赤ちゃんの肌への馴染みも良いとか。赤ちゃん用の日焼け止めとしてはもちろんのこと、白浮きしにくいためママさんの化粧下地として使用することもできます。

口コミ

  • 日焼け止め特有の匂いもなく使い心地も良いのでリピート買いしています。
  • 低刺激なので赤ちゃんにも使えるところはうれしいけれど、UVカット効果が低くいところは少し残念。

エルバオーガニックス サンスクリーン

エルバ

価格:2,808円

(75g、税込)

  出典:erbaorganics

香り:カモミール&ラベンダー

対象範囲:顔、ボディ

強さ:SPF30、

落とし方:ぬるま湯で洗い流す

開封後の使用期限:12か月以内

100%天然由来成分配合というオーガニック製の日焼け止めです。ヒマワリ種子油やホホバ種子油といった保湿効果が高い植物エキスを配合しているため、肌への負担も少なく生後6か月から使用することが可能です。

着け心地も乳液のようにサラサラしているため、被膜感がないほか白浮きもしにくいためママさんの化粧下地としても活用できます。

口コミ

  • 塗りやすいし肌荒れもないので重宝しています。
  • 日焼け止め特有の匂いがあるし、お風呂で洗っただけでは落ち切れない気がします。

アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー

価格:2,350円

(80ml、税込)

  出典:alobaby

香り:柑橘系

対象範囲:顔、ボディ

強さ:SPF15、PA++(虫よけ効果もあり)

落とし方:お湯で洗い流す

天然由来原料だけを使用し、開発から製造まで全て日本で行っているというスプレータイプの日焼け止めです。

スプレータイプの日焼け止めに使用されていることが多いディートという化合物や合成紫外線吸収剤なども一切使用していないため、肌に優しく0歳児から使用することができます。さらにスプレータイプなので使い方も簡単なうえ、無香料・無着色・無添加なので安全性も高いと言えるでしょう。

口コミ

  • 持ち運びも楽なうえ、外出先の塗り直しも簡単にできて嬉しいです。
  • スプレーした後に少し乾燥する感じがしました。

パックスベビーUVクリーム

パックスベビー

価格:648円

(30ml、税込)

  出典:太陽油脂株式会社

香り:無臭

対象範囲:顔、ボディ

強さ:SPF17、PA+

落とし方:石けんで洗い流す

開封後の使用期限: 半年以内

保湿効果が期待できるカミツレ成分を配合した、赤ちゃんの肌にも優しい日焼け止めクリームです。

さらに人の皮脂に近い植物油であるマカデミアナッツ油をふんだんに使用しているので、敏感肌の大人も安心して使用することができるとか。また、肌への負担が大きい紫外線吸収剤は一切不使用なので、肌トラブルの心配も少ないと言えます。

口コミ

  • 比較的リーズナブルで購入できるのがうれしいです。肌なじみもよく、しっとり感もあります。
  • しっかり伸ばさないと白っぽさが残ります。大人の私は大丈夫でしたが、子供は肌荒れを起こしてしまいました。

エルバビーバ チルドレンサンスクリーン

エルバビーバ

価格:3,240円

(75ml、税込)

  出典:johnmasters-select

香り:ラベンダーやカモミールなどの穏やかな香り

対象範囲:顔、ボディ

強さ:SPF30、PA++

落とし方:石けんで洗い流す

ベビーオイルやローションといった、ベビースキンケア商品を手掛けるオーガニックブランド「エルバビーバ」が開発・製造している日焼け止めです。こだわりのオーガニック成分として、アロエベラ液汁やラベンダー油などといった天然由来の日焼け止め成分が配合されています。

しかし一方で、少量ながら合成界面活性剤や合成ポリマーも使用されているので赤ちゃんへはパッチテストしてから使用したほうが良いかも知れません。ちなみに公式サイトには、「6か月未満の赤ちゃんへ使用する際は医師へ相談してください」という旨が記載されています。

口コミ

 

  • アトピー肌ですが、肌荒れすることなく使えました。香りも良くも持ち運びにも便利です。
  • ふたを開けたら中身が分離していたようで、チューブから水分が出てきました。成分には問題ないようですが、少し不安です。

 

ベビーセバメド UVミルク

ベビーセバメド UVミルク

価格:1,000円

(28ml、税込)

  出典:ロート

香り:無臭

対象範囲:顔、ボディ

強さ:SPF16、PA++

落とし方:石けんで洗い流す

健康な素肌と同じ弱酸性ph5.5という、低刺激の日焼け止め乳液です。紫外線吸収剤、香料、着色料、エタノールは一切不使用なので、繊細な赤ちゃんの肌にも安心して使用できます。

口コミ

  • 伸びが良く使いやすいです。赤ちゃんが舐めがちなママの肌にも使えるので安心です。
  • ちゃんと塗らないと白く残ってしまいます。値段の割には量が少なめかも。

ミルふわ ベビーUVケア

miru

価格:1,651円

(クリームタイプ、30ml、税込)

価格:980円

(乳液タイプ、30ml、税込)

  出典:wakodo

香り:無臭

対象範囲:顔、ボディ

強さ:SPF21、PA++(クリームタイプ) SPF35、PA+++(乳液タイプ)

落とし方:石けんで洗い流す

粉ミルクやベビーフードでお馴染みの「和光堂」が開発・製造している日焼け止めです。

母乳に含まれる保湿成分であるオリゴ糖やリン脂質、セラミド、イノシトールが配合されているので、繊細な赤ちゃんの肌を乾燥から守ってくれる効果も期待できます。また、香料、着色料、アルコール、パラペンなどは一切使用されていないため、安全性も高いと言えるでしょう。

現在は「毎日のお散歩用」としてクリームタイプの商品と、「水遊びやレジャー用」としての乳液タイプの商品が展開されています。

口コミ

  • 皮膚が弱い子なのですが、塗っても肌荒れは起きませんでした。日焼けもしなかったので良かったです。
  • 石けんだけでは十分に落ちない気がします。特に日焼け止め特有の匂いが強いです。

ミキハウス UV ベビー用

ミキハウス UV ベビー用

価格:4,104円

(18ml、税込)

  出典:mikihouse

香り:無臭

対象範囲:顔、ボディ

強さ:紫外線A波、B波ともに99%以上遮断

落とし方:石けんで洗い流す

ベビー服やベビー用品でもお馴染みの「ミキハウス」が開発・製造した、0歳児から使用できる日焼け止めミルクです。

「微粒子酸化チタン」というミキハウスオリジナルのUV防御成分が配合されているので、99%以上もの有害紫外線を遮断することができるそうです。

さらに肌に潤いを与える成分として、抗酸化作用がある「ヒメフウロエキス」や植物由来のセラミド成分である「パイナップル果実エキス」が配合されています。また、小麦由来成分やアルコールは一切使用されていないほか、水や汗に強いウォータープルーフしようとなっています。

口コミ

  • 色なじみも良く、伸びも良いので塗りやすさが抜群です。
  • 色がついているので、勢い良く塗ると服が汚れます。

適切な紫外線対策で赤ちゃんの肌を守りましょう

赤ちゃんのデリケートな肌を守るためにも、できるだけ安心安全な日焼け止めを選ぶようにしましょう。ぜひ参考にしてください♡

PICKUP CONTENTS

トップへ