Arimaの記事一覧

現在、積立投資には税が優遇される2つの非課税制度があります。 それが「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA」です。 iDeCoは「個人型確定拠出年金」のことで、2017年1月の改正により、このイデコという名称になりました。 一方、つみたてNISAは、2018年1月から始まった...

保有している投資信託を解約・売却して、現金に換金する際にコストがかかることがあります。 そのコストが「解約手数料」と「信託財産留保額」。 ただし、どちらとも投資信託の解約または売却時に必ず発生するコストというわけではありません。 買い付けた投資信託により...

たくさんある投資信託の中でも「毎月分配型ファンド」には根強い人気があります。 毎月分配型投信は、「将来の資産形成のための運用には不向き」と投資の専門家からの評価は悪い一方で、個人の投資家からは「毎月分配金が貰えるからお得」と評価が良かったりと、意見の分か...

つみたてNISAは、税が優遇されるNISAの新制度で2018年1月からスタートしました。 今回の新NISAは、要は「積み立てに特化したバージョン」と思っていただければ分かりやすいかと思います。 なお、つみたてNISAの口座開設受付は、前年の2017年10月から既に始まっており、日...

投資信託による資産運用をする場合、「最も安い価格で買って、最も高い価格で売りたい」と誰しもが思うことでしょう。 しかし、価格の天井や底は、時が経過してからチャートを見ることで初めて判明するものです。 「さすがにそろそろこうなるだろう」と思って購入したファ...

投資信託を始める前に理解しておいた方が良いことはいくつかあります。 そのひとつが、「パッシブ型」「アクティブ型」といった投資信託の運用方法の種類です。 この2つの運用方法にどんな違いがあるのか知っておくことは、投資信託を取引する上で非常に重要です。 今...

銀行にお金を預けるのに、何か別のお金がかかるということはありません。 むしろ預けているお金には金利が付きますよね。 しかし、投資信託を取引する場合は手数料がかかります。 そしてこの手数料が投資信託を始める上ではとても重要になってきます。 投資信託で上手...

株式を購入する場合、1万円くらいから買えるものもありますが、基本的には数万~数十万円の資金が必要です。 東証1部に上場しているような大手企業の株式は、最低購入金額が数百万円~だったりします。 このように株取引に必要な資金は、初心者の人からしてみれば、断念...

貯蓄の一部を投資に回したいということで、投資信託の購入をお考えの方は大勢いらっしゃるかと思います。 銀行に預けていてもわずかな金利しか付かないので、上手く資産運用して少しでも貯蓄を増やしたいというのは誰もが思うことです。 ただいざ投資信託を購入しようと...

2018年現在、国内で販売されている投資信託(ファンド)の数はおよそ6,000本あります。 これら投資信託にはそれぞれ特徴があり、誰にもおすすめできるファンドというものはありません。 投資信託の購入目的は、 「銀行の定期預金の金利より高くて、リスクが低めのもの」...

投資信託は、証券会社だけでなく銀行でも取り扱いしています。 ただやはり、投資のコストを抑えたい、少しでも利益を上げたい、そういった場合は投資に特化した証券会社での投資信託取引をおすすめします。 しかし中には、わざわざ証券口座を作るのは面倒、とりあえず投...

松井証券はこれまで投資信託の取り扱いをしていなかったのですが、2016年から投信の販売もスタートしました。 松井証券の投資信託は取扱本数こそ少ないものの、いわゆるぼったくり系の金融商品が一切無く、良心的な投資信託ばかり取り揃えています。 今回はそんな松井証...

マネックス証券は、いわゆる4大ネット証券の一角であり、特に米国株を取引している人を中心に人気の証券会社です。 もちろん日本株の取引や投資信託を利用する場合においても、マネックス証券は十分おすすめできる証券会社です。 本ページでは、マネックス証券の投資信託...

楽天証券の投資信託は、ノーロード投信含めて取り扱い数が非常に多く、ETFも充実しています。 積み立て投資は毎月100円から始められますし、「個人型iDeCo」として利用するにもおすすめの証券会社です。 今回はそんな楽天証券の投資信託の魅力を隅々までお伝えしていきます。

SBI証券は最大手のネット証券で、日本で初めて400万口座を達成した会社です。 株取引だけでなく、外貨FX、各種債券、外国株式、そして今回ご紹介する投資信託など、SBI1社であらゆる金融商品を取引できる総合ネット証券です。 また、SBIはユーザーからの評価が高く、「20...

SMBC日興証券はいわゆる3大証券会社の一角であり、三井住友ファイナンシャルグループの一員企業です。 そのため、日本での知名度はもちろんのこと、証券業界に及ぼす影響力も大きく、ネット証券に比べて大手ならではの絶対的な安心感がある証券会社です。 今回は、そんな...

フィデリティ証券は世界有数の歴史とネットワークを誇る、非常に有名な資産運用グループの1社です。 日本での知名度はそこまで高くありませんが、個人投資家向けの投資信託に力を入れている証券会社です。 日本では、1998年から投資信託専門の会社として営業しており、20...

岡三オンライン証券は、岡三証券を母体とするネット証券です。 岡三オンライン証券は、これまで株式投資家向けのネット証券としての印象が強かったので、投資信託で資産運用をお考えの方には、あまり接点のないそんなイメージの証券会社でした。 しかし最近では、徐々に...

大和証券は超大手の証券会社です。 全国ネットのテレビCMでもよく流れているので、誰もが1度は名前を聞いたことがあるかと思います。 大和証券の強みは何と言っても、圧倒的なブランド力です。 やはりネット証券にはない知名度と安心感があります。 また、...

カブドットコム証券は、2007年から三菱UFJファイナンシャルグループの一員企業となったので、大手企業の傘下という一種の安心感があります。 そして株取引はもちろんですが、投資信託で長期的な資産運用したい人にとっても、おすすめできるネット証券の1社です。 今回は...

トップへ